アドロジは返金可能なの?初期費用や儲からないと噂の真相を調査

株式会社アドロジが提供する物販システム「NAS」。その画期的なビジネスモデルと、物販ビジネスでよくある在庫リスクの低さから、昨今副業や兼業を目指す方からご好評です。

今回はそんなアドロジのサービス「NAS」について、万が一の際に返金は可能なのか、さらに初期費用や「儲からない」などと噂の真相はどうなっているのかをアドロジが徹底的に調査し解説します。

アドロジが提供するサービス「NAS」

「NAS」は株式会社アドロジが独自に開発を行った、輸入物販の作業を効率化するシステムです。

輸入物販を行う際は通常、商品のリサーチや競合商品の調査、在庫管理、商品ページの作成などさまざまな必要作業があり、時間と手間がかかります。

しかしNASをパソコンに導入することで、これらの物販に必要な作業のほとんどを自動化するというのが本システムの概要です。

またNASはドロップシッピングのため、商品の買付は商品の注文を受けた後に行います。つまり、物販ビジネスで嫌厭される「売れ残り」「在庫残り」のリスクを最小限に抑えられるのです。

なお、以下の記事ではアドロジ「NAS」の初期費用について詳しく解説しています。気になる方はあわせてご覧ください。

【ADOLOGI】NASの初期費用はいくら?システムの概要や費用をご紹介!

初期費用は一括or分割払いで約6万円~

NASの初期費用は、一括払いもしくは分割払いから希望に合わせて選択できます。

分割払いの場合は月々約6万円からの支払いです。ただしアドロジではニーズや各ご家庭の事情にあわせていくつかのプランをご小委しています。

初期費用についてはオンライン合同説明会でも詳しくお伝えしているので、気になる方はぜひお気軽に説明会へご参加ください。

「NAS」合同説明会申込ページはこちら

拡大中の市場に参入し稼ぐビジネスモデル

新規事業を始める際、参入する市場規模が大きいほど成功した時の利益も大きくなります。

中でもNASで参入するEC市場は、スマホやインターネットが普及している昨今、年々市場拡大を続けており参入には最適です。

もちろん参入したからといって100%成功するとは限りませんが、しっかりと取り組めばある程度の利益を見込むことが十分に可能な市場性といえます。

在庫を抱えず低コストで始められる

通常であれば「買付→出品→注文→発送」といった流れになるため、出品した商品が売れなければ延々と在庫が売れ残ってしまうのが大きなデメリットです。

一方でアドロジのNASは注文が入ってから商品の取り寄せ作業を行います。

無駄な出費が抑えられるだけでなく、売れ残るリスクもほぼゼロに近い状態で物販事業を運営することが可能です。

2023年もIT導入補助金の対象

アドロジの物販システム「NAS」は、2021年から2023年前期までIT導入補助金の対象ツールとして連続して採択を受けてきました。

中にはNASについて「怪しい」と感じる方もいるかもしれませんが、リリースから3年連続で公的機関に認められているツールなので、安心してご利用いただけます。

アドロジは解約や返金は可能なの?

アドロジのNASはフランチャイズ形式で契約するため、初期費用のほかにロイヤリティの支払いが必要となります。

ここで疑問に思われるのが「返金」についてではないでしょうか。

まずはアドロジの企業サイトにある下記ページをご覧ください。

特定商取引法に基づく表示

返金はシステム発行から7日以内であれば相談可能

上記の「特定商取引法に基づく表示」にもあるように、アドロジでは「システム発行日から7日以内」であれば返金のご相談を受けることを可能としています。

また、ロイヤリティは1アカウントあたり月2万円の設定となっていますが、導入から1年間はロイヤリティフリー(無料)です。

システム発行日から7日を経過した場合でも、お困りの方はまずお気軽にご相談ください。

解約はいつでも可能

なお、返金などではなく「解約」はいつでも申告が可能です。

解約したい場合は契約時に伝えられる問い合わせ窓口や、カスタマーサービスへご相談ください。

アドロジの返金が難しいケースは?

アドロジの返金が難しいケースには、どのような内容があるのでしょうか。

  1. システム発行日から7日以上が経過している
  2. 客観的にみて返金可能な理由ではない
  3. サービスを十分に利用できていない

アドロジ自体、サービスにご満足いただいているパートナー様がほとんどで返金希望の事例があまりないのですが、考えられるケースとして3つほど挙げてみました。

もちろんこれらに当てはまるからといって返金の可否は断言できませんが、参考までにチェックしてみてください。

1.システム発行から7日以上経過している

商品やサービスの返品・交換・返金は、購入から時間が経過するほど対応が難しくなるのが一般的です。

また、アドロジの特商法表記のページでも「システム発行日から7日以内」と記載されていることから、客観的に正当な理由がないと返金が難しい可能性が考えられます。

2.客観的にみて返金可能な理由ではない

例えば一口に「儲からない」といっても感じかたは人それぞれです。

アドロジのNASで月に数百万円以上もの売上を上げているパートナー様もたくさんいらっしゃるため、客観的にみて返金可能な理由ではない場合は、返金が難しい可能性があります。

3.サービスを十分に利用できていない

アドロジにはパートナー様専用に5つのサポートサービスをご用意しています。

  1. メール
  2. 電話
  3. サポートサイト
  4. 個別勉強会
  5. 合同勉強会

例えば合同勉強会では、すでに売上をあげているパートナー様から直接話を伺うことができますし、電話での問い合わせはトラブルなど緊急時のご相談に最適です。

NASは決して安くはない費用をいただいているシステムですから、パートナー様に利益を上げていただくために全力でサポートいたします。

こうしたサポートサービスを全然利用していないという方は、諦めて返金に踏み切る前にぜひ一度ご相談ください。

アドロジは儲からない?怪しいと噂の真相

アドロジのNASは度々メディアでも取り上げていただくことがあり、注目度の高いシステムです。

しかし物販初心者の方やインターネットビジネスの知識が無い方にとっては、「実は儲からないのでは?」「ネットビジネスって怪しい」など、疑問視することもあるでしょう。

なお、以下の記事ではこうした噂に着目し、より詳しくアドロジが解説しています。気になる方はあわせてチェックしてみてください。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

実は成功者も多い

アドロジのNASではすでに多くのパートナー様がお金を支払い、輸入物販へ真剣に取り組んでいます。

こうした事情を踏まえ、アドロジではサービスの詳細な情報はできるだけ公にしないようお願いをしており、インターネット上でもあまり多くの情報が公開されていないのが現状です。

しかし実は、アドロジのNASでは月に数百万円~1千万円以上の売上を上げている方も珍しくなく、成功者がたくさんいらっしゃいます。

より詳しい真相はアドロジの公式YouTubeチャンネルでも公開しているので、ご興味のある方はご覧ください。

アドロジの公式YouTubeチャンネルはこちら

放置で稼げるわけではない

成功者がいる一方で、システムを放置して簡単に稼げるわけではないのも事実です。

アドロジのYouTubeチャンネルで公開しているインタビュー動画をご覧いただくとよく分かるのですが、パートナー様の多くが、サポートを頼っていただきながら、コツコツとやるべき事を継続しておられます。

 

そのため、「何もせずに稼げる」「すぐに儲かる」など過度な期待を寄せすぎてしまうと、タイトルのように「儲からない」というイメージに繋がってしまう可能性もあるでしょう。

パートナー様がコツコツ継続して取り組み、なにかアクシデントやわからないことが発生したときにADOLOGIがサポートを行う。このようにADOLOGIとパートナー様の間で信頼関係を構築しながらビジネスを行なっています。

同業他社によるネガティブキャンペーンもある

先述した通り、アドロジのサービスの詳細はできる限り公にならないようお願いをしております。

そのため噂ばかりが一人歩きしてしまうケースがあるのも事実です。

また、アドロジやインターネットビジネスに限らず、インターネット上には他社の評判を落として自社のコンテンツへ誘導するサイトが未だに多数存在します。

こうしたサイトに流され、「儲からない」「怪しい」などといったイメージに繋がってしまうこともあると考えられます。

アドロジをやってみた人の評判を知る方法

アドロジを実際にやってみた人たちや、現在も取り組んでいるパートナー様からの評判は、以下のようなブログ記事にて定期的に取り上げご紹介しています。

また、繰り返しお伝えすることにはなりますが、アドロジの公式YouTubeチャンネルではアドロジがパートナー様へ独自にインタビューを実施し、リアルに語られている様子を定期的に公開しています。

アドロジの評判が気になる方は、ぜひ当ブログの記事やYouTubeチャンネルをご覧ください。

ADOLOGI(アドロジ)のNAS評判まとめ

株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジの会社概要は上記の通りです。

人気の物販システム「NAS」は、アドロジが長年積み上げてきた自社での物販事業の経験をもとに、ノウハウを惜しみなく詰め込んだ画期的な製品となっています。

また、会社概要にもあるように自社での通信販売やシステム開発のほか、広報・PR支援事業やコンサルティング、被災地支援などの社会貢献にも力を入れています。

アドロジの返金について気になった方

今回はアドロジが提供する物販システム「NAS」の返金や初期費用、噂の真相などについて詳しく解説しました。

特定商取引法に基づく表記」にもあるように、システム発行日から7日以内であればご相談を受けることが可能です。

また、それ以外の場合にもお困りのことがあれば5つのサポートサービスにて、パートナー様限定の手厚いアフターフォローを実施ていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

アドロジが儲からないから返金して!利用者ができる解決策とは

輸入物販アドロジのNASを利用していて「儲からないから返金してほしい」とお悩みではありませんか?

この記事では株式会社アドロジが返金してほしい時にできる解決策について詳しくお伝えします。

また、「アドロジが気になるけど、返金してほしくなったらどうしよう」と心配な方にも役立つ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

アドロジ「NAS」のシステム概要

アドロジが提供するNASは1日30分からでも始められる輸入物販の自動化システムです。

世界的にシェア率の高い大手ショッピングサイトへ商品を出品し、注文が入った後に直接購入者へ商品が送られる「ドロップシッピング」の形式を採用しています。

ドロップシッピングは在庫を抱えるリスクがほぼゼロであることから、物販の中でも人気の高いビジネスモデルです。

また、NASは売れ筋商品ばかりを販売するのではなく、少ないながらも需要のある商品までも取り扱うことで、息の長い戦略をとっているのも特徴となります。

このようなビジネスモデルと、できる限りの自動化を実現したシステムが「NAS」であり、効率化よく物販で稼げるというわけなのです。

NASの初期費用(加盟金)とロイヤリティはいくら?

初期費用 約6万円~/月
ロイヤリティ 1アカウントあたり2万円/月

NASの初期費用とロイヤリティは上記の通りです。

ただし現在はシステムの導入から1年間はロイヤリティが無料となります。

以下の記事でもNASの初期費用について触れているので、ご興味のある方はあわせてチェックしてみてください。

【ADOLOGI】NASの初期費用はいくら?システムの概要や費用をご紹介!

アドロジの特商法表記について

アドロジの会社ホームページを見ていただくと分かる通り、特商法についても記載しています。

返金したい場合にまず確認すべきは特商法の表記です。

アドロジでは、システム発行日より7日以内であれば返金の申告を行うことができるとしています。

特定商取引法に基づく表示

アドロジ「NAS」の導入費用は分割払いにも対応

アドロジの「NAS」は、各ユーザーのニーズに合わせるため、導入費用の分割払いに対応しています。

無理なくお支払いいただけるよう経済状況に合わせたプランをいくつか用意しているので、気になる方はオンライン説明会へご参加ください。

オンライン説明会では、NASの導入費用のほかにも詳細なビジネスモデルや、パートナー様の導入事例、システムの実演などを知ることができますよ。

アドロジ「NAS」のオンライン合同説明会の予約ページ

アドロジで返金してほしくなってしまう理由

なぜ画期的なアドロジのNASを利用して、返金してほしいと感じてしまうのでしょうか。

この項目では「返金してほしい」という結論に至ってしまう理由を一緒に考えてみましょう。

返金理由1.期待値が大きすぎて「儲からない」と感じた

アドロジの「NAS」は、物販事業にて累計売上10億円以上にものぼる経験によるノウハウを詰め込んだ、画期的な物販システムです。

しかし自動化システムとはいえ、1から100までの作業を自動化できるわけではありません。

過度な期待を寄せているとギャップを感じて「儲からない」「返金してほしい」という考えに至ってしまう要因となるでしょう。

出品する商品の登録作業や、数日に1件程度の売れた商品のお取り寄せ作業は手動となるため、予め理解が必要です。

返金理由2.ネガティブキャンペーンにつられてしまった

インターネット上には、どうしても他社の評判を落として自社商品へ誘導しようとするユーザーが一定数います。

こうした手段は「ネガティブキャンペーン」と呼ばれたりしますが、すでに費用を支払ったあとにネガティブキャンペーンを目にすると「返金してほしい」という考えに繋がってしまうこともあるでしょう。

NASの利用者様の中には、すでに成功者もたくさんいらっしゃいます。ぜひ諦めずに、一度サポートを頼ってみてください。

返金理由3.やってみたけど苦手な作業だった

NASは1日30分からの簡単な作業で取り組める物販ビジネスですが、基本的にはパソコンを使用することになります。

このため、パソコンを使った作業にどうしても苦手意識のある方は難しく感じてしまうことがあるかもしれません。

また、NASはコツコツと継続することが成功への近道となります。このようなスタイルが苦手な人にとっては「返金してほしい」と考える要因となってしまうでしょう。

アドロジの返金したい事態を防ぐには

アドロジで考えられる返金理由を挙げてみましたが、このような「返金したい」と考えに至ってしまう事態を防ぐには何をすべきなのでしょうか。

アドロジが提案する解決策は主に以下の3つです。

  1. 5つのサポートをフル活用する
  2. 目標となる成果が得られるまで継続する
  3. 周りのネガティブな反応に惑わされない

1.5つのサポートをフル活用する

「返金したい」「儲からない」このようにお悩みの方は、パートナー様専用に用意されている手厚いサポートをフル活用してみましょう。

専用サイト 物販事業の仕組みからシステムの利用方法まで、基本的な知識が学べる
メール 画像を用いて詳細を伝えられる
電話 緊急性の高いトラブルもすぐに相談できる
個別勉強会 実際の画面を一緒に見ながらサポートが受けられる
合同勉強会 成功している利用者様から話しが聞ける

アドロジにはこれだけのサポート体制が用意されていることをご存じでしたか?

もしもサポートを十分に頼っていなかったという方は、ぜひお悩みを打ち明けることから始めてみてください。

2.目標となる成果が得られるまで継続する

NASを利用する際に目標を設定した方は、まずは目標達成までコツコツと継続することを意識しましょう。

「目標を達成できるか不安」「設定した目標が適しているか分からない」このような方は、知識が豊富な担当スタッフへ気軽にご相談ください。

3.周りのネガティブな反応に惑わされない

NASに限らず、インターネットを利用したビジネスはどうしても、全く知識のない人からすると怪しく見えてしまいがちです。

また、中には先ほどお伝えしたネガティブキャンペーンの影響もあるかもしれません。

しかし次でご紹介するように、NASをご利用いただく多くの方がサービスに満足しています。

周りのネガティブな反応に惑わされることなく、成功を信じて進んでいきましょう。

アドロジの返金希望者が少ない理由

アドロジで返金を希望する人は、実はそれほど多くありません。

  1. 在庫を抱えないビジネスモデル
  2. 手厚いアフターフォロー
  3. 息の長いロングテール戦略

アドロジのNASの利用者満足度が高い理由は、これらの計算されたサービスと戦略があるためです。

在庫を抱えないビジネスモデル

物販でリスクとして第一に考えられるのが「在庫」です。

一般的な物販では「仕入れ→販売→発送」という流れになるため、販売に至ることができなければどんどん在庫が積み重なり、赤字が増えてしまいます。

しかしアドロジの物販は「販売→取り寄せ→購入者へ直接発送」の流れで商品販売が行われるため、基本的には在庫を抱えるリスクがほぼゼロというわけなのです。

このようなビジネスモデルはリスクを最小限に抑えられ、未経験の方でも取り組みやすくなっています。

手厚いアフターフォロー

アドロジではシステム導入後のアフターフォローに力を入れています。

これは導入費用やロイヤリティ(※)をいただくことによって実現できているサービスです。アドロジのパートナー様はサポートを遠慮なく利用していきましょう。

丁寧で手厚いアフターフォローも、返金希望者が少ない理由の1つです。

※ロイヤリティは1年間無料です。

息の長いロングテール戦略

物販というと売れ筋商品を狙うイメージが強い方もいますよね。

しかしアドロジのNASが取り扱うのは売れ筋商品ばかりではありません。

「数は少ないけれども需要はある」いわゆるニッチな商品も拾っていく戦略を取り入れています。

トレンドに左右されないビジネスモデルが、安心して取り組める理由の1つといえるでしょう。

インターネットビジネスで騙されないために

インターネット上にはでたらめな情報も数多く存在しています。

中には情報や知識に疎いユーザーを騙し、悪質なインターネットビジネスへ誘導するものもあるため注意が必要です。

  1. 起業情報をくまなく確認する
  2. 現実的なビジネスモデルであるかを調査する
  3. サポート体制が整っているサービスを選ぶ
  4. 成功者の声を見極める

安全にインターネットビジネスで稼ぐためには、上記4つのポイントに気をつけましょう。

企業情報をくまなく確認する

インターネットで商品やサービスを購入する際は、はじめに企業情報をくまなく確認することからはじめましょう。

企業サイトに怪しいところはないか、過去に不祥事を起こした事実がないかなど詳細を調べていきます。

万が一企業情報を調べていくなかで心配な要素がある場合は、慎重に判断をくだす必要があるでしょう。

株式会社アドロジの企業サイトはこちら

現実的なビジネスモデルであるかを調査する

インターネット上では「誰でも簡単に稼げる」「初心者でも月に〇〇万円」など、都合の良い謳い文句で誘導するサイトがたくさんあります。

そのような場合はまずビジネスモデルが現実的なものであるかを調べましょう。

説明会が実施されている場合は参加してみるのが有効的です。

WEBサイト上では語られていないビジネスの情報も、説明会では細かく説明してくれるケースがほとんどです。

サポート体制が整っているサービスを選ぶ

この記事の中でもご紹介したアドロジのサポート体制のように、サポートやアフターフォローの手厚さはとても重要です。

WEBサイトや説明会の中で、サポート体制やアフターフォローに関して説明がなければ注意する必要があります。

何も説明がない場合、一度問い合わせてみるのがおすすめです。

成功者の声を見極める

インターネットビジネスに限らず「成功者の声」「口コミ」「評判」などは多くの企業が取り入れ公開しています。

しかしそれが本当の声であるかはしっかりと見極める必要があるでしょう。

たとえば株式会社アドロジのYouTubeチャンネルでは、実際にNASを利用しているパートナー様へインタビューを実施し定期的に投稿しています。

YouTubeでは口コミや評判が挙がっていることもあるため、気になるビジネスがあれば調べてみるとよいでしょう。

アドロジのYouTubeチャンネルはこちら

株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジの会社概要をまとめました。

アドロジはNASなどのシステム開発だけでなく、自社でも物販事業を手掛けるプロ集団です。

これまでの実績を活かしたシステム開発や、コンサルティング、広報・PR支援サポートなどを通して困っている事業者様の手助けを行っています。

また、アドロジでは「子育てへの関わり」「被災地支援」「地球環境への取り組み」の3つを軸とした社会貢献活動にも取り組んでいます。

アドロジをやってみた人の口コミ・評判

 

アドロジが運営する当ブログでは、口コミや評判を独自に調査した結果を記事で公開しています。

また、アドロジのYouTubeチャンネルでも、これまでに実施した9名のインタビュー動画をまとめたものも公開中です。

アドロジの口コミや評判は実際の利用者様のお話が一番参考になるかと思いますので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

2023年最新!アドロジ NASの評判と実際の使用感

株式会社ADOLOGI(アドロジ)は怪しい?転職情報や口コミ評価について解説

アドロジの返金に対する解決策まとめ

この記事ではアドロジのNASを利用していて「返金してほしい」と感じてしまった場合の解決策について、株式会社アドロジが詳しく解説しました。

NASは未経験者の方や1日30分からの短時間の作業でも取り組めるシステムですが、積極的な情報収集やコツコツと継続すること、そして何よりもアドロジのサポートをフル活用していただくことが成功への近道です。

せっかく導入したシステムですから、ぜひサービスをフルに利用して一緒に成功を目指しましょう。

アドロジが解説!アドロジやってみたけど返金してほしい人がやるべきこと

この記事では株式会社アドロジが提供する「NAS」の返金について、自社であるアドロジが詳細を分かりやすく解説します。

アドロジの「NAS」は輸入物販の画期的なシステムですが、中には思うように稼げず「上手くいかないから返金してほしい」と感じている方もいるかもしれません。

アドロジで返金可能なケースや返金が難しいケース、返金してほしい時にやるべきことなどについてお伝えするので、お困りの方は参考にしてみてくださいね。

アドロジの返金が可能なケース

そもそも「アドロジは返金してくれるのか」と疑問に思われている方もいるでしょう。

まずチェックしておきたいのが、アドロジの「特定商取引法に基づく表記」です。

当該ページをご覧いただくと分かるように、返品・交換の項目で「システム発行日から7日以内」との表記があります。

アドロジに限らず、このようなサービスの返金基準は企業やサービスによって大きく異なりますが、少なくともアドロジではシステム発行日から7日以内であれば申告の受け付け自体は可能です。

詳しい内容についてはお早めにお問い合わせください。

特定商取引法に基づく表示

アドロジの返金が難しいケース

アドロジで返金の申告が可能なケースは把握できたものの、一方で返金が難しいケースも気になりますよね。

NASをご利用いただいている方の多くは前向きにシステムを活用いただいているため、実は返金の実例があまりないのが現状です。

この項目では、返金が難しい可能性があるケースについて例を考えてみましょう。

返金が難しいケース1.客観的にみて個人差の範疇となり得る理由

例えば「契約前に受けた説明と事実が全く異なる」ということであれば、返金希望を申し出る余地はあるでしょう。

しかし単に「稼げない」と感じているなど「稼げない」の基準が曖昧である場合は、返金が難しい可能性があるかもしれません。

何事にも当てはまりますが、このようにサービスや商品を利用した後の返品・交換・返金を申し出る際は、客観的にみて認められるような理由でなければ返金が難しいことがあります。

返金が難しいケース2.サポートを活用していない

アドロジの「NAS」におけるサービスの特徴として手厚いサポート体制が挙げられます。

専用サイト 物販事業の仕組みからシステムの利用方法まで把握できる
メール 画像を交えながら詳細を伝えられる
電話 分からないことやトラブルなどすぐに相談できる
個別勉強会 実際の画面を一緒に見ながらサポート
合同勉強会 成功している利用者様から話しが聞ける

アドロジの利用者様は、契約している限り上記5つの手厚いサポートを制限なく受けることが可能です。

アドロジで成功されている方はこれらのサポートをフルに活用し、なお且つコツコツと継続されている傾向にあります。

用意されているサービスをフル活用することで状況が一変することも多いことから、サービスを存分に利用していない状況での返金は難しい可能性が考えられるでしょう。

返金が難しいケース3.作業内容が不十分

アドロジのNASは、輸入物販に必要な作業を自動化する画期的なシステムですが、1から100すべての作業を任せられるわけではありません。

また1日30分や2時間程度の短時間から始められますが、手動でやるべきこともあります。つまり、やればやるほど成功するまでの期間が早まるというわけです。

このことから、作業内容が不十分である場合は返金理由として不十分と捉えられるケースもあるでしょう。

なぜ?アドロジで考えられる返金理由

アドロジのNASは元々利用者様による満足度が比較的高いサービスです。

しかし人によって100人いれば100通りの感じ方があるため、わずかながら返金を求めるケースもあります。

そもそもなぜ、アドロジで「返金してほしい」という考えに至ってしまうのでしょうか。この項目ではアドロジで考えられる3つの返金理由について解説します。

返金理由1.期待が大きく「儲からない」と感じた場合

「返金が難しいケース」でも触れましたが、アドロジのNASは全自動というわけではありません。

そのため「楽に稼げる」「すぐに稼げる」など、システムに対して過度な期待を寄せてしまった結果「儲からない」と感じてしまうこともあるのです。

このように契約前のイメージと大きなギャップを感じたことが、返金を希望する理由の1つとして挙げられます。

返金理由2.やってみたけど合わないと感じた場合

アドロジのNASはパソコン1台で取り組める輸入物販ビジネスです。これは大きなメリットと言えますが、人によってはデメリットとしても捉えられます。

とくにパソコンの基本操作も難しいほど苦手意識をお持ちの場合には、「やってみたけど、やっぱり合わない」と感じ、続けられず返金を考えてしまう理由となるでしょう。

アドロジでは実際の画面を見ながらオンラインでお教えすることもできるので、お困りの方はぜひサポートを活用してみてください。

返金理由3.初期費用の支払いが厳しくなってしまった場合

システムの導入には初期費用がかかります。分割払いをすると月々約6万円からの支払いが可能ですが、決して安い金額ではありません。

このため、ご家庭の経済状況が悪化した場合など、毎月の支払いが厳しくなることも返金理由の1つとして考えられるでしょう。

アドロジで返金してほしい時にやるべきこと

アドロジを利用していて「返金してほしい」と感じた時にやるべきことについて解説します。

サービスや商品の返品・交換・返金は時間が経過するほど難しくなりますので、真っ当な理由がある場合には早めに担当者へ連絡しましょう。

なお、以下の記事ではアドロジの解約方法など、よくある質問にお答えしています。気になる方はあわせてチェックしてみてください。

「アドロジのNASの解約方法は?」よくあるご質問

可能な限りシステム発行日から7日以内に連絡

アドロジの特商法表記には「システム発行日から7日以内」と記載があります。

このため、可能な限りシステム発行日から7日以内に連絡をしてください。

また、一部でもサービスを利用していると返金が難しくなってしまうことがあるため注意しましょう。

契約前の説明と全く異なる場合

契約前の説明と事実が全く異なる場合も、まずは速やかに担当者へ問い合わせましょう。

アドロジで契約をした際にお伝えしたお問い合わせ窓口か、サポートセンターへご連絡ください。

コツコツと継続し成功を目指すのも手

  1. 作業内容が不十分だった
  2. サポートサービスを全く活用していなかった
  3. やるべきことをやっていない、もしくはやるべきことが分からない
  4. 継続的な作業ができていない

上記に当てはまる場合、いつものルーティンを少し変えるだけで状況が好転する可能性があります。

「全然儲からない」「上手くいかない」とお悩みの方は、まずサポートをフル活用し、知識が豊富な担当スタッフを頼ってみるのも1つの手段です。

アドロジの「NAS」実は成功者も多い

本記事ではアドロジの「返金」に特化した内容であることから、どうしてもポジティブな印象が持ちにくくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし実際は、アドロジの利用者様の多くは画期的なシステムに満足し、前向きに取り組まれています。また、成功者がたくさんいるのも事実です。

この項目ではアドロジのNASで成功するためのポイントを3つに分けてお伝えします。

1.やるべきことを継続する

アドロジに限らず、ビジネスの成功者はやるべきことを地道に継続することで成功を手にしています。

とくに物販ビジネスは軌道に乗るまで、あるいは利益が発生するまでに数ヶ月以上もの時間を要することも珍しくありません。

アドロジのNASをはじめて間もない方は、目標達成までコツコツと継続することを心掛けてみましょう。

2.自分で積極的に行動することも成功への近道

NASは輸入物販に必要な作業を自動化するシステムですが、売れた商品の動向を追ったり、分析することも重要です。

例えばセール時期を調整したり、取扱い商品の構成を見直すだけでも新たな発見があるかもしれません。

また、失敗した場合には失敗体験を振り返り、改善を試みることが成功の鍵となります。

システムに任せっきりにするのではなく、時間がある時には自分でも積極的に行動してみてください。

3.5つのサポート体制を最大限に活用しよう

何度かお伝えしていることになりますが、アドロジのサポート体制はとても手厚く整えられています。

状況に合わせてサポート手段が選べるので、遠慮せずフルに活用していきましょう。

なぜ「返金」「儲からない」の噂が出てきたのか

アドロジや「NAS」を調べていると、検索エンジン上では「返金」「儲からない」といったキーワードも一緒に検索されていることが分かります。

しかし実際に目にするのはポジティブな評判や口コミばかりです。

ではなぜ「返金」「儲からない」などの噂が出ているのでしょうか。考えられる理由は主に2つあります。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

サービスの詳細情報が公になっていない

ネガティブな噂が出回る理由の1つとして考えられるのが、インターネット上で見つけられる利用者の情報が少ないということです。

アドロジのNASでは、すでにお金を支払ってサービスをご利用いただいている方がたくさんいます。また、利用者様のことを考慮し、システムの仕組みや戦略など詳細をできるだけ公にしないようお願いしております。

「稼げているのか」「どのような作業内容なのか」といった情報も出回りにくいことから、噂が一人歩きしてしまっている可能性が考えられるでしょう。

誤った情報や他社によるネガティブキャンペーン

もう1つネガティブな噂が出回る原因として考えられるのが、認識の違いから誤った情報が出回っているケースや、同業他社によるネガティブキャンペーンが出回っているケースです。

とくにインターネット上にはアドロジに限らず、同業他社のネガティブな噂を流布し自社の商品に誘導する記事も多いため、インターネット上にある情報を鵜呑みにしないよう注意しましょう。

NASを提供する株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジは平成27年10月に栗原政史が代表取締役となって設立されました。

自社で手掛けた輸出入を伴う通信販売事業では、累計売上金額が10億円以上にものぼり、人気物販システム「NAS」の開発に活かされています。

現在は物販に伴うシステム開発をはじめとして、コンサルティングや広報支援・PR支援など幅広い事業を手掛けているほか、被災地支援や知育玩具の企画など社会貢献にも積極的です。

アドロジが提供する「NAS」の実態

最後に、「NASを導入していないけど、気になってこの記事に辿り着いた」という方に向けて、アドロジが独自に開発し提供する「NAS」の実態について簡単にご紹介します。

NASは世界的シェアを誇る大手ネット通販サイトを主な舞台として、輸入販売を大幅に効率化するシステムです。

パソコンに導入することで稼働し、登録した商品情報の自動抽出や競合製品を分析したうえでの価格調整、在庫管理などの自動化ができます。

フランチャイズ形式での契約であるものの、1人で且つパソコン1台で始められるため低コストで開業できるのも大きなメリットです。

ポイント1.初期費用は月約6万~分割払いor一括払いに対応

NASの初期費用は一括払いか分割払いから選択が可能です。

分割払いの場合は月々約6万円から支払いができますが、そのほかにもニーズに合わせたプランをいくつかご用意しています。

詳細はオンライン説明会にてご説明していますので、ご興味があればぜひ一度ご参加ください。

ポイント2.2023年前期のIT導入補助金の対象にもなっている

アドロジのNASは2021年、2022年、2023年前期と3年度連続でIT導入補助金の対象となっており、ITツールとして正式に認められています。

2023年後期については2023年9月19日の執筆時点で始まったばかりなので、気になる方はIT導入補助金の公式サイトをチェックしてみてください。

ポイント3.ロイヤリティは1年間無料

アドロジではフランチャイズ形式でNASの契約を行うため、毎月1アカウントあたり2万円のロイヤリティを頂戴しております。

ただし開業後すぐの作業に集中していただくため、契約から1年間はロイヤリティが無料です。(※)

※キャンペーンの終了時期は未定

アドロジの評判を確認する方法

YouTubeのアドロジ公式アカウントでは、NASの利用者様へ独自にインタビューを実施し定期的に更新しています。

インターネット上ではなかなか見られない、利用者様の失敗談から現在の利益までお伺いしておりリアルな評判が確認可能です。

メディア出演させていただいた際の映像も一部公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

なお、以下の記事でもNASの評判についてご紹介しています。

売らないネットショップ(NAS)の評判は?ユーザーの体験談をご紹介!

アドロジのYoutube公式チャンネルはこちら

アドロジの返金についてのまとめ

今回はアドロジ「NAS」の返金について、株式会社アドロジがどこよりも詳しく解説しました。

アドロジに限らず、サービスや商品の多くは時間が経過するほど返金などが難しくなってしまうので、お困りの方はまずお問い合わせ窓口か、カスタマーサービスへ連絡してみましょう。

また、アドロジの利用者様専用サポートをまだ使ったことがない方は、ぜひアドロジならではの手厚いサポートをご利用ください。

少しの設定やルーティンを変えるだけで、前向きな結果が得られるかもしれません。

NASシステムは儲からない?やってみた人への独自インタビューから評判を徹底分析

NAS(旧:NASシステム)は、株式会社アドロジが提供する輸入物販システムです。

パソコン一台で取り組める手軽さから個人事業主や法人、主婦まで幅広い方たちの新たな収入源として注目されています。

NASの導入を検討するうえでは、

実際は儲からないのではないか?

利用者による口コミはないのか?

など、気になる方もいるでしょう。

そこで本記事では、NASを開発・提供している当社アドロジが独自インタビューを実施した結果を分析し、評判や口コミの真相を徹底的に追及しました。

費用やメリットデメリットにも触れていますので、NASにご興味のある方はぜひ参考にしてください。

アドロジが解説!NASシステムの概要

デスクに置かれたパソコンと資料

そもそもNASとは何なのかよく分かっていない方もいますよね。

NASは自社でも物販事業を手掛けている株式会社ADOLOGI(アドロジ)が独自に開発した、輸入物販の自動化システムです。

具体的には大手通販サイトへ出店し、ドロップシッピングという形で注文を受けた後に海外から商品を仕入れ、発送を行います。

在庫を抱えるリスクがなく、1人で始められることから初期費用を大幅に抑えられるのが特徴です。

また、出品する商品情報の抽出や競合の分析、在庫管理、価格調整など物販ビジネスで時間を要する作業が自動化されるため、未経験でも取り組めるというメリットもあります。

初期費用は6万4,000円~

NASの初期費用(導入費用)は一括払いと分割払いから選択できます。

例えば分割払いをした場合の初月の支払いは6万4,000円~、以降は毎月6万500円~の支払いです。

具体的な費用の詳細はオンライン合同説明会でお伝えしていますが、各ご家庭の経済状況に合わせたプランをいくつか用意していますので、お気軽にご相談ください。

なお、アドロジのパートナー費用については以下の記事でも詳しく解説しています。

アドロジのパートナー費用はいくら?類似サービスとの違いや口コミ・評判

NASの契約はフランチャイズ形式

NASはフランチャイズ形式でアドロジと契約するため、毎月ロイヤリティの支払いが必要です。

費用は1アカウントあたり月額2万円(税抜)ですが、導入してから1年間はこのロイヤリティが無料となります。

フランチャイズ契約を行ううえでは費用面が心配だという方も少なくありません。

ロイヤリティを一定期間無料にすることで、ある程度収入が得られるようになるまでしっかりと事業に集中できます。

独自の戦略で堅実に稼ぐビジネスモデル

物販といえば「売れる商品を探す」というイメージを持たれている方も多いでしょう。

しかしアドロジのNASでは売れ筋商品ばかりの販売は行いません。

売れる頻度は低いけれど高単価な商品、いわゆるニッチな商品を徹底的に拾うイメージで販売していくため、価格競争をできる限り避け、息が長く続く戦略を取り入れています。

NASは儲からない?やってみた人への最新インタビューによる評判

お金を手にしている男性

NASはパソコンにシステムを導入して取り組む、人気の輸入物販ビジネスです。

しかし利用者による口コミが少ないことから、「本当は儲からないのでは?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

この項目ではアドロジが利用者様へ独自にインタビューを行った内容から、判明した評判を詳しくまとめました。

メリットだけでなくデメリットや失敗体験についても伺っているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお以下の記事では、NASの口コミや評判についてより詳しく解説しています。

NASの口コミ・評判を徹底検証!本当に稼げる?怪しい?

専業主婦の利用者様「時間と場所にとらわれないのが良い」

はじめにご紹介するのは専業主婦をされている加藤様へのインタビュー動画です。

専業主婦ということもあり、1日の中でNASのために空けられる時間はトータルで3時間~4時間前後。この時間内での作業で、最近の月商は100万円前後、利益率は20%くらいとのことでしたので、とても順調に思われます。

システムに慣れるまでに時間を要したものの、サポート対応が紳士的だったと嬉しいお言葉をコメントしてくださりました。

フリーランス美容師の利用者様「費用がかかるので最初は不安だった」

続いてご紹介するのは、フリーランスで美容師をされている前田様からの評判です。

きっかけはコロナ禍での売上の悪化でしたが、説明会に参加された際の当社の対応や「自分を変えたい」という気持ちから導入に踏み切ってくださりました。

また、導入当初は初期費用がかかることから、費用面の不安があったとも仰っています。

システムに慣れるまでは休日を1日使って作業をしていたものの、基盤が整ってからは1日あたり30分程度の作業時間で済んでいるとのことです。

重量のある商品の返品が発生し送料などで赤字になってしまった経験もありますが、すぐにサポートを頼っていただき、去年の純利益は150万円ほどと軌道修正に成功されています。

飲食業の利用者様「持て余していた時間を自由に有効活用できる」

飲食業を経営されている星野様についても、NAS導入のきっかけはコロナ禍での売上悪化です。

はじめに説明会に参加された率直な感想として、「自分の好きなペースで進めていけるのがありがたい」と仰っています。

星野様は導入されたのがコロナ真っ只中の時期だったこともあり、契約から半年ほどは手を付けられずにいました。しかし最終的にはしっかりと作業を進めていただき現在に至ります。

NASの年商は500万円~600万円前後で、現状の利益率は約10%。注文が入ったものを探すのに時間がかかったりすることもあると仰られていますが、サポートを利用しながら無理なく取り組んでいただいているところです。

保険代理店の利用者様「サポートに相談して以降は赤字がない」

今回最後にご紹介するのは、保険代理店に勤められている谷藤様からの評判です。

保険業界の縮小を懸念し、別途収入の柱となるものを探していたところでNASを導入していただきました。

谷藤様はNASで3店の運用をされており、去年の売上は各店500万円~600万円、合計2,000万円弱もの売上を上げられています。

導入当初は3時間~4時間の作業時間を要していたものの、現在は朝の1時間程度で作業を終えられているそうです。

慣れていない頃に輸入の手数料や送料を考慮せずに販売し、赤字になってしまった経験もありますが、後日サポートへ相談をいただいて以降は赤字がないとのことでした。

NASは儲からない?年商や利益率は人によって大きく異なる

パソコンの前で考えている男性

NASの導入を検討している方の懸念として「本当に稼げるのか」「儲からないのではないか」といった稼ぎに関する心配があるかと思います。

しかしここまでご紹介した実際の利用者様からの評判を見ていただくと分かるように、年商でいうと500万円~950万円前後、利益率でいうと10%~20%と、人によって成果はさまざまです。

また、アドロジのインタビュー動画は本記事で掲載している以外にも多数あり、中には年商2,000万円以上の方もいらっしゃいます。

オンラインで参加可能な合同説明会では、導入された方の実績も詳しく公開しておりますので、まずはお気軽に説明会へご参加ください。

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

NASの評判から見える3つのメリット

NASのメリット

実際にNASを利用している方による評判から見えるメリットを以下の3つにまとめました。

  1. パソコン1台で短時間から始められる
  2. 在庫不要で初期投資を抑えられる
  3. サポートが手厚く安心して作業できる

パソコン1台で短時間から始められる

フランチャイズ契約と聞くと、店舗を持たなければならないイメージを持っている方もいるでしょう。

しかしNASはフランチャイズ契約でありながら、パソコン1台で完結するビジネスモデルとなっています。

つまり店舗を持たずに自宅などの好きな場所で作業ができますので、副業や兼業を希望される方にもおすすめできるでしょう。

インタビューでも、「場所や時間にとらわれないのが良い」と評判でした。

在庫不要で初期投資を抑えられる

NASは、世界的なシェア率を誇る大手通販サイトを利用したドロップシッピング形式の物販ビジネスです。

ドロップシッピングは仕組み上注文を受けてから発注し、自宅を経由せずに購入者へ商品を届けます。

このようにパソコン1台で始められる手軽さに加え、在庫を抱えるリスクがほぼないことから、一般的なフランチャイズ事業よりも初期費用を大幅に抑えられる点が大きなメリットです。

サポートが手厚く安心して作業できる

個別オンライン研修 実際の画面を用いて専門知識を持った担当者が改善点をアドバイス
合同勉強会 大きな売上を実現している契約者様に直接質問が可能
電話サポート 疑問点をすぐに解決できる
サポートサイト 物販事業の仕組みやシステムの使い方までの詳細なノウハウを網羅
メールサポート 画像付きで詳細な相談ができる

NASはフランチャイズ契約です。そのため上記5つのサポート体制を軸として、契約がある限り継続的に手厚くサポートを行います。

インタビューでも多くの方が口にされていたように、手厚いサポートで安心して作業を進められるのもメリットです。

NASの評判から見える2つのデメリット

NASのデメリット

NASの導入費用は決して安い金額ではありません。リアルなデメリットもしっかりと理解したうえで導入を検討しましょう。

  1. 初期費用・ロイヤリティが必要
  2. 輸入販売のため送料や手数料を考慮する必要がある

NASの評判から見えるデメリットは上記の2つです。

なお、以下の記事では輸入物販の失敗事例を交え、物販ビジネスで失敗を避けるコツについて解説しています。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

初期費用・ロイヤリティが必要

「フランチャイズ」というビジネス形態は、ノウハウやブランド力、手厚いサポートを活用できる代わりに本社に対して対価(ロイヤリティ)を支払うという仕組みになっています。

フランチャイズ形式を採用しているNASも例に洩れず、契約後は1アカウントあたり月額2万円(税抜)のロイヤリティとシステム導入に関わる初期費用が必要です。

ただし初期費用は分割払いに対応し、ロイヤリティは契約から1年間無料となっています。開業の際はクレジットカードが必要となるため、人によっては導入が難しいこともあるでしょう。

輸入販売のため送料や手数料を考慮する必要がある

NASは輸入物販ビジネスなので、商品の買付は海外の大手ショッピングサイトから行います。

ここで意外な盲点となりがちなのが、海外からの送料や手数料です。

インタビューを受けてくださった方も失敗談としてお話ししてくださりましたが、国内の通販で販売する際は、送料や手数料などの経費も踏まえて販売の判断を行わなければ赤字となってしまいます。

NASを導入いただいた方にはシステムの設定方法もお教えできますので、少しでも不安があればすぐにサポートを頼ってください。

NASの運営会社「アドロジ」ってどういう企業?

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

輸入物販システム「NAS」を独自に開発した株式会社ADOLOGIは、平成27年10月に代表取締役の栗原政史によって設立された企業です。

もともと自社での物販事業を手掛けており、これまでの累計売上額は10億円以上にものぼります。

こうした物販事業でコツコツと積み上げた実績とノウハウを以て開発されたのが「NAS」というシステムです。

また、通信販売や広報・PR支援だけでなく、「子育てへの関わり」「被災地支援」「地球環境への取り組み」を軸とした社会貢献活動も積極的に行っています。

アドロジでは物販事業による経験を活かし、以下のような物販に役立つ情報も発信中です。

アドロジが教えるAmazonでアカウント停止にならない方法

NASを導入するまでの流れ

オンラインで説明を行うスーツの男性

NASを導入する流れを簡単な3STEPにまとめました。

STEP1.オンライン説明会に参加
STEP2.必要に応じて個別相談会を実施
STEP3.契約、アフターフォロー

なお、説明会の参加からご契約までの期間は概ね3週間前後が目安となっています。

STEP1.オンライン説明会に参加

NASが気になる方は、無料かつオンラインで参加ができる合同説明会をご予約ください。

説明会ではアドロジという会社の詳細や、NASの仕組み、導入実績や具体的な作業フローなどを公開しています。

また、実際のシステムを利用した場面も確認可能です。もちろん無理な勧誘などは一切ありません。

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

STEP2.必要に応じて個別相談会を実施

説明会を実施後、より詳細な情報が欲しい方、導入にあたって不安や疑問がある方には個別の相談会を実施いたします。

担当者と1対1で対話を行うため、人前では聞けなかった些細なことでもお気軽にご相談ください。

なお、個別相談会に参加した結果、参加するか否かを決定するのは参加者様となります。決定する間にも不明点があれば何度でも相談いただいて構いません。

STEP3.契約、アフターフォロー

説明会や個別相談会へ参加し、契約をご決断いただいた場合には担当者へご連絡ください。

契約の締結や費用のお振込み、開業手続きへ移ります。

システムの導入後も5つのサポート体制を軸に手厚くアフターフォローを行いますので、遠慮なく頼っていただき担当スタッフと二人三脚で成果へと繋げていきましょう。

アドロジのNASシステムに関するよくあるQ&A

質問する人と答える人

アドロジのNASに関する疑問をQ&A形式でまとめました。

  1. NASは稼げますか?
  2. 費用の分割払いはできますか?
  3. NASは解約したい時に解約できますか?
  4. NASの導入費用で助成金・補助金は使えますか?
  5. 製品名はアドロジ?NASシステム?

今回は上記5つの疑問に当社が回答しています。なお、以下の記事でもアドロジに関するよくある質問をまとめていますので、気になる方は併せて参考にしてみてください。

「アドロジのNASの解約方法は?」よくあるご質問

Q.NASは稼げますか?

A.「稼げる」の感じ方は人によって異なるため、一概に断言することはできません。しかし根気強くやるべきことを継続いただいた方は、しっかりと利益を上げられている印象です。

Q.費用の分割払いはできますか?

A.分割払いへの対応は可能です。ニーズに合わせて複数のプランをご用意しています。

Q.NASは解約したい時に解約できますか?

A.はい、ビジネスが合わなければご解約いただけます。申し込み後にお伝えするお問い合わせ窓口、もしくはサポートセンターへご連絡ください。

Q.NASの導入費用で助成金・補助金は使えますか?

A.株式会社アドロジのNASは、IT導入補助金「2021」「2022」「2023」で導入支援事業者として採択されており、補助金の対象です。

IT導入補助金の詳細は下記ページをご確認ください。

Q.製品名はアドロジ?NASシステム?

A.「NAS(Netshop Automation Shipping)」がシステムの名称となります。アドロジは会社名(株式会社アドロジ)です。

NASシステムの評判まとめ

今回はアドロジが開発する輸入物販システムの「NAS」について、独自インタビューの内容を分析し、評判やメリット・デメリットなどについて詳しくお伝えしました。

インタビューの内容からも分かるように、実際にシステムを導入し利益を上げられている方はたくさんいらっしゃいます。

また、NASではすでにお金を支払ってご利用いただいている方が多いことを踏まえ、サービスの詳しい情報は公にしないようお願いしているのが現状です。

無料の合同説明会にてビジネスモデルからシステムの内容、費用まで詳しくお伝えしていますので、ご興味のある方はぜひお気軽に説明会へご参加ください!

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

アドロジ直伝!返金してもらう方法【Amazon編】

「Amazonで購入したら商品で傷がついていた」「商品届いたら違うものだった」

という経験はないでしょうか?Amazonで購入したはいいけど、返金対応ってどうやるの?という多いのに意外と分かりにくい、Amazonの返金方法について本日はご紹介します。

Amazonの返金について

Amazonの返金方法についての詳細なガイドが公式では以下に示されてます。このガイドは、Amazonでの返金プロセスを理解し、スムーズに返金を受け取るための手順を提供することを目的としています。

返品・返金の基本

Amazonでは、商品に欠陥がある場合や誤って注文した商品を返品することができます。返品を受け付けられる期間や条件は、商品や販売者によって異なる場合があります。

返品の条件

  • 商品到着後30日以内に返品手続きを開始する必要があります。
  • 商品は未使用の状態で、オリジナルの包装に入れて返送する必要があります。
  • 一部の商品(食品、化粧品、下着など)は衛生上の理由から返品が受け付けられない場合があります。

 返品手続きの開始

  1. Amazonの「注文履歴」ページにアクセスします。
  2. 返品したい商品の隣にある「返品または交換する」ボタンをクリックします。
  3. 返品の理由を選択し、必要に応じて詳細を入力します。
  4. 返品の方法を選択します。Amazonが提供する返品ラベルを使用するか、自分で返送するかを選べます。
  5. 返品ラベルを印刷し、商品と一緒に箱に入れます。

 商品の返送

  • Amazonが提供する返品ラベルを使用する場合、指定された方法で商品を返送します。
  • 自分で返送する場合、追跡番号を取得することをおすすめします。

 返金の受け取り

商品がAmazonに到着し、返品が受け付けられると、返金が開始されます。返金は、元の支払い方法に戻されます。クレジットカードの場合、返金には数日から数週間かかる場合があります。

注意点

  • 一部の商品は、返品手数料がかかる場合があります。
  • 返品の際に商品が損傷していた場合、返金額が減額されることがあります。
  • Amazonマーケットプレイスの販売者から購入した商品の返品には、販売者の返品ポリシーが適用されます。

アドロジ流、Amazonの返金テクニック

Amazonの返金方法をうまく利用するためのヒントやアドバイスを以下に示します。これらのヒントは、返品・返金プロセスをスムーズに進めるためのものです。

1. 商品の状態を確認する

  • 商品が届いたらすぐに内容物を確認し、欠陥や破損がないかをチェックします。
  • 商品の状態や梱包を写真に撮っておくと、返品の際の証拠として役立ちます。

2. 返品期限を確認する

  • Amazonの標準的な返品期限は商品到着後30日以内ですが、販売者や商品によって異なる場合があります。
  • 期限内に返品手続きを開始することが重要です。

3. 返品理由を明確にする

  • 返品理由を正確に選択することで、返品手数料が免除される場合があります。
  • 商品に欠陥がある場合や誤送された場合は、その旨を明記します。

4. Amazonカスタマーサポートと連絡を取る

  • 不明点や問題が発生した場合、Amazonのカスタマーサポートに連絡することで解決のサポートを受けられます。
  • チャットや電話でのサポートが利用できるので、迅速に対応してもらえます。

5. 返品ラベルを正確に使用する

  • Amazonが提供する返品ラベルを使用することで、返送時の送料が免除される場合があります。
  • ラベルを正確に印刷し、指定された方法で商品を返送します。

6. 追跡番号を取得する

  • 商品を返送する際は、追跡番号を取得することをおすすめします。
  • 追跡番号があると、商品の配送状況を確認でき、返品の進行状況を把握することができます。

7. 返金の確認

  • 商品がAmazonに到着した後、返金が正確に行われるかを確認します。
  • 返金が遅延している場合や、正確な金額が返金されない場合は、カスタマーサポートに連絡します。

 

Amazonの返金方法をうまく利用するためには、商品の状態の確認や返品期限の確認など、いくつかのポイントに注意する必要があります。上記のヒントを参考にして、返品・返金プロセスをスムーズに進めることができます。

Amazon返金するためのまとめ

Amazonでの返品・返金は、上記の手順に従って進めることで、スムーズに返金を受け取ることができます。商品の状態や返品の理由によっては、返金が受け付けられない場合や返金額が減額される場合があるため、返品の際は注意が必要です。

このガイドは、Amazonの返金方法に関する基本的な情報を提供することを目的としています。具体的な返品・返金の条件や手順は、Amazonの公式サイトや販売者の情報を参照してください。

低コストで開業できる業種ランキングTOP5!資金0円で開業も!?

低コストで開業できる仕事であれば、すぐに開業できるだけでなく費用面における失敗のリスクを軽減できるのも大きなメリットです。

本記事では、低コストで開業できる業種をランキング形式で5種類ピックアップしました。

低コストで開業できる業種を選ぶメリット

「開業」と聞くと高額な初期費用が必要なイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし実際にはお金をほとんどかけずに起業できる業種もたくさんあるのです。

  1. すぐに開業しやすい
  2. 初期投資の早期回収が実現しやすい
  3. 費用面でのリスクを軽減できる

さらに、低コストで開業できる仕事にはこれらの大きなメリットがあります。

すぐに開業しやすい

開業に莫大な資金が必要な業種の場合は、それだけ貯蓄をしなければならないため開業に至るまで時間がかかります。

しかし低コストで開業できる業種であれば必要なお金を貯めるまでの時間を短縮でき、結果として開業までの時間も早められるのがメリットのうちのひとつです。

初期投資の早期回収が実現しやすい

開業時にかけた費用が高額であるほど開業後の利益で回収するまでに時間を要したり、時には困難になってしまったりすることもあるでしょう。

一方で開業時にかけた費用が少なければ、少ない利益でも費用の回収が容易となります。

費用面でのリスクを軽減できる

万が一事業に失敗してしまった場合、借り入れがあると莫大な損失を被ってしまいます。借り入れが無かった場合でも、時間をかけて貯めた自己資金がすべて無くなってしまうのはかなりの痛手です。

しかし低コストで開業すれば、万が一事業に失敗しても費用面におけるリスクは最小限に抑えられます。

低コストで開業できる業種おすすめランキングTOP5

それでは低コストで開業できるおすすめの業種をランキング形式で5つご紹介します。

各業種の始め方も簡単にお伝えしているので、気になるものがあればぜひ挑戦してみてください。

1位:WEBライター

WEBライターはパソコンさえ持っていればすぐに仕事を見つけて業務に取り組めます。

また、未経験でも単価の低い案件であれば比較的仕事を獲得しやすい傾向にあるため、最初は実績作りから進めて徐々に単価アップに挑戦していくのがよいでしょう。

報酬や依頼内容は依頼主によって大きく異なるため、希望の働き方ができる、希望のテーマで執筆できる募集を探すと業務の進行がスムーズです。

WEBライターはタイピングが得意な方、文章を考えることが得意な方におすすめできます。

  • WEBライターの始めるには
  1. スキルシェアマーケットへのサービス出品(ココナラなど)
  2. クラウドソーシングからの案件応募(クラウドワークスなど)
  3. 求人サイトからの応募

WEBライターはこれらのサイトを利用して自分からサービスを出品するか、案件の募集を探すことで仕事を獲得できます。

求人サイトやクラウドソーシングサイトでは、テストライティングを実施したうえで採用された場合に仕事獲得となることが多いです。

2位:無店舗で開業できるフランチャイズ

フランチャイズというと「店舗を設置して内装工事をして…」とイメージされる方も多いでしょう。

しかしなかにはキッチンカーでの販売や小物の修理、ハウスクリーニング、出張買取など、店舗を持たずに開業できるフランチャイズも実は意外とたくさんあります。

1位でご紹介したWEBライターよりはコストがかかりますが、その分大きなリターンが期待できるのがメリットです。

「多少の資金であれば捻出できる」という方におすすめできるでしょう。

  • フランチャイズを始めるには
  1. フランチャイズの窓口
  2. マイナビ独立
  3. フランチャイズ比較.net
    など

フランチャイズは、上記のようなフランチャイズ加盟店の募集サイトを利用して希望の業種を見つけましょう。

同じ業種でも企業によって内容が異なるため、より自分のスタイルに合いそうな募集を見つけてください。

気になるフランチャイズの募集を見つけたら本部とコンタクトをとって説明会に参加する流れになるのが一般的です。

3位:デリバリーサービスの配達員

料理などのデリバリーサービスの配達員は、配達用のバッグや制服さえあれば開業できます。場合によってはスマホが必須となることもあるでしょう。

なお、ICT総研の発表によれば2021年の時点でフードデリバリーの市場規模は5,678億円となっており、今後もさらに市場規模の拡大が予想されているそうです。(参照元:ICT総研「2021年 フードデリバリーサービス利用動向調査」)

体を動かす仕事で開業したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

  • デリバリーサービスの配達員を始めるには

デリバリーサービスの配達員を始めたい方は、気になるデリバリーサービスの公式サイトや公式アプリから配達パートナーの登録を行いましょう。

スマホの専用アプリを使って業務を管理するケースも多いため、スマホは必須といっても過言ではありません。

また、多くの場合は指定の配達用バッグや帽子の購入が必要となりますが、おおよそ1万円前後で揃うようです。

4位:ブログ運営

ブログ運営は作成したブログのトップページや記事の中に広告を掲載し、広告経由で商品やサービスが購入されることで報酬が得られます。また、広告が視聴されたりクリックされるだけで報酬が得られるものもあります。

ブログ運営はパソコンさえあれば場所や時間を問わずに始められますが、開業するほどの利益が得られるようになるまでには数ヶ月もしくは年単位の期間を要することもあるでしょう。

とくにやりがいを求める方、汎用的な知識やスキルを身につけたい方におすすめです。

  • ブログ運営を始めるには
  1. レンタルサーバーとWordPressでブログを作成する
  2. ASPサイトで広告リンクを取得する(ASPサイトの例:a8.net、アクセストレード、Amazonアソシエイトなど)
  3. Googleアドセンスに申請し広告掲載の審査に通過する

ブログ運営は主に上記のうち「1+2」「1+3」「1+2+3」いずれかの手段を使って開始することになるでしょう。

もちろんレンタルサーバーやWordPressなどを使わず、無料ブログで始めても良いですが、サービス終了のリスクや広告掲載に関する決まりがあることも多いため、自身でブログを作ることをおすすめします。

5位:オンライン講師

人に何かを教えられるほどの知識を持っている方は、オンライン講師で開業することもできます。

たとえば英会話、ビジネススキル、メイクアップ、健康維持、楽器、ボーカルレッスン、学習塾、絵画、囲碁、将棋などです。

資格を持っていなくても正しい知識や得意なスキルがあれば自宅にいながら活かせる業種なので、人に何かを教えることが好きな方にはとくにおすすめできます。

  • オンライン講師を始めるには
  1. 専用のマッチングサイトを利用する
    例:ストアカ、LESSSON、カフェトーク、Udemyなど
  2. スキルシェアマーケットにサービス出品する

オンライン講師は主に講師と受講希望者を繋ぐ専用のマッチングサイトを利用したり、スキルシェアマーケットにサービスを出品したりすることで始められます。

ジャンルによって適したサイトが異なるため、たとえば英会話のオンライン講師であれば「英会話 オンライン講師」などと検索をしてみるとよいでしょう。

まとめ

低コストで開業ができる業種であれば開業までの期間を短縮できるほか、リスクも軽減可能です。

なかにはパソコン1台で開業できる業種もあるので、気になるお仕事があればぜひ気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

女性が活躍できる副業のおすすめランキングTOP10!

女性活躍推進法という国の施策により、女性が活躍しやすい環境を整える企業が増えてきました。また働き方改革の施策も相まって、女性に限らず副業を許可する企業も増えつつあります。

そこで今回は女性が活躍できる業種に着目し、おすすめの副業ランキングTOP10を厳選しました。

副業は金銭面の安定だけでなく自分の可能性を拡げる手段にもなりますので、ぜひこの機会に新たな副業を見つけて挑戦してみてください。

女性が活躍できる副業のおすすめランキングTOP10

さっそく女性が活躍できるおすすめの副業10選をランキング形式でご紹介します。

  1. 家事代行
  2. 覆面調査
  3. ハンドメイド販売
  4. イラスト製作
  5. WEBライター
  6. WEBデザイン
  7. カウンセリング
  8. データ入力
  9. 英会話教室
  10. アルバイト

今回ピックアップしたのは上記10種類です。それでは各業種を詳しく見ていきましょう。

1位:家事代行

家事代行は、依頼主の自宅へ訪問し本人に代わって家事をこなす仕事です。

内容は依頼主によって様々ですが、掃除、洗濯、料理の作り置き、部屋の整理整頓などがメインとなるでしょう。

家事代行サービスに登録をすると、依頼に応じて時給制で働けるようになります。

日頃から家事をよくされる方は挑戦してみてください。

2位:覆面調査

覆面調査とは一般客を装って店を利用し、利用した感想をメッセージ形式やアンケート形式などで伝える仕事です。

対象の店舗には飲食店のほかエステや脱毛の体験などもあり、女性であれば女性限定サロンの案件も受けられます。

覆面調査は企業による競合他社の調査や、自社のサービス改善のために行われるため、協力することでもらえる謝礼は1件あたり1,500円~3,000円前後と比較的高単価です。

空き時間を使って楽しみながら稼ぎたい女性におすすめできます。

3位:ハンドメイド販売

アクセサリーやマスコットキーホルダー、アパレル雑貨などハンドメイドで何かを作る趣味を持っていれば、作った作品を販売して副業にできます。

メルカリ、ラクマといったフリマサイトで販売するのも良いですし、minnneなどのハンドメイド専用プラットフォームで販売するのもおすすめです。

販売する際は自分で自由に価格設定ができるので、競合を調べてみたり需要を探ってみたりと物販の知識をつけられるのもメリットと言えます。

4位:イラスト製作

イラストを描くことが好きな方は、イラスト販売を副業にするという選択肢もあります。

とくにSNSやブログなどに利用する似顔絵アイコンは実用性が高く人気です。

気になる方はココナラなどスキルシェアマーケットでイラスト製作の出品を見てみてください。

相場感など参考にできることがたくさんあります。

5位:WEBライター

文章を考えるのが得意な方はWEBライターを副業にするのもよいでしょう。

WEBライターは求人サイトやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトから募集が探せます。

女性ならではの目線や経験が活きることもあるので、パソコンでのタイピングや文章執筆が好きな方はチェックしてみてください。

6位:WEBデザイン

WEBデザインは主にウェブページやウェブサイトを作成する仕事です。

「デザイン」と聞くと見た目のイメージが強いかもしれませんが、理想的なレイアウトを叶えるために内部にコードを記述したり、デザインを仕上げる最適な画像素材を用意したりと、幅広い作業に関わっていきます。

集客用のホームページを作成したり、ココナラなどのスキルシェアマーケットを利用したりすることで仕事を獲得できます。

WEBデザインの知識が全くない方は独学で学ぶか、スクールを受講するなどして知識を身につけることから始めましょう。

7位:カウンセリング

仕事や私生活などの愚痴や悩みを聞いてあげるだけであれば、資格がなくても仕事にできます。

通話機能を備えたスキルシェアマーケットでサービスを出品するのがおすすめです。

また、メンタル心理カウンセラーなどの資格を持っている場合はより専門的な仕事内容で単価を上げられるでしょう。

カウンセリングを利用する方の中には「女性に対応してもらいたい」という方もいるので、話を聞くことが得意な女性は挑戦してみてはいかがでしょうか。

8位:データ入力

データ入力は特別なスキルは一切不要なため、スキル不要で始められる副業を探している方や、コツコツとした作業が得意な方におすすめです。

ただし比較的誰でもできる仕事内容であることから、単価は低めな傾向にあります。

また、データ入力は主にパソコンを使って行うため、タイピングなどのパソコン操作が得意であれば、より効率良く作業を進められるでしょう。

9位:英会話教室

英語が話せる方は英会話の講師を副業にするのもよいでしょう。

スキルシェアマーケットや求人サイト、企業が用意した自社サイトなどから仕事が探せるほか、オンラインで完結できるサービスもたくさんあります。

英会話のほか韓国語や中国語などで話せる言語があれば、より仕事の幅が広がりますよ。

10位:アルバイト

「働いた分だけ確実に収入を得たい」という方におすすめなのがアルバイトです。

アルバイトは雇用関係を結ぶため、最低賃金の保障が受けられます。

確実な収入が得られる反面、アルバイトは出社しなければならないスタイルが多く体力を消耗してしまいやすいため今回は10位としました。

女性が活躍する副業の選び方

ここまで女性が活躍できる副業をいくつか紹介しましたが、当然ながら人によって向き不向きは存在します。

そこでこの項目では女性が活躍できる副業の中でも、自分にぴったりな仕事を選ぶ考え方についてまとめました。

好きなことや得意なことが活かせる副業

知識なし、経験なしの状態から始めるのももちろん良いですが、やはり自分の好きなこと、得意なことが活かせる副業の方が単価を上げやすい傾向にあります。

家事、料理、パソコン、英会話、イラスト、ハンドメイドなど好きなこと、得意なことは人によって様々なのでぜひ自分の「好き」「得意」をいま一度見直して整理してみてください。

無理せず働ける副業

副業を行う際は本業に支障をきたさない範囲で働ける仕事を選ぶようにしましょう。

求人サイトやクラウドソーシングサイトなどから仕事を探してみると、副業や兼業をしたい方向けに仕事量を調整してくれる企業もあります。

また、希望の働き方と合致する仕事を探すのが大変だと感じる方はスキルシェアマーケットを活用するのもおすすめです。

自分のタイミングで出品を停止したり再開したりできるため、より自由なスタイルで副業に取り組めます。

副業を行う際は確定申告も知っておこう

副業による収入が経費を差し引いて20万円を超える場合は、本業の年末調整とは別で確定申告を行う必要があります。

また、副業による収入が経費を差し引いて20万円に満たない場合でも、副業収入がある場合には住民税の申告を自分で行わなければならないため注意しましょう。

まとめ

昨今の日本では女性が働きやすい環境をつくる取り組みや、副業や兼業を推進する取り組みが進んでいます。

また、女性が活躍できる副業といっても様々な業種があるため、自分の好きなことや得意なことが活かせるような仕事を選ぶとスムーズに始められるでしょう。

今回は10種類の副業を紹介しましたので、気になる業種を見つけた方はぜひ挑戦してみてください。

未経験スタートOK!おすすめの副業ランキングTOP10

収入の安定や年収の増加を目指して副業を始めたいと考える方は多いですよね。

副業には未経験スタートが可能な業種もたくさんありますので、資格や経験、知識が無い方でもゼロから始めて稼いでいくことは十分に可能です。

今回は未経験スタートでも稼げる副業をランキング形式で10選ご紹介します。

「これから副業を始めたいけど、活かせそうな経験がない」という方はぜひ参考にしてみてください。

未経験スタートOKなおすすめの副業ランキングTOP10

さっそくですが、未経験スタートでも稼げるおすすめの副業ランキングTOP10をご紹介します。

  1. アルバイト
  2. 文字起こし
  3. アンケートモニター
  4. WEBライティング
  5. ネットショップ運営
  6. 動画編集
  7. ハンドメイド販売
  8. オンライン講師
  9. アフィリエイト
  10. イラスト販売

今回は上記10種類をピックアップしました。

1位:アルバイト

意外に思われる方がいるかもしれませんが、この記事ではアルバイトを1位に選びました。

理由はアルバイトであれば出勤した分だけ確実に稼ぐことができて、最低賃金の保証があるためです。

また、アルバイトはコンビニや飲食店など未経験で働ける業種も多く、ほとんどの企業で研修制度やマニュアルが用意されています。

「在宅にこだわらない」「働いた分だけ確実に稼ぎたい」という方、体力的に問題がない方にはとてもおすすめできる副業です。

2位:文字起こし(テープ起こし)

文字起こし(テープ起こし)はインタビューや講義などの音声ファイルを聞き取り、文字に起こしていく仕事です。

自分で文章を考える必要がないため、「ライティングの仕事はハードルが高い」とお考えの方でも挑戦しやすい副業と言えます。

未経験の場合の時給を換算をすると時給1,000円~1,500円程度が一般的と言われていることもありますので、仕事内容をしっかりと見極めればアルバイトと同程度の報酬は得られるでしょう。

3位:アンケートモニター

スマホ1台で手軽に稼げるような副業をお探しの方におすすめなのが、「アンケートモニター」です。

よくあるアンケートの形式の一例 内容 報酬の相場
選択式アンケート 簡単な選択式アンケートに回答する。
例:「最近コンビニで〇〇を購入したのはいつですか?」など
1案件あたり1円~数十円程度
商品モニター 商品の提供を受ける、もしくは特別価格で購入して実際に一定期間使用し、感想を送る 1案件あたり数百円/商品の無料提供
など案件による
覆面調査 客として店舗を利用し、感想を送る 1案件あたり1,500円~3,000円程度

アンケートモニターは上記のようにいくつかのアンケート形式があり、報酬の内容も異なります。

基本的に単価は低いものの、未経験スタートはもちろんのこと、場所や時間を問わず誰でも気軽に取り組めるのが大きな魅力です。

なお、覆面調査のようにある程度時間の拘束や場所の指定がある場合には、比較的高単価な報酬が受け取れます。

4位:WEBライティング

WEBライティングも副業としてはとても人気な業種の1つです。

タイピングができる、文章を考えるのが得意ということであれば、未経験でもスタートできますし、実際に未経験からWEBライティングの仕事に挑戦する人はたくさんいます。

未経験の場合はどうしても低い報酬からのスタートとなりやすいですが、経験や知識などを活かしたライティングであれば報酬アップを狙うことも可能です。

未経験者の相場は1文字1円、もしくはそれ以下となることが多く、経験やスキル、納品数などに応じて昇給してくれるところもありますよ。

5位:ネットショップ運営

ネットショップ運営も未経験スタートの副業としてはとてもおすすめです。

自分で一からサイトを作成しなくても、Amazonなどの大手ECモールに出店したり、BASEなどの専用サービスを使って簡単にお洒落なECサイトを作成したりすることで、未経験でもネットショップを運営することができます。

利益の相場は取り扱う商品によってさまざまですが、「安く仕入れて高く売る」「手数料などのコストを極力抑える」ということが利益を積み上げるためのポイントです。

また、未経験であっても商品のリサーチ方法や稼ぐためのプロセスは、実際の経験で積んでいくことで十分に補えるので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

ネットショップやるならNASで決まり!他の自動物販サービスとの違いを解説

6位:動画編集

動画編集にも字幕入れ、テロップ入れ、カット編集、サムネイル作成、プロモーション動画作成など様々な形があるため、自分のできる範囲で仕事を受注できます。

また未経験であっても、サンプルを用意するなどしっかりと提案ができれば仕事を受注することは十分に可能です。

なお、報酬の相場は業務の範囲や動画の長さなどよって大きく異なりますが、個人で仕事を受ける場合は1本あたり5,000円~15,000円程度が目安のようです。もちろん、依頼主によってはそれ以上の報酬が得られることもあります。

7位:ハンドメイド販売

手作業で何かを作るのが好きな方は、ハンドメイド作品の販売を副業にするのも良いでしょう。

ハンドメイド作品の例としては、アクセサリーやバッグ、革小物、編みぐるみなどが挙げられます。

また、ハンドメイド作品は自分で商品を作って自分で値段をつけて販売するので、未経験であっても業務に全く影響がありません。

経験の有無よりも作品のクオリティが重要です。

8位:オンライン講師

オンライン講師は、誰かに教えた経験がなくても、需要のある知識を持っていれば副業としてスタートすることができます。

英会話や音楽教室、ダンス、メイク、営業など人が「教えて欲しい」と思う内容であれば十分な収入を得られるでしょう。

相場は内容やサポートの有無などによって様々ですが、1時間あたり3,000円前後から高いもので10,000円以上となることもあり、価格設定は自分で自由に決定できます。

9位:アフィリエイト

ブログ、SNS、ホームページ、動画など広告リンクの貼り付けが可能な場所さえ用意できれば、経験の有無に関係なくスタートできます。

ビジネスとしてよくあるのはブログに商品リンクを貼り付けて集客し、リンクを経由して商品が購入されることで報酬が得られるといった内容です。

アフィリエイトの利益の相場は案件によって様々ですが、たとえば「1商品の成約で商品価格の数%が報酬としてもらえる」といった形式のものがあります。

またアフィリエイトは十分な利益が得られるようになるまで、早くて数ヶ月~1年以上の期間を要することがありますので、副業として気長に取り組める方におすすめです。

10位:イラスト販売

イラストを描くことが好きな方であれば、イラストの販売を副業とすることもできるでしょう。

また、デザインに興味のある方はロゴなどを制作して販売するのもおすすめです。

イラスト販売でよくあるのは、スキルシェアマーケットなどを利用して似顔絵アイコン製作の依頼を受け、依頼通りに描くというものです。

似顔絵アイコン製作で未経験の場合、1件あたりの相場は1,500円~2,000円程度が目安となっていますが、価格は自分で決定できます。

同業他社のクオリティと販売価格の実績を見て、自分のイラストに自信があれば1枚あたり3,000円~10,000円以上で販売することも十分に可能です。

まとめ

今回ご紹介しただけでも10種類もの副業があり、いずれも未経験スタートOKの業種となっています。

今の時代なら、経験や知識がなくてもゼロからスタートできる仕事はたくさんありますので、気になる業種があればぜひ気軽に挑戦してみてください。

【カテゴリ別11選】自宅で開業できるおすすめ業種ランキング!

皆さんは自宅で開業できるお仕事をどれほど知っているでしょうか。自宅で開業できる多くの業種は、ほとんどコストをかけずに始められます。

自宅で開業し成功させるには、自分に適した業種を選択しできるだけ無理なく長く継続できる業種を選ぶことがポイントです。

この記事では自宅で開業できるおすすめの業種をカテゴリごとに分け、ランキング形式でご紹介します。

資格不要」「知識・資格が活かせる」「フランチャイズ」3つのカテゴリでそれぞれ選出しているので、ご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

資格不要の自宅で開業できるおすすめ業種TOP5

まずは資格がなくても自宅で開業できる、おすすめの業種を5つピックアップしました。

未経験から挑戦する人も多く、参入ハードルが比較的低い業種が多いため、開業するのが初めての方や資格などをとくに持っていない方におすすめです。

1位:ライター

ライターは依頼主が提示した企画や執筆のルールに沿って文章を執筆します。

パソコン1台とインターネットの環境さえあれば始められてコストがほとんどかからないため、0円で開業することも十分に可能です。

完全に未経験でスキルや知識がなくても参入できますが、専門性の高い知識があればより高単価な案件を獲得できる可能性が高まります。

未経験の場合は1文字1円~1円以下からのスタートとなることが多いので、始めたての頃は思うように稼げないことがあるかもしれません。

しかし業務の中で経験や知識を積み上げていけば、月に15万円~20万円以上をコンスタントに稼げるようになるでしょう。

2位:ネットショップ運営

商品を販売することに興味がある方はネットショップ運営がおすすめです。

資格や特別なスキルが不要で、経験を積むことで知識が増え、次第に稼げるようになっていきます。

ネットショップ運営には自分でECサイトを作成して一から始める方法がありますが、大手ショッピングサイトのAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECモールに出店する形であれば、サイト作成が不要ですぐに始められますよ。

とくにAmazonでの出店であれば在庫保管や発送をおこなってくれる有料オプションがあるので、自宅に商品在庫を置きたくない方にもおすすめです。

ネットショップやるならNASで決まり!他の自動物販サービスとの違いを解説

3位:動画編集

動画編集に興味がある方は動画編集を仕事にしてしまうのも良いでしょう。

よくあるYouTube動画のようなコンテンツ素材の編集では、「テロップ入れだけ」「カット編集だけ」「字幕入れだけ」といった部分的な依頼から、全ての編集を任されるケースもあります。

そのため、自分のスキル状況に応じてできそうな仕事を受けるのがおすすめです。

基本的にはパソコン1台で始められますが、動画編集ソフトが問題なく動く性能であることは最低限必要な条件と言えます。

また、高度な編集ができたほうが需要は高まりますから、場合によっては有料の動画編集ソフトを導入するのも良いかもしれません。

4位:アフィリエイト

アフィリエイトは専用の商品リンクをブログ、ホームページ、SNS投稿の中で掲載し、そのリンクを経由して商品やサービスが購入されることで報酬が得られる仕事です。中にはクリックされるだけで数円の報酬が得られる案件もあります。

自分でブログ、ホームページ、SNSを運用することに興味がある方におすすめです。

アフィリエイトで継続的な利益を上げるには、商品リンクを掲載したブログやホームページなどへ集客する必要があり、集客だけでなく商品リンクから購入してもらえるよう文章にも工夫を凝らす必要があります。

このように聞くと難しそうに思われがちですが、コストをかけずに資格不要で始められて、やりがいも感じられるおすすめの業種です。

5位:転売

転売は「商品を定価もしくはそれ以下で仕入れて高く売る」というとてもシンプルな構造なので、初心者の方にもおすすめです。

人気ブランドのスニーカーや、人気ブランド同士がコラボしたスニーカーはプレミア価格がつくことが度々あり、1商品あたりの単価は高くなる傾向にあります。

スキルや資格不要ではじめられて、取り扱う商品によっては高い利益率を確保できるのが魅力ですが、商品のリサーチや競合の調査などある程度の忍耐力は必要となるでしょう。

知識・資格が活かして自宅で開業できるおすすめ業種TOP3

次に知識や資格を活かして自宅で開業できる、おすすめの業種を3つご紹介します。

今は知識や資格を持っていないという場合でも、興味があれば今から学んで開業することも十分に可能です。

1位:オンライン講師

オンライン講師はスキルシェアマーケットなどに出品をして、サービスを購入してくれた方に対してオンライン上で知識やノウハウを共有します。

たとえばオンライン講師には以下のようなジャンルがあります。

  • メイク
  • 健康管理(例:ヨガ・食事管理)
  • IT(例:プログラミング)
  • ダンス
  • 外国語(例:英会話)
  • ビジネス(例:集客・営業)
    など

資格を持っている方はもちろんのこと、何か詳しい知識や得意なことがあれば資格がなくても始められるので、何か教えられることがある方は活かしてみてはいかがでしょうか。

2位:プログラマー

プログラマーはコンピューターを動かす言語を使ってプログラムを組み、ソフトウェアやアプリケーション、システムを作る人のことです。

完全在宅で開業できる仕事として人気ですが、専門的な知識や実務経験が必要なため、全くの未経験者からすると少々ハードルが高く感じるかもしれません。

専門的な知識が必要な分、自宅で開業できる業種の中では年収が高めな傾向にありますので、高年収を目指したい方におすすめです。

3位:税理士

税理士は、税理士試験の合格や租税・会計における2年以上の実務経験、公認会計士の資格取得者など、税理士を名乗るための要件が定められており、全くの未経験者からするとハードルの高い業種です。

ただし、ハードルが高いだけにここまででご紹介した業種に比べるとライバルの母数は少なく、専門性が高い業種のため高年収が目指せます。

すでに税理士の資格がある方や、税理士になるだけの準備期間を捻出できる方は検討してみてはいかがでしょうか。

フランチャイズなのに自宅で開業できるおすすめ業種TOP3

最後にフランチャイズでありながら自宅で開業できる業種3選をご紹介します。

フランチャイズは基本的に初期費用が必要ですが、自宅で開業できる業種であればコストを抑えてフランチャイズに加盟することが可能です。

1位:買取業

貴金属やブランド品などを買い取り、オークションや自社サイトなどの販路を利用することで利益を得る仕事です。

店舗を持つタイプの会社もありますが、出張や宅配買取型の会社であれば自宅でも開業できます。

フランチャイズで始めればノウハウや集客、ブランド力を利用できるので、自分一人での開業では不安な方におすすめです。

2位:修理業

自宅に修理スペースさえあれば開業できるのが修理業のフランチャイズです。

修理業には自動車や物件の内外装などもありますが、革製品やスマホなど小物の修理であれば自宅で開業ができます。

修理業は基本的にマニュアルが用意されているので、未経験でも挑戦しやすいビジネスとなっています。

3位:クリーニング業

ハウスクリーニングやエアコンクリーニングは依頼先へ訪問して業務を行うため、店舗を構える必要がありません。

また、一度清掃方法を習得すれば、あとはアポイントに従って業務を進めていくだけなのでとてもシンプルです。

掃除が好きな方やシンプルな業務で働きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「自宅で開業できる」業種をカテゴリ別に合計11種ご紹介しました。

自宅で開業できる仕事は店舗を構える必要がない分、低コストで開業ができ1人でも始められる仕事がほとんどです。

やってみたい業種があればぜひ挑戦してみてください。

空き時間(好きな時間)に稼ぐおすすめの仕事7選と安全に効率良く稼ぐコツ!

副業・兼業には興味があっても、「まとまった時間がとれないからできない」「体力的にもう一つ仕事を追加するのは厳しい」と諦めていませんか?

インターネットを利用すれば、自宅や通勤電車の移動中など場所を問わず、空いている好きな時間にお金を稼ぐことができます。

この記事では空き時間に稼ぐおすすめの仕事や、安全に効率よく稼ぐコツ、注意点などについて詳しくまとめました。

中にはスマホ1つでもできるような仕事もあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

空き時間(好きな時間)に稼ぐおすすめの仕事7選

さっそくですが、まずは空き時間に取り組めるおすすめの仕事7選をご紹介します。

  1. ポイ活・アンケートモニター
  2. データ入力
  3. ライティング
  4. 単発のバイト
  5. せどりや転売
  6. 不用品の販売
  7. 資産運用

今回ご紹介するのは上記の7つです。1日数分から取り組めてお小遣いの足しになるようなものから、稼働量次第でしっかりと稼げるものまで様々なのでぜひ自分の理想に適した仕事を探してみてくださいね。

ポイ活・アンケートモニターで好きな時間に稼ぐ

ポイ活やアンケートモニターは単価自体は低いものの、完全に好きな時間・タイミングで取り組めるためちょっとしたお小遣い稼ぎにおすすめです。

いずれの方法も、溜まったポイントは銀行振込での換金や共通ポイントへの交換、ギフト券への交換をするなどしてお得にお買い物ができます。

とくにポイントサイトやアンケートモニターサイトは1件あたり数分で完了してしまうような案件もあるので、忙しい方でも挑戦しやすいですよ。

データ入力の仕事で好きな時間に稼ぐ

データ入力はオフィスに出社して働くタイプもありますが、自宅でもパソコンがあれば働けます。

自宅で仕事をしたい方はクラウドソーシングサイトなどを利用して、データ入力の募集を探してみましょう。

また、データ入力は特別なスキルを必要とせず、パソコンのタイピングさえできれば稼げます。

比較的誰にでもできるため単価は低めですが、こちらも空き時間や暇な時間を使って取り組めるのが魅力です。

ライティングの仕事で好きな時間に稼ぐ

ライティングの仕事も基本的にはフルリモートで働けます。求人サイトやクラウドソーシングサイトでライティングの募集を探してみてください。

ライティングは依頼主の意図を的確に汲むこと、わかりやすい文章で執筆することが重要です。

仕事の内容によっては納期の設定をライター側に任せてくれるケースもありますので、募集の概要をしっかりと読んで自分に合ったライティングの仕事を探しましょう。

単発のバイトで暇な日に稼ぐ

働いた分だけ確実にお金が欲しいという方は、休日などの暇な日を使って単発のバイトをするのも良いでしょう。

単発のバイトは出社することがほとんどなので「自宅で好きな時間に稼ぐ」とはいきませんが、単発なので自分の都合の良い日に働ける募集を探すことで、ある程度スケジュールのコントロールはできます。

また、単発のバイトは面接なしで参加できることも多いので急いでいる方にもおすすめです。

せどりや転売で好きな時間に稼ぐ

物販に興味のある方は「せどり」や「転売」でモノを販売してみるのも良いでしょう。完全に個人事業となるので、時間や場所に関係なく好きな時間に活動できます。

せどりや転売は、安く仕入れた商品に利益を上乗せして販売するのが基本です。商品の仕入れ費用は必要となりますが、仕入れる商品によっては高額収入も十分に目指せるでしょう。

不用品の販売で好きな時間に稼ぐ

自宅にある不要品をフリマサイトやオークションサイトで販売することで、仕入れコストを抑えて稼ぐことができます。

もしも自宅に不要になったコレクションや、しばらく使っていないメーカ物、ブランド物などがあれば自分で好きな価格を設定して販売してみるのも良いでしょう。

こちらも空き時間や好きな時間に活動できますし、スマホ1台で出品できるのでとても手軽です。

資産運用で働かずに稼ぐ

初期費用に余裕がある方は、投資による資産運用で利益を狙うのも良いでしょう。

不動産やFX、仮想通貨、株など様々な形の資産運用がありますから、興味のある分野挑戦してみてください。

ただし株や仮想通貨、FXなどの投資は経済状況によって損失が発生してしまうことも十分にあり得ます。分散投資や投資信託などでリスクを軽減するか、知識を蓄えてから挑戦されることをおすすめします。

空き時間(好きな時間)に稼ぐ仕事を探す際の注意点

インターネット上では、ときに悪質な業者に騙されるなどしてトラブルに発展してしまう人もいます。

空き時間で稼ぐ仕事を探す際は、トラブルに巻き込まれることなくスムーズに仕事を進められるよう、注意点を把握しておきましょう。

お金を請求されたらすぐに中断する

基本的には、仕事を始めるうえで事前にお金を請求されるということはありません。

どれほど正当な理由を提示されたとしても、インターネット上でお金を請求された際に信頼できる企業であるかを判断することは非常に難しいです。

そのため空き時間にできる仕事を探すうえでお金を請求された場合は、それ以上関わらないようにすることをおすすめします。

仕事内容をしっかりと理解する

空き時間にできる仕事を探す際は、仕事内容が明確に記載されていることが大前提です。

そのうえでどのような仕事内容なのかを理解し、自分にできる仕事であること、法律に触れない内容であることなど様々な観点で問題ないことを確認しましょう。

また、転売や輸入を行う際は規制されている商品に該当していないかも確認が必要です。

信頼性のある企業か確認する

気になる仕事を見つけたら、運営会社や依頼主の企業が信頼性の高い会社であることを事前に確認しましょう。

口コミなどをチェックしてみると、過去にトラブルや問題を起こしているかが判明することがあります。

たとえ対応が良かったとしても企業の情報は事前に調べておくのがおすすめです。

空き時間(好きな時間)に効率良く稼ぐコツ

空き時間を使って効率よく稼ぐポイントは以下の通りです。

  1. 仕事の特性を理解する
  2. 自分が得意なことを活かす

仕事の特性を理解する

・納期の有無
・損失は発生する可能性(主に投資)
・仕事1件あたりをこなすのに必要な作業時間
・単価と仕事内容のバランス
など

上記のように、取り組む仕事によって特性が異なります。

また、同じ業種でもライターのように明確に納期が言い渡されるケースと、とくに納期を決めていないケースがあったりと依頼主によっても仕事のスタイルが変わりますので、各仕事の特性を理解して自分に合った働きができることを目指しましょう。

自分が得意なことを活かす

できるだけ時間や負担をかけずに効率よく稼ぐには、得意が活かせる仕事を選ぶことが近道となります。

さらに、過去の経験や知識が活かせるような仕事を選べば、はじめから優遇を受けて仕事を開始できることがあるかもしれません。

経験のある内容であれば作業に慣れるのも早いはずなので、ぜひご自身の経験を活かして稼いでみてください。

まとめ

現代には空き時間を使って稼げる仕事がたくさんあり、副業や兼業をはじめやすい環境にあります。

主にクラウドソーシングサイトやスキルシェアサイト、求人サイトなどから仕事を探すことができるので、ぜひ「やってみたい」と思える仕事を見つけてみてください。

独立開業で儲かる仕事とは?物販システムのNASでネットショップを自動化!?

独立開業で儲かる仕事というと、医師や弁護士など難易度の高い資格が必要なイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

しかしインターネットが普及した現在では資格を持たなくても独立開業し、儲かるようにすることは十分に可能なのです。

この記事では独立開業で儲かる仕事のポイントや、職種などについて分かりやすく解説していますので、今後独立したいとお考えの方は参考にしてみてくださいね。

独立開業で儲かる仕事のポイント

独立開業で儲かるにはいくつかのポイントがあります。

まずは資格の要否も含めて1つずつお伝えしますので、なんとなくイメージを膨らませてみましょう。

1.利益率が高いビジネスモデル

売上金額から仕入れ費用や経費などを差し引いて残った金額が「利益」となり、その利益額が売上金額の何パーセントを占めるのか表した数字が「利益率」です。

利益率が低いと、たとえ商品やサービスがたくさん売れたとしても、思ったより手元に残ったお金が少ないという事態が起こります。

利益率が高いビジネスモデルなら商品やサービスが売れた分に比例してたくさん儲けることが可能です。

2.労働収入ではない収入源を確保する

「労働収入」とは働いたぶんだけもらえるお金のことなので、働くことをやめた途端に収入が途絶えてしまいます。

そのため、独立開業で稼ぐのであれば労働収入ではない収入源も確保できるのが理想です。

たとえば不動産や株式投資、自宅や駐車場の空きスペースを貸し出すなど、自分が働いていない間にもお金がもらえるような収入源を確保すると良いでしょう。

なお、この記事ではインターネット物販を自動化し、空き時間での作業でも稼げるシステムをご紹介しています。ご興味のある方は記事の後半もぜひご覧ください。

3.自分の得意を最大限に活かせること

スキルや知識が無い状態から独立開業するのももちろん良いですが、自分自身で得意なことや何かスキルを持っていれば活かすに越したことはありません。

たとえば営業の経験やスキルを持っている方であれば営業力を活かした職種、文章を考えることが得意であればライターなど、自分の得意なことを最大限に活かせる仕事に就けば、収入アップの近道になりますよ。

4.参入障壁が高い職種

参入障壁が低い職種や業界は初心者でも挑戦しやすい反面、競合が増えやすかったり、すでに競合が多かったりといったデメリットがあります。

一方で専門性の高いスキルや知識、高度な資格などが必要な職種は誰にでもできることではないため報酬が高い傾向にあるのが特徴です。

医師や弁護士などがわかりやすい例ですが、就ける人が限られているような職種は独立開業をして儲かる可能性があります。

5.常にアンテナを張っていること

有益な情報や人との繋がり、仕事へ繋がりそうなことには常にアンテナを張り、チャンスを掴めるようにしておきましょう。

チャンスが巡っていることに気がつけなかったり、行動に移すエネルギーがないとせっかくのチャンスも逃してしまいます。

独立開業で儲かる仕事5選

この項目では独立開業で儲かる仕事を5つピックアップしました。もちろんこれらの仕事を始めたからといって全員が儲かるわけではありませんが、スキルや知識がない状態からでも始めやすいものを厳選しています。

インターネット物販

インターネット物販はすでに競合も多いですが、市場規模が非常に大きく利用者も多いのがメリットです。

販売する商品、ターゲット、それらに適した販売場所を見極めることで今からの参入でも稼げる可能性は十分にありますよ。

また後述しますが、とくに大手ショッピングサイトを利用した販売であれば、作業を効率化する様々なツールが販売されているため、ある程度作業時間や手間を短縮することも可能です。

商品を仕入れて売るというシンプルなビジネスである点も初心者にはおすすめのポイントと言えます。

ライブ・動画配信者

ライブ配信や動画配信は、動画の中で流れる広告の視聴や投げ銭の仕組みを利用して収入を得るビジネスです。

そのほかには商品の専用リンクを紹介し、リンクを経由してサービスや商品が購入されることで報酬を得る方法もあります。

とくに動画広告や商品紹介を利用したビジネスモデルであれば、自分が稼働していない間でも広告が再生されたり、商品やサービスが購入されることで収入が得られるので、不労所得のようにして稼ぐこともできるでしょう。

フランチャイズビジネス

「フランチャイズ」と聞くと高額な初期費用が必要なイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、現在では店舗を持たずに開業ができるフランチャイズもたくさんあります。

フランチャイズは加盟することで毎月「ロイヤリティ」の支払いが発生する代わりに、すでに確立されたビジネスモデルやブランド力、ノウハウなどを利用して開業ができるビジネスです。

店舗を持たないということは、それだけ低コストで開業ができるということになりますので、ご興味のある方はフランチャイズ加盟店の募集を探してみるのも良いでしょう。

アフィリエイト

ブログの記事やトップページに広告を貼り付け、広告がクリックされたり、広告を経由して商品・サービスが購入されることで報酬が得られるビジネスです。

アフィリエイトはインターネット上における集客スキルや、商品を魅力的に紹介する文章力、ブログ運営の知識などが必要となりますが、現在では必要な知識の多くをインターネット検索で得ることができます。

また、一度経験を積んでしまえば集客スキルや文章力、ブログ運営の知識は他のインターネットビジネスでも通用するためとても便利です。

一人で黙々と作業をするのが好きな方にはおすすめできます。

不動産オーナー

アパートやマンション、一軒家、土地のオーナーとなり、借主と契約することにより定期収入が得られるビジネスとなります。

借り手さえ見つけることができれば、働くことなく収入を得ることが可能です。

ただし不動産オーナーになるには物件や土地を用意しなければならないため、場合によっては修繕費やリフォーム、整地費用などが必要なほか、固定資産税を支払わなければならないなど、それなりの初期費用がかかる可能性があります。

インターネット物販を効率化するなら「NAS」

記事の中でもお伝えしたように、インターネット物販であれば専用のツールを活用して販売に必要な作業の一部を自動化したり、効率化したりすることができます。

なかでも「NAS」はインターネット物販において大きなネックとも言える在庫を抱えるリスクが一切ありません。

NASは世界的に有名な大手ショッピングサイトを利用した物販を効率化、自動化できる画期的なシステムとなっています。

一般的なツールは、お金を支払うことでツールの利用権が得られるだけのことが多いですが、株式会社アドロジが提供するNASはシステムだけでなく、在庫を抱えないビジネスモデルまでも1つのパッケージになっているのが特徴です。

また、システムの導入後も手厚いアフターフォローでしっかりとサポートさせていただきますので、ご興味のある方はぜひ無料の合同WEB説明会へご参加ください。

「NAS」の合同WEB説明会の申込ページはこちら

まとめ

昨今では独立開業に興味を持ち、大きく儲けたいと考える人も多い印象です。

活かせるスキルや資格があるに越したことはないですが、スキルや知識、初期費用がなくても独立開業できる職種は意外とたくさんあります。

ぜひ記事でご紹介したポイントや職種などを参考に、独立開業の一歩を踏み出してみてください。

なお株式会社アドロジではインターネット物販を効率化するシステム「NAS」の開発、提供を行っています。

とくに物販にご興味がある方からの説明会のご参加を心よりお待ちしています。

「NAS」の合同WEB説明会の申込ページはこちら

無店舗販売と店舗販売の違いは?メリットデメリットやNASを使った低資金開業を簡単解説!

無店舗販売は実店舗を持たずにお店を運営するため店舗販売よりもコストを抑えた経営ができます。

また、無店舗販売で有名なのは「通信販売」や「ネット販売」ですが、そのほかにも様々な事業があることをご存じでしょうか。

この記事では無店舗販売とはどのような事業なのか、メリットデメリットやおすすめの無店舗販売事業、店舗販売との違いなどについて解説しています。ご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

無店舗販売とは?

無店舗販売はその名の通り実店舗を持たずに商品を販売する形態のビジネスを指します。

大きな違いとしてはコスト面が挙げられます。たとえば実店舗を持った場合の経費は、賃料や設備の維持費だけでも年間にすると数百万円にものぼることも珍しくありません。

一方で無店舗販売は実店舗を持たないぶん、かなりのコスト削減が可能です。

また無店舗販売には立地や地域が関係ないため販売できる商品の幅が広がり、より自由な発想で商品販売ができるのも特徴です。

無店舗販売と店舗販売の違い

無店舗販売と店舗販売の違いというと「実店舗があるかどうか」「事業の維持に必要なコスト」などが挙げられるかと思います。

この項目では無店舗販売と店舗販売の特徴をもう少し深掘りし、両者の詳しいメリット・デメリットから違いを見ていきましょう。

無店舗販売・店舗販売のメリット

無店舗販売 店舗販売
  • 毎月の賃料が不要
  • 低資金で開業ができる
  • すぐに開店できる
  • 地域や立地が関係なく顧客との接点を拡げられる
  • 顧客を気軽に招きやすい
  • ディスプレイの工夫によって「ついで買い」が狙える
  • 顧客は商品を購入したらその場で持ち帰ることができる
  • 看板や内装、制服、接客などによってブランドイメージの訴求がしやすい
  • 顧客や取引先からの信頼を得やすい

まずは無店舗販売と店舗販売、それぞれの「メリット」から違いを比較します。

無店舗販売は主に「低コスト」や「手軽さ」といったところに大きなメリットがあり、初心者やあまり予算をかけられない個人事業主・中小企業でも事業を拡大できる点が特徴です。

一方で、店舗販売は実店舗ならではの「アピール力」や「信頼度の高さ」がメリットと言えます。昨今ではオンラインで完結できるサービスが馴染みつつあり、自宅から出る必要がないため便利ではありますが、やはり実在するスタッフや商品、店舗を目で見て確認できる方が信頼はしやすいですよね。

無店舗販売・店舗販売のデメリット

無店舗販売 店舗販売
  • 参入障壁が低いだけに競争が起こりやすい
  • 詐欺サイトなどと見分けがつかないことがあるため、信頼度を高める工夫が必要
  • 顧客が商品を手に取れないため、ギャップが生じるとトラブルに発展する
  • 店舗や設備の用意、準備で開業までに多額の費用と時間がかかる
  • 年間の維持費も高額になりがち
  • 店舗の位置が固定であることを考慮したターゲティングが必要
  • 人件費がかかる
  • 顧客からすると実店舗まで足を運ばなければならない

無店舗販売と店舗販売の「デメリット」をまとめました。

無店舗販売のデメリットとしてまず挙げられるのは「競争が起こりやすい」ということです。無店舗販売は手段次第で仕入れ以外のコストをかけずに開業ができるため、良くも悪くも店舗販売よりも参入障壁はかなり低くなっています。

また、無店舗販売は店舗内やスタッフの様子を目で見てもらうことがないため、信頼度を高める工夫も必要です。

一方で店舗販売はやはり「高コスト」が大きなデメリットと言えます。実店舗を持つ場合は開業までに入念に計画を立て、慎重に進めなければなりません。開店してからミスが発覚すると、取り返しのつかない損失となってしまう可能性もあります。

無店舗販売の種類

冒頭でもお伝えしたように、無店舗販売にはいくつかの種類があります。

この項目では様々な無店舗販売の種類について理解を深めましょう。

通信販売

通信販売はインターネットやハガキ、チラシ、電話、新聞などを利用して商品を販売するビジネスです。

従来では「通信販売」といえばテレビ番組やハガキ、チラシ、新聞、電話などアナログな手段を用いた販売が主流でしたが、昨今ではSNSやインターネットが普及していることもあり、インターネットを使った販売形式が増えています。

そのため、現代においては通信販売とネット販売が同じ意味で使われることも多いようです。

ネット販売

ECサイトやホームページ、プラットフォーム、フリマなどのインターネット上にあるシステムを駆使して商品やサービスを販売するビジネスです。

「通信販売」では主にモノが扱われているのに対し、ネット販売ではモノだけでなく「スキル」や「知識」などのサービス、ノウハウなど多彩な商品が販売されています。

工夫とアイデア次第で様々な形式のビジネスを展開できるのがネット販売の魅力とも言えるでしょう。

訪問販売

顧客の自宅に足を運んで商品を販売するビジネスです。

昨今ではインターネットの普及もあり話題性は低いですが、地域の特性や年齢層、ユーザー層などに特化した営業がしやすいメリットがあります。

一方で現代では一部の悪徳業者による被害も問題視されており、まだまだ市場規模が大きいとはいえ減少傾向にあるのも事実です。

自動販売機

自動販売機は飲み物以外にもカップ麺、お菓子、惣菜や日用品など様々な種類の機械が登場しています。

電源のある場所さえ確保できればあとは自販機を設置し定期的に補充をするだけなので、昨今注目されているビジネスのうちの1つです。

自動販売機一台あたりから大きな利益は期待できないものの、気軽に導入できるメリットがあります。

移動販売

路上などにキッチンカーなどの車を停めて商品を販売するビジネスで、パンやお弁当、ドリンク、惣菜など様々な商品があります。

車で自由に移動ができるため、販売場所の融通を利かせやすいことがメリットのうちの1つです。

無店舗販売のNASは初心者や副業・兼業におすすめ!

ここまで無店舗販売事業の種類をご紹介しましたが、中でもおすすめしたいのが「ネット販売(ネットショップ運営)」です。

ネット販売と聞くと、仕入れ資金や知識、ノウハウが必要であったり、在庫を抱えるリスクをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

しかし自社でも物販事業を行っている株式会社アドロジでは、初心者の方や忙しい主婦、副業を目指す方でも挑戦しやすいネット販売のビジネスモデルと、画期的なシステムを開発することに成功しました。

「NAS」はネット販売に必要な以下の作業を自動化します。

  1. 商品情報の抽出と出品
  2. 競合製品の価格リサーチ・調整
  3. 在庫状況の監視
  4. 出店するECサイトで設定されている禁止キーワードの抽出
    など

また、ビジネスモデル上、商品を仕入れるのは注文を受けてからとなるため、在庫を抱えるリスクもありません。1日30分~2時間程度の短時間でも取り組めるので、日頃から忙しくしている方でも新たな収入源の確保を目指すことができます。

申し込みに応じて合同WEB説明会を随時開催しているため、気になる方はぜひ一度説明会にご参加ください。

NASの合同WEB説明会申込ページはこちら

まとめ

無店舗販売はSNSやインターネットが普及した現代ととてもマッチしたビジネス形態であると言えます。

コストを大幅に抑えた開業ができますので、資金に余裕がない方でも店舗販売に比べて開業がしやすいでしょう。

また、無店舗販売にご興味のある方はネット販売を検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社アドロジが開発した「NAS」は累計10億円を超える販売実績から得たノウハウを詰め込んだビジネスモデルとなっています。

アドロジは返金可能なの?初期費用や儲からないと噂の真相を調査

株式会社アドロジが提供する物販システム「NAS」。その画期的なビジネスモデルと、物販ビジネスでよくある在庫リスクの低さから、昨今副業や兼業を目指す方からご好評です。

今回はそんなアドロジのサービス「NAS」について、万が一の際に返金は可能なのか、さらに初期費用や「儲からない」などと噂の真相はどうなっているのかをアドロジが徹底的に調査し解説します。

アドロジが提供するサービス「NAS」

「NAS」は株式会社アドロジが独自に開発を行った、輸入物販の作業を効率化するシステムです。

輸入物販を行う際は通常、商品のリサーチや競合商品の調査、在庫管理、商品ページの作成などさまざまな必要作業があり、時間と手間がかかります。

しかしNASをパソコンに導入することで、これらの物販に必要な作業のほとんどを自動化するというのが本システムの概要です。

またNASはドロップシッピングのため、商品の買付は商品の注文を受けた後に行います。つまり、物販ビジネスで嫌厭される「売れ残り」「在庫残り」のリスクを最小限に抑えられるのです。

なお、以下の記事ではアドロジ「NAS」の初期費用について詳しく解説しています。気になる方はあわせてご覧ください。

【ADOLOGI】NASの初期費用はいくら?システムの概要や費用をご紹介!

初期費用は一括or分割払いで約6万円~

NASの初期費用は、一括払いもしくは分割払いから希望に合わせて選択できます。

分割払いの場合は月々約6万円からの支払いです。ただしアドロジではニーズや各ご家庭の事情にあわせていくつかのプランをご小委しています。

初期費用についてはオンライン合同説明会でも詳しくお伝えしているので、気になる方はぜひお気軽に説明会へご参加ください。

「NAS」合同説明会申込ページはこちら

拡大中の市場に参入し稼ぐビジネスモデル

新規事業を始める際、参入する市場規模が大きいほど成功した時の利益も大きくなります。

中でもNASで参入するEC市場は、スマホやインターネットが普及している昨今、年々市場拡大を続けており参入には最適です。

もちろん参入したからといって100%成功するとは限りませんが、しっかりと取り組めばある程度の利益を見込むことが十分に可能な市場性といえます。

在庫を抱えず低コストで始められる

通常であれば「買付→出品→注文→発送」といった流れになるため、出品した商品が売れなければ延々と在庫が売れ残ってしまうのが大きなデメリットです。

一方でアドロジのNASは注文が入ってから商品の取り寄せ作業を行います。

無駄な出費が抑えられるだけでなく、売れ残るリスクもほぼゼロに近い状態で物販事業を運営することが可能です。

2023年もIT導入補助金の対象

アドロジの物販システム「NAS」は、2021年から2023年前期までIT導入補助金の対象ツールとして連続して採択を受けてきました。

中にはNASについて「怪しい」と感じる方もいるかもしれませんが、リリースから3年連続で公的機関に認められているツールなので、安心してご利用いただけます。

アドロジは解約や返金は可能なの?

アドロジのNASはフランチャイズ形式で契約するため、初期費用のほかにロイヤリティの支払いが必要となります。

ここで疑問に思われるのが「返金」についてではないでしょうか。

まずはアドロジの企業サイトにある下記ページをご覧ください。

特定商取引法に基づく表示

返金はシステム発行から7日以内であれば相談可能

上記の「特定商取引法に基づく表示」にもあるように、アドロジでは「システム発行日から7日以内」であれば返金のご相談を受けることを可能としています。

また、ロイヤリティは1アカウントあたり月2万円の設定となっていますが、導入から1年間はロイヤリティフリー(無料)です。

システム発行日から7日を経過した場合でも、お困りの方はまずお気軽にご相談ください。

解約はいつでも可能

なお、返金などではなく「解約」はいつでも申告が可能です。

解約したい場合は契約時に伝えられる問い合わせ窓口や、カスタマーサービスへご相談ください。

アドロジの返金が難しいケースは?

アドロジの返金が難しいケースには、どのような内容があるのでしょうか。

  1. システム発行日から7日以上が経過している
  2. 客観的にみて返金可能な理由ではない
  3. サービスを十分に利用できていない

アドロジ自体、サービスにご満足いただいているパートナー様がほとんどで返金希望の事例があまりないのですが、考えられるケースとして3つほど挙げてみました。

もちろんこれらに当てはまるからといって返金の可否は断言できませんが、参考までにチェックしてみてください。

1.システム発行から7日以上経過している

商品やサービスの返品・交換・返金は、購入から時間が経過するほど対応が難しくなるのが一般的です。

また、アドロジの特商法表記のページでも「システム発行日から7日以内」と記載されていることから、客観的に正当な理由がないと返金が難しい可能性が考えられます。

2.客観的にみて返金可能な理由ではない

例えば一口に「儲からない」といっても感じかたは人それぞれです。

アドロジのNASで月に数百万円以上もの売上を上げているパートナー様もたくさんいらっしゃるため、客観的にみて返金可能な理由ではない場合は、返金が難しい可能性があります。

3.サービスを十分に利用できていない

アドロジにはパートナー様専用に5つのサポートサービスをご用意しています。

  1. メール
  2. 電話
  3. サポートサイト
  4. 個別勉強会
  5. 合同勉強会

例えば合同勉強会では、すでに売上をあげているパートナー様から直接話を伺うことができますし、電話での問い合わせはトラブルなど緊急時のご相談に最適です。

NASは決して安くはない費用をいただいているシステムですから、パートナー様に利益を上げていただくために全力でサポートいたします。

こうしたサポートサービスを全然利用していないという方は、諦めて返金に踏み切る前にぜひ一度ご相談ください。

アドロジは儲からない?怪しいと噂の真相

アドロジのNASは度々メディアでも取り上げていただくことがあり、注目度の高いシステムです。

しかし物販初心者の方やインターネットビジネスの知識が無い方にとっては、「実は儲からないのでは?」「ネットビジネスって怪しい」など、疑問視することもあるでしょう。

なお、以下の記事ではこうした噂に着目し、より詳しくアドロジが解説しています。気になる方はあわせてチェックしてみてください。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

実は成功者も多い

アドロジのNASではすでに多くのパートナー様がお金を支払い、輸入物販へ真剣に取り組んでいます。

こうした事情を踏まえ、アドロジではサービスの詳細な情報はできるだけ公にしないようお願いをしており、インターネット上でもあまり多くの情報が公開されていないのが現状です。

しかし実は、アドロジのNASでは月に数百万円~1千万円以上の売上を上げている方も珍しくなく、成功者がたくさんいらっしゃいます。

より詳しい真相はアドロジの公式YouTubeチャンネルでも公開しているので、ご興味のある方はご覧ください。

アドロジの公式YouTubeチャンネルはこちら

放置で稼げるわけではない

成功者がいる一方で、システムを放置して簡単に稼げるわけではないのも事実です。

アドロジのYouTubeチャンネルで公開しているインタビュー動画をご覧いただくとよく分かるのですが、パートナー様の多くが、サポートを頼っていただきながら、コツコツとやるべき事を継続しておられます。

 

そのため、「何もせずに稼げる」「すぐに儲かる」など過度な期待を寄せすぎてしまうと、タイトルのように「儲からない」というイメージに繋がってしまう可能性もあるでしょう。

パートナー様がコツコツ継続して取り組み、なにかアクシデントやわからないことが発生したときにADOLOGIがサポートを行う。このようにADOLOGIとパートナー様の間で信頼関係を構築しながらビジネスを行なっています。

同業他社によるネガティブキャンペーンもある

先述した通り、アドロジのサービスの詳細はできる限り公にならないようお願いをしております。

そのため噂ばかりが一人歩きしてしまうケースがあるのも事実です。

また、アドロジやインターネットビジネスに限らず、インターネット上には他社の評判を落として自社のコンテンツへ誘導するサイトが未だに多数存在します。

こうしたサイトに流され、「儲からない」「怪しい」などといったイメージに繋がってしまうこともあると考えられます。

アドロジをやってみた人の評判を知る方法

アドロジを実際にやってみた人たちや、現在も取り組んでいるパートナー様からの評判は、以下のようなブログ記事にて定期的に取り上げご紹介しています。

また、繰り返しお伝えすることにはなりますが、アドロジの公式YouTubeチャンネルではアドロジがパートナー様へ独自にインタビューを実施し、リアルに語られている様子を定期的に公開しています。

アドロジの評判が気になる方は、ぜひ当ブログの記事やYouTubeチャンネルをご覧ください。

ADOLOGI(アドロジ)のNAS評判まとめ

株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジの会社概要は上記の通りです。

人気の物販システム「NAS」は、アドロジが長年積み上げてきた自社での物販事業の経験をもとに、ノウハウを惜しみなく詰め込んだ画期的な製品となっています。

また、会社概要にもあるように自社での通信販売やシステム開発のほか、広報・PR支援事業やコンサルティング、被災地支援などの社会貢献にも力を入れています。

アドロジの返金について気になった方

今回はアドロジが提供する物販システム「NAS」の返金や初期費用、噂の真相などについて詳しく解説しました。

特定商取引法に基づく表記」にもあるように、システム発行日から7日以内であればご相談を受けることが可能です。

また、それ以外の場合にもお困りのことがあれば5つのサポートサービスにて、パートナー様限定の手厚いアフターフォローを実施ていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

アドロジが儲からないから返金して!利用者ができる解決策とは

輸入物販アドロジのNASを利用していて「儲からないから返金してほしい」とお悩みではありませんか?

この記事では株式会社アドロジが返金してほしい時にできる解決策について詳しくお伝えします。

また、「アドロジが気になるけど、返金してほしくなったらどうしよう」と心配な方にも役立つ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

アドロジ「NAS」のシステム概要

アドロジが提供するNASは1日30分からでも始められる輸入物販の自動化システムです。

世界的にシェア率の高い大手ショッピングサイトへ商品を出品し、注文が入った後に直接購入者へ商品が送られる「ドロップシッピング」の形式を採用しています。

ドロップシッピングは在庫を抱えるリスクがほぼゼロであることから、物販の中でも人気の高いビジネスモデルです。

また、NASは売れ筋商品ばかりを販売するのではなく、少ないながらも需要のある商品までも取り扱うことで、息の長い戦略をとっているのも特徴となります。

このようなビジネスモデルと、できる限りの自動化を実現したシステムが「NAS」であり、効率化よく物販で稼げるというわけなのです。

NASの初期費用(加盟金)とロイヤリティはいくら?

初期費用 約6万円~/月
ロイヤリティ 1アカウントあたり2万円/月

NASの初期費用とロイヤリティは上記の通りです。

ただし現在はシステムの導入から1年間はロイヤリティが無料となります。

以下の記事でもNASの初期費用について触れているので、ご興味のある方はあわせてチェックしてみてください。

【ADOLOGI】NASの初期費用はいくら?システムの概要や費用をご紹介!

アドロジの特商法表記について

アドロジの会社ホームページを見ていただくと分かる通り、特商法についても記載しています。

返金したい場合にまず確認すべきは特商法の表記です。

アドロジでは、システム発行日より7日以内であれば返金の申告を行うことができるとしています。

特定商取引法に基づく表示

アドロジ「NAS」の導入費用は分割払いにも対応

アドロジの「NAS」は、各ユーザーのニーズに合わせるため、導入費用の分割払いに対応しています。

無理なくお支払いいただけるよう経済状況に合わせたプランをいくつか用意しているので、気になる方はオンライン説明会へご参加ください。

オンライン説明会では、NASの導入費用のほかにも詳細なビジネスモデルや、パートナー様の導入事例、システムの実演などを知ることができますよ。

アドロジ「NAS」のオンライン合同説明会の予約ページ

アドロジで返金してほしくなってしまう理由

なぜ画期的なアドロジのNASを利用して、返金してほしいと感じてしまうのでしょうか。

この項目では「返金してほしい」という結論に至ってしまう理由を一緒に考えてみましょう。

返金理由1.期待値が大きすぎて「儲からない」と感じた

アドロジの「NAS」は、物販事業にて累計売上10億円以上にものぼる経験によるノウハウを詰め込んだ、画期的な物販システムです。

しかし自動化システムとはいえ、1から100までの作業を自動化できるわけではありません。

過度な期待を寄せているとギャップを感じて「儲からない」「返金してほしい」という考えに至ってしまう要因となるでしょう。

出品する商品の登録作業や、数日に1件程度の売れた商品のお取り寄せ作業は手動となるため、予め理解が必要です。

返金理由2.ネガティブキャンペーンにつられてしまった

インターネット上には、どうしても他社の評判を落として自社商品へ誘導しようとするユーザーが一定数います。

こうした手段は「ネガティブキャンペーン」と呼ばれたりしますが、すでに費用を支払ったあとにネガティブキャンペーンを目にすると「返金してほしい」という考えに繋がってしまうこともあるでしょう。

NASの利用者様の中には、すでに成功者もたくさんいらっしゃいます。ぜひ諦めずに、一度サポートを頼ってみてください。

返金理由3.やってみたけど苦手な作業だった

NASは1日30分からの簡単な作業で取り組める物販ビジネスですが、基本的にはパソコンを使用することになります。

このため、パソコンを使った作業にどうしても苦手意識のある方は難しく感じてしまうことがあるかもしれません。

また、NASはコツコツと継続することが成功への近道となります。このようなスタイルが苦手な人にとっては「返金してほしい」と考える要因となってしまうでしょう。

アドロジの返金したい事態を防ぐには

アドロジで考えられる返金理由を挙げてみましたが、このような「返金したい」と考えに至ってしまう事態を防ぐには何をすべきなのでしょうか。

アドロジが提案する解決策は主に以下の3つです。

  1. 5つのサポートをフル活用する
  2. 目標となる成果が得られるまで継続する
  3. 周りのネガティブな反応に惑わされない

1.5つのサポートをフル活用する

「返金したい」「儲からない」このようにお悩みの方は、パートナー様専用に用意されている手厚いサポートをフル活用してみましょう。

専用サイト 物販事業の仕組みからシステムの利用方法まで、基本的な知識が学べる
メール 画像を用いて詳細を伝えられる
電話 緊急性の高いトラブルもすぐに相談できる
個別勉強会 実際の画面を一緒に見ながらサポートが受けられる
合同勉強会 成功している利用者様から話しが聞ける

アドロジにはこれだけのサポート体制が用意されていることをご存じでしたか?

もしもサポートを十分に頼っていなかったという方は、ぜひお悩みを打ち明けることから始めてみてください。

2.目標となる成果が得られるまで継続する

NASを利用する際に目標を設定した方は、まずは目標達成までコツコツと継続することを意識しましょう。

「目標を達成できるか不安」「設定した目標が適しているか分からない」このような方は、知識が豊富な担当スタッフへ気軽にご相談ください。

3.周りのネガティブな反応に惑わされない

NASに限らず、インターネットを利用したビジネスはどうしても、全く知識のない人からすると怪しく見えてしまいがちです。

また、中には先ほどお伝えしたネガティブキャンペーンの影響もあるかもしれません。

しかし次でご紹介するように、NASをご利用いただく多くの方がサービスに満足しています。

周りのネガティブな反応に惑わされることなく、成功を信じて進んでいきましょう。

アドロジの返金希望者が少ない理由

アドロジで返金を希望する人は、実はそれほど多くありません。

  1. 在庫を抱えないビジネスモデル
  2. 手厚いアフターフォロー
  3. 息の長いロングテール戦略

アドロジのNASの利用者満足度が高い理由は、これらの計算されたサービスと戦略があるためです。

在庫を抱えないビジネスモデル

物販でリスクとして第一に考えられるのが「在庫」です。

一般的な物販では「仕入れ→販売→発送」という流れになるため、販売に至ることができなければどんどん在庫が積み重なり、赤字が増えてしまいます。

しかしアドロジの物販は「販売→取り寄せ→購入者へ直接発送」の流れで商品販売が行われるため、基本的には在庫を抱えるリスクがほぼゼロというわけなのです。

このようなビジネスモデルはリスクを最小限に抑えられ、未経験の方でも取り組みやすくなっています。

手厚いアフターフォロー

アドロジではシステム導入後のアフターフォローに力を入れています。

これは導入費用やロイヤリティ(※)をいただくことによって実現できているサービスです。アドロジのパートナー様はサポートを遠慮なく利用していきましょう。

丁寧で手厚いアフターフォローも、返金希望者が少ない理由の1つです。

※ロイヤリティは1年間無料です。

息の長いロングテール戦略

物販というと売れ筋商品を狙うイメージが強い方もいますよね。

しかしアドロジのNASが取り扱うのは売れ筋商品ばかりではありません。

「数は少ないけれども需要はある」いわゆるニッチな商品も拾っていく戦略を取り入れています。

トレンドに左右されないビジネスモデルが、安心して取り組める理由の1つといえるでしょう。

インターネットビジネスで騙されないために

インターネット上にはでたらめな情報も数多く存在しています。

中には情報や知識に疎いユーザーを騙し、悪質なインターネットビジネスへ誘導するものもあるため注意が必要です。

  1. 起業情報をくまなく確認する
  2. 現実的なビジネスモデルであるかを調査する
  3. サポート体制が整っているサービスを選ぶ
  4. 成功者の声を見極める

安全にインターネットビジネスで稼ぐためには、上記4つのポイントに気をつけましょう。

企業情報をくまなく確認する

インターネットで商品やサービスを購入する際は、はじめに企業情報をくまなく確認することからはじめましょう。

企業サイトに怪しいところはないか、過去に不祥事を起こした事実がないかなど詳細を調べていきます。

万が一企業情報を調べていくなかで心配な要素がある場合は、慎重に判断をくだす必要があるでしょう。

株式会社アドロジの企業サイトはこちら

現実的なビジネスモデルであるかを調査する

インターネット上では「誰でも簡単に稼げる」「初心者でも月に〇〇万円」など、都合の良い謳い文句で誘導するサイトがたくさんあります。

そのような場合はまずビジネスモデルが現実的なものであるかを調べましょう。

説明会が実施されている場合は参加してみるのが有効的です。

WEBサイト上では語られていないビジネスの情報も、説明会では細かく説明してくれるケースがほとんどです。

サポート体制が整っているサービスを選ぶ

この記事の中でもご紹介したアドロジのサポート体制のように、サポートやアフターフォローの手厚さはとても重要です。

WEBサイトや説明会の中で、サポート体制やアフターフォローに関して説明がなければ注意する必要があります。

何も説明がない場合、一度問い合わせてみるのがおすすめです。

成功者の声を見極める

インターネットビジネスに限らず「成功者の声」「口コミ」「評判」などは多くの企業が取り入れ公開しています。

しかしそれが本当の声であるかはしっかりと見極める必要があるでしょう。

たとえば株式会社アドロジのYouTubeチャンネルでは、実際にNASを利用しているパートナー様へインタビューを実施し定期的に投稿しています。

YouTubeでは口コミや評判が挙がっていることもあるため、気になるビジネスがあれば調べてみるとよいでしょう。

アドロジのYouTubeチャンネルはこちら

株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジの会社概要をまとめました。

アドロジはNASなどのシステム開発だけでなく、自社でも物販事業を手掛けるプロ集団です。

これまでの実績を活かしたシステム開発や、コンサルティング、広報・PR支援サポートなどを通して困っている事業者様の手助けを行っています。

また、アドロジでは「子育てへの関わり」「被災地支援」「地球環境への取り組み」の3つを軸とした社会貢献活動にも取り組んでいます。

アドロジをやってみた人の口コミ・評判

 

アドロジが運営する当ブログでは、口コミや評判を独自に調査した結果を記事で公開しています。

また、アドロジのYouTubeチャンネルでも、これまでに実施した9名のインタビュー動画をまとめたものも公開中です。

アドロジの口コミや評判は実際の利用者様のお話が一番参考になるかと思いますので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

2023年最新!アドロジ NASの評判と実際の使用感

株式会社ADOLOGI(アドロジ)は怪しい?転職情報や口コミ評価について解説

アドロジの返金に対する解決策まとめ

この記事ではアドロジのNASを利用していて「返金してほしい」と感じてしまった場合の解決策について、株式会社アドロジが詳しく解説しました。

NASは未経験者の方や1日30分からの短時間の作業でも取り組めるシステムですが、積極的な情報収集やコツコツと継続すること、そして何よりもアドロジのサポートをフル活用していただくことが成功への近道です。

せっかく導入したシステムですから、ぜひサービスをフルに利用して一緒に成功を目指しましょう。

アドロジが解説!アドロジやってみたけど返金してほしい人がやるべきこと

この記事では株式会社アドロジが提供する「NAS」の返金について、自社であるアドロジが詳細を分かりやすく解説します。

アドロジの「NAS」は輸入物販の画期的なシステムですが、中には思うように稼げず「上手くいかないから返金してほしい」と感じている方もいるかもしれません。

アドロジで返金可能なケースや返金が難しいケース、返金してほしい時にやるべきことなどについてお伝えするので、お困りの方は参考にしてみてくださいね。

アドロジの返金が可能なケース

そもそも「アドロジは返金してくれるのか」と疑問に思われている方もいるでしょう。

まずチェックしておきたいのが、アドロジの「特定商取引法に基づく表記」です。

当該ページをご覧いただくと分かるように、返品・交換の項目で「システム発行日から7日以内」との表記があります。

アドロジに限らず、このようなサービスの返金基準は企業やサービスによって大きく異なりますが、少なくともアドロジではシステム発行日から7日以内であれば申告の受け付け自体は可能です。

詳しい内容についてはお早めにお問い合わせください。

特定商取引法に基づく表示

アドロジの返金が難しいケース

アドロジで返金の申告が可能なケースは把握できたものの、一方で返金が難しいケースも気になりますよね。

NASをご利用いただいている方の多くは前向きにシステムを活用いただいているため、実は返金の実例があまりないのが現状です。

この項目では、返金が難しい可能性があるケースについて例を考えてみましょう。

返金が難しいケース1.客観的にみて個人差の範疇となり得る理由

例えば「契約前に受けた説明と事実が全く異なる」ということであれば、返金希望を申し出る余地はあるでしょう。

しかし単に「稼げない」と感じているなど「稼げない」の基準が曖昧である場合は、返金が難しい可能性があるかもしれません。

何事にも当てはまりますが、このようにサービスや商品を利用した後の返品・交換・返金を申し出る際は、客観的にみて認められるような理由でなければ返金が難しいことがあります。

返金が難しいケース2.サポートを活用していない

アドロジの「NAS」におけるサービスの特徴として手厚いサポート体制が挙げられます。

専用サイト 物販事業の仕組みからシステムの利用方法まで把握できる
メール 画像を交えながら詳細を伝えられる
電話 分からないことやトラブルなどすぐに相談できる
個別勉強会 実際の画面を一緒に見ながらサポート
合同勉強会 成功している利用者様から話しが聞ける

アドロジの利用者様は、契約している限り上記5つの手厚いサポートを制限なく受けることが可能です。

アドロジで成功されている方はこれらのサポートをフルに活用し、なお且つコツコツと継続されている傾向にあります。

用意されているサービスをフル活用することで状況が一変することも多いことから、サービスを存分に利用していない状況での返金は難しい可能性が考えられるでしょう。

返金が難しいケース3.作業内容が不十分

アドロジのNASは、輸入物販に必要な作業を自動化する画期的なシステムですが、1から100すべての作業を任せられるわけではありません。

また1日30分や2時間程度の短時間から始められますが、手動でやるべきこともあります。つまり、やればやるほど成功するまでの期間が早まるというわけです。

このことから、作業内容が不十分である場合は返金理由として不十分と捉えられるケースもあるでしょう。

なぜ?アドロジで考えられる返金理由

アドロジのNASは元々利用者様による満足度が比較的高いサービスです。

しかし人によって100人いれば100通りの感じ方があるため、わずかながら返金を求めるケースもあります。

そもそもなぜ、アドロジで「返金してほしい」という考えに至ってしまうのでしょうか。この項目ではアドロジで考えられる3つの返金理由について解説します。

返金理由1.期待が大きく「儲からない」と感じた場合

「返金が難しいケース」でも触れましたが、アドロジのNASは全自動というわけではありません。

そのため「楽に稼げる」「すぐに稼げる」など、システムに対して過度な期待を寄せてしまった結果「儲からない」と感じてしまうこともあるのです。

このように契約前のイメージと大きなギャップを感じたことが、返金を希望する理由の1つとして挙げられます。

返金理由2.やってみたけど合わないと感じた場合

アドロジのNASはパソコン1台で取り組める輸入物販ビジネスです。これは大きなメリットと言えますが、人によってはデメリットとしても捉えられます。

とくにパソコンの基本操作も難しいほど苦手意識をお持ちの場合には、「やってみたけど、やっぱり合わない」と感じ、続けられず返金を考えてしまう理由となるでしょう。

アドロジでは実際の画面を見ながらオンラインでお教えすることもできるので、お困りの方はぜひサポートを活用してみてください。

返金理由3.初期費用の支払いが厳しくなってしまった場合

システムの導入には初期費用がかかります。分割払いをすると月々約6万円からの支払いが可能ですが、決して安い金額ではありません。

このため、ご家庭の経済状況が悪化した場合など、毎月の支払いが厳しくなることも返金理由の1つとして考えられるでしょう。

アドロジで返金してほしい時にやるべきこと

アドロジを利用していて「返金してほしい」と感じた時にやるべきことについて解説します。

サービスや商品の返品・交換・返金は時間が経過するほど難しくなりますので、真っ当な理由がある場合には早めに担当者へ連絡しましょう。

なお、以下の記事ではアドロジの解約方法など、よくある質問にお答えしています。気になる方はあわせてチェックしてみてください。

「アドロジのNASの解約方法は?」よくあるご質問

可能な限りシステム発行日から7日以内に連絡

アドロジの特商法表記には「システム発行日から7日以内」と記載があります。

このため、可能な限りシステム発行日から7日以内に連絡をしてください。

また、一部でもサービスを利用していると返金が難しくなってしまうことがあるため注意しましょう。

契約前の説明と全く異なる場合

契約前の説明と事実が全く異なる場合も、まずは速やかに担当者へ問い合わせましょう。

アドロジで契約をした際にお伝えしたお問い合わせ窓口か、サポートセンターへご連絡ください。

コツコツと継続し成功を目指すのも手

  1. 作業内容が不十分だった
  2. サポートサービスを全く活用していなかった
  3. やるべきことをやっていない、もしくはやるべきことが分からない
  4. 継続的な作業ができていない

上記に当てはまる場合、いつものルーティンを少し変えるだけで状況が好転する可能性があります。

「全然儲からない」「上手くいかない」とお悩みの方は、まずサポートをフル活用し、知識が豊富な担当スタッフを頼ってみるのも1つの手段です。

アドロジの「NAS」実は成功者も多い

本記事ではアドロジの「返金」に特化した内容であることから、どうしてもポジティブな印象が持ちにくくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし実際は、アドロジの利用者様の多くは画期的なシステムに満足し、前向きに取り組まれています。また、成功者がたくさんいるのも事実です。

この項目ではアドロジのNASで成功するためのポイントを3つに分けてお伝えします。

1.やるべきことを継続する

アドロジに限らず、ビジネスの成功者はやるべきことを地道に継続することで成功を手にしています。

とくに物販ビジネスは軌道に乗るまで、あるいは利益が発生するまでに数ヶ月以上もの時間を要することも珍しくありません。

アドロジのNASをはじめて間もない方は、目標達成までコツコツと継続することを心掛けてみましょう。

2.自分で積極的に行動することも成功への近道

NASは輸入物販に必要な作業を自動化するシステムですが、売れた商品の動向を追ったり、分析することも重要です。

例えばセール時期を調整したり、取扱い商品の構成を見直すだけでも新たな発見があるかもしれません。

また、失敗した場合には失敗体験を振り返り、改善を試みることが成功の鍵となります。

システムに任せっきりにするのではなく、時間がある時には自分でも積極的に行動してみてください。

3.5つのサポート体制を最大限に活用しよう

何度かお伝えしていることになりますが、アドロジのサポート体制はとても手厚く整えられています。

状況に合わせてサポート手段が選べるので、遠慮せずフルに活用していきましょう。

なぜ「返金」「儲からない」の噂が出てきたのか

アドロジや「NAS」を調べていると、検索エンジン上では「返金」「儲からない」といったキーワードも一緒に検索されていることが分かります。

しかし実際に目にするのはポジティブな評判や口コミばかりです。

ではなぜ「返金」「儲からない」などの噂が出ているのでしょうか。考えられる理由は主に2つあります。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

サービスの詳細情報が公になっていない

ネガティブな噂が出回る理由の1つとして考えられるのが、インターネット上で見つけられる利用者の情報が少ないということです。

アドロジのNASでは、すでにお金を支払ってサービスをご利用いただいている方がたくさんいます。また、利用者様のことを考慮し、システムの仕組みや戦略など詳細をできるだけ公にしないようお願いしております。

「稼げているのか」「どのような作業内容なのか」といった情報も出回りにくいことから、噂が一人歩きしてしまっている可能性が考えられるでしょう。

誤った情報や他社によるネガティブキャンペーン

もう1つネガティブな噂が出回る原因として考えられるのが、認識の違いから誤った情報が出回っているケースや、同業他社によるネガティブキャンペーンが出回っているケースです。

とくにインターネット上にはアドロジに限らず、同業他社のネガティブな噂を流布し自社の商品に誘導する記事も多いため、インターネット上にある情報を鵜呑みにしないよう注意しましょう。

NASを提供する株式会社アドロジの会社概要

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

株式会社アドロジは平成27年10月に栗原政史が代表取締役となって設立されました。

自社で手掛けた輸出入を伴う通信販売事業では、累計売上金額が10億円以上にものぼり、人気物販システム「NAS」の開発に活かされています。

現在は物販に伴うシステム開発をはじめとして、コンサルティングや広報支援・PR支援など幅広い事業を手掛けているほか、被災地支援や知育玩具の企画など社会貢献にも積極的です。

アドロジが提供する「NAS」の実態

最後に、「NASを導入していないけど、気になってこの記事に辿り着いた」という方に向けて、アドロジが独自に開発し提供する「NAS」の実態について簡単にご紹介します。

NASは世界的シェアを誇る大手ネット通販サイトを主な舞台として、輸入販売を大幅に効率化するシステムです。

パソコンに導入することで稼働し、登録した商品情報の自動抽出や競合製品を分析したうえでの価格調整、在庫管理などの自動化ができます。

フランチャイズ形式での契約であるものの、1人で且つパソコン1台で始められるため低コストで開業できるのも大きなメリットです。

ポイント1.初期費用は月約6万~分割払いor一括払いに対応

NASの初期費用は一括払いか分割払いから選択が可能です。

分割払いの場合は月々約6万円から支払いができますが、そのほかにもニーズに合わせたプランをいくつかご用意しています。

詳細はオンライン説明会にてご説明していますので、ご興味があればぜひ一度ご参加ください。

ポイント2.2023年前期のIT導入補助金の対象にもなっている

アドロジのNASは2021年、2022年、2023年前期と3年度連続でIT導入補助金の対象となっており、ITツールとして正式に認められています。

2023年後期については2023年9月19日の執筆時点で始まったばかりなので、気になる方はIT導入補助金の公式サイトをチェックしてみてください。

ポイント3.ロイヤリティは1年間無料

アドロジではフランチャイズ形式でNASの契約を行うため、毎月1アカウントあたり2万円のロイヤリティを頂戴しております。

ただし開業後すぐの作業に集中していただくため、契約から1年間はロイヤリティが無料です。(※)

※キャンペーンの終了時期は未定

アドロジの評判を確認する方法

YouTubeのアドロジ公式アカウントでは、NASの利用者様へ独自にインタビューを実施し定期的に更新しています。

インターネット上ではなかなか見られない、利用者様の失敗談から現在の利益までお伺いしておりリアルな評判が確認可能です。

メディア出演させていただいた際の映像も一部公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

なお、以下の記事でもNASの評判についてご紹介しています。

売らないネットショップ(NAS)の評判は?ユーザーの体験談をご紹介!

アドロジのYoutube公式チャンネルはこちら

アドロジの返金についてのまとめ

今回はアドロジ「NAS」の返金について、株式会社アドロジがどこよりも詳しく解説しました。

アドロジに限らず、サービスや商品の多くは時間が経過するほど返金などが難しくなってしまうので、お困りの方はまずお問い合わせ窓口か、カスタマーサービスへ連絡してみましょう。

また、アドロジの利用者様専用サポートをまだ使ったことがない方は、ぜひアドロジならではの手厚いサポートをご利用ください。

少しの設定やルーティンを変えるだけで、前向きな結果が得られるかもしれません。

NASシステムは儲からない?やってみた人への独自インタビューから評判を徹底分析

NAS(旧:NASシステム)は、株式会社アドロジが提供する輸入物販システムです。

パソコン一台で取り組める手軽さから個人事業主や法人、主婦まで幅広い方たちの新たな収入源として注目されています。

NASの導入を検討するうえでは、

実際は儲からないのではないか?

利用者による口コミはないのか?

など、気になる方もいるでしょう。

そこで本記事では、NASを開発・提供している当社アドロジが独自インタビューを実施した結果を分析し、評判や口コミの真相を徹底的に追及しました。

費用やメリットデメリットにも触れていますので、NASにご興味のある方はぜひ参考にしてください。

アドロジが解説!NASシステムの概要

デスクに置かれたパソコンと資料

そもそもNASとは何なのかよく分かっていない方もいますよね。

NASは自社でも物販事業を手掛けている株式会社ADOLOGI(アドロジ)が独自に開発した、輸入物販の自動化システムです。

具体的には大手通販サイトへ出店し、ドロップシッピングという形で注文を受けた後に海外から商品を仕入れ、発送を行います。

在庫を抱えるリスクがなく、1人で始められることから初期費用を大幅に抑えられるのが特徴です。

また、出品する商品情報の抽出や競合の分析、在庫管理、価格調整など物販ビジネスで時間を要する作業が自動化されるため、未経験でも取り組めるというメリットもあります。

初期費用は6万4,000円~

NASの初期費用(導入費用)は一括払いと分割払いから選択できます。

例えば分割払いをした場合の初月の支払いは6万4,000円~、以降は毎月6万500円~の支払いです。

具体的な費用の詳細はオンライン合同説明会でお伝えしていますが、各ご家庭の経済状況に合わせたプランをいくつか用意していますので、お気軽にご相談ください。

なお、アドロジのパートナー費用については以下の記事でも詳しく解説しています。

アドロジのパートナー費用はいくら?類似サービスとの違いや口コミ・評判

NASの契約はフランチャイズ形式

NASはフランチャイズ形式でアドロジと契約するため、毎月ロイヤリティの支払いが必要です。

費用は1アカウントあたり月額2万円(税抜)ですが、導入してから1年間はこのロイヤリティが無料となります。

フランチャイズ契約を行ううえでは費用面が心配だという方も少なくありません。

ロイヤリティを一定期間無料にすることで、ある程度収入が得られるようになるまでしっかりと事業に集中できます。

独自の戦略で堅実に稼ぐビジネスモデル

物販といえば「売れる商品を探す」というイメージを持たれている方も多いでしょう。

しかしアドロジのNASでは売れ筋商品ばかりの販売は行いません。

売れる頻度は低いけれど高単価な商品、いわゆるニッチな商品を徹底的に拾うイメージで販売していくため、価格競争をできる限り避け、息が長く続く戦略を取り入れています。

NASは儲からない?やってみた人への最新インタビューによる評判

お金を手にしている男性

NASはパソコンにシステムを導入して取り組む、人気の輸入物販ビジネスです。

しかし利用者による口コミが少ないことから、「本当は儲からないのでは?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

この項目ではアドロジが利用者様へ独自にインタビューを行った内容から、判明した評判を詳しくまとめました。

メリットだけでなくデメリットや失敗体験についても伺っているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお以下の記事では、NASの口コミや評判についてより詳しく解説しています。

NASの口コミ・評判を徹底検証!本当に稼げる?怪しい?

専業主婦の利用者様「時間と場所にとらわれないのが良い」

はじめにご紹介するのは専業主婦をされている加藤様へのインタビュー動画です。

専業主婦ということもあり、1日の中でNASのために空けられる時間はトータルで3時間~4時間前後。この時間内での作業で、最近の月商は100万円前後、利益率は20%くらいとのことでしたので、とても順調に思われます。

システムに慣れるまでに時間を要したものの、サポート対応が紳士的だったと嬉しいお言葉をコメントしてくださりました。

フリーランス美容師の利用者様「費用がかかるので最初は不安だった」

続いてご紹介するのは、フリーランスで美容師をされている前田様からの評判です。

きっかけはコロナ禍での売上の悪化でしたが、説明会に参加された際の当社の対応や「自分を変えたい」という気持ちから導入に踏み切ってくださりました。

また、導入当初は初期費用がかかることから、費用面の不安があったとも仰っています。

システムに慣れるまでは休日を1日使って作業をしていたものの、基盤が整ってからは1日あたり30分程度の作業時間で済んでいるとのことです。

重量のある商品の返品が発生し送料などで赤字になってしまった経験もありますが、すぐにサポートを頼っていただき、去年の純利益は150万円ほどと軌道修正に成功されています。

飲食業の利用者様「持て余していた時間を自由に有効活用できる」

飲食業を経営されている星野様についても、NAS導入のきっかけはコロナ禍での売上悪化です。

はじめに説明会に参加された率直な感想として、「自分の好きなペースで進めていけるのがありがたい」と仰っています。

星野様は導入されたのがコロナ真っ只中の時期だったこともあり、契約から半年ほどは手を付けられずにいました。しかし最終的にはしっかりと作業を進めていただき現在に至ります。

NASの年商は500万円~600万円前後で、現状の利益率は約10%。注文が入ったものを探すのに時間がかかったりすることもあると仰られていますが、サポートを利用しながら無理なく取り組んでいただいているところです。

保険代理店の利用者様「サポートに相談して以降は赤字がない」

今回最後にご紹介するのは、保険代理店に勤められている谷藤様からの評判です。

保険業界の縮小を懸念し、別途収入の柱となるものを探していたところでNASを導入していただきました。

谷藤様はNASで3店の運用をされており、去年の売上は各店500万円~600万円、合計2,000万円弱もの売上を上げられています。

導入当初は3時間~4時間の作業時間を要していたものの、現在は朝の1時間程度で作業を終えられているそうです。

慣れていない頃に輸入の手数料や送料を考慮せずに販売し、赤字になってしまった経験もありますが、後日サポートへ相談をいただいて以降は赤字がないとのことでした。

NASは儲からない?年商や利益率は人によって大きく異なる

パソコンの前で考えている男性

NASの導入を検討している方の懸念として「本当に稼げるのか」「儲からないのではないか」といった稼ぎに関する心配があるかと思います。

しかしここまでご紹介した実際の利用者様からの評判を見ていただくと分かるように、年商でいうと500万円~950万円前後、利益率でいうと10%~20%と、人によって成果はさまざまです。

また、アドロジのインタビュー動画は本記事で掲載している以外にも多数あり、中には年商2,000万円以上の方もいらっしゃいます。

オンラインで参加可能な合同説明会では、導入された方の実績も詳しく公開しておりますので、まずはお気軽に説明会へご参加ください。

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

NASの評判から見える3つのメリット

NASのメリット

実際にNASを利用している方による評判から見えるメリットを以下の3つにまとめました。

  1. パソコン1台で短時間から始められる
  2. 在庫不要で初期投資を抑えられる
  3. サポートが手厚く安心して作業できる

パソコン1台で短時間から始められる

フランチャイズ契約と聞くと、店舗を持たなければならないイメージを持っている方もいるでしょう。

しかしNASはフランチャイズ契約でありながら、パソコン1台で完結するビジネスモデルとなっています。

つまり店舗を持たずに自宅などの好きな場所で作業ができますので、副業や兼業を希望される方にもおすすめできるでしょう。

インタビューでも、「場所や時間にとらわれないのが良い」と評判でした。

在庫不要で初期投資を抑えられる

NASは、世界的なシェア率を誇る大手通販サイトを利用したドロップシッピング形式の物販ビジネスです。

ドロップシッピングは仕組み上注文を受けてから発注し、自宅を経由せずに購入者へ商品を届けます。

このようにパソコン1台で始められる手軽さに加え、在庫を抱えるリスクがほぼないことから、一般的なフランチャイズ事業よりも初期費用を大幅に抑えられる点が大きなメリットです。

サポートが手厚く安心して作業できる

個別オンライン研修 実際の画面を用いて専門知識を持った担当者が改善点をアドバイス
合同勉強会 大きな売上を実現している契約者様に直接質問が可能
電話サポート 疑問点をすぐに解決できる
サポートサイト 物販事業の仕組みやシステムの使い方までの詳細なノウハウを網羅
メールサポート 画像付きで詳細な相談ができる

NASはフランチャイズ契約です。そのため上記5つのサポート体制を軸として、契約がある限り継続的に手厚くサポートを行います。

インタビューでも多くの方が口にされていたように、手厚いサポートで安心して作業を進められるのもメリットです。

NASの評判から見える2つのデメリット

NASのデメリット

NASの導入費用は決して安い金額ではありません。リアルなデメリットもしっかりと理解したうえで導入を検討しましょう。

  1. 初期費用・ロイヤリティが必要
  2. 輸入販売のため送料や手数料を考慮する必要がある

NASの評判から見えるデメリットは上記の2つです。

なお、以下の記事では輸入物販の失敗事例を交え、物販ビジネスで失敗を避けるコツについて解説しています。

輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

初期費用・ロイヤリティが必要

「フランチャイズ」というビジネス形態は、ノウハウやブランド力、手厚いサポートを活用できる代わりに本社に対して対価(ロイヤリティ)を支払うという仕組みになっています。

フランチャイズ形式を採用しているNASも例に洩れず、契約後は1アカウントあたり月額2万円(税抜)のロイヤリティとシステム導入に関わる初期費用が必要です。

ただし初期費用は分割払いに対応し、ロイヤリティは契約から1年間無料となっています。開業の際はクレジットカードが必要となるため、人によっては導入が難しいこともあるでしょう。

輸入販売のため送料や手数料を考慮する必要がある

NASは輸入物販ビジネスなので、商品の買付は海外の大手ショッピングサイトから行います。

ここで意外な盲点となりがちなのが、海外からの送料や手数料です。

インタビューを受けてくださった方も失敗談としてお話ししてくださりましたが、国内の通販で販売する際は、送料や手数料などの経費も踏まえて販売の判断を行わなければ赤字となってしまいます。

NASを導入いただいた方にはシステムの設定方法もお教えできますので、少しでも不安があればすぐにサポートを頼ってください。

NASの運営会社「アドロジ」ってどういう企業?

会社名 株式会社ADOLOGI(ADOLOGI inc)
設立日 平成27年10月27日
資本金 10,000,000円
代表取締役 栗原 政史
電話番号 03-5244-9650
本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
事業内容 輸出入を伴う通信販売
輸出入・通信販売コンサルティング
広報・PR支援サポート
システム開発

輸入物販システム「NAS」を独自に開発した株式会社ADOLOGIは、平成27年10月に代表取締役の栗原政史によって設立された企業です。

もともと自社での物販事業を手掛けており、これまでの累計売上額は10億円以上にものぼります。

こうした物販事業でコツコツと積み上げた実績とノウハウを以て開発されたのが「NAS」というシステムです。

また、通信販売や広報・PR支援だけでなく、「子育てへの関わり」「被災地支援」「地球環境への取り組み」を軸とした社会貢献活動も積極的に行っています。

アドロジでは物販事業による経験を活かし、以下のような物販に役立つ情報も発信中です。

アドロジが教えるAmazonでアカウント停止にならない方法

NASを導入するまでの流れ

オンラインで説明を行うスーツの男性

NASを導入する流れを簡単な3STEPにまとめました。

STEP1.オンライン説明会に参加
STEP2.必要に応じて個別相談会を実施
STEP3.契約、アフターフォロー

なお、説明会の参加からご契約までの期間は概ね3週間前後が目安となっています。

STEP1.オンライン説明会に参加

NASが気になる方は、無料かつオンラインで参加ができる合同説明会をご予約ください。

説明会ではアドロジという会社の詳細や、NASの仕組み、導入実績や具体的な作業フローなどを公開しています。

また、実際のシステムを利用した場面も確認可能です。もちろん無理な勧誘などは一切ありません。

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

STEP2.必要に応じて個別相談会を実施

説明会を実施後、より詳細な情報が欲しい方、導入にあたって不安や疑問がある方には個別の相談会を実施いたします。

担当者と1対1で対話を行うため、人前では聞けなかった些細なことでもお気軽にご相談ください。

なお、個別相談会に参加した結果、参加するか否かを決定するのは参加者様となります。決定する間にも不明点があれば何度でも相談いただいて構いません。

STEP3.契約、アフターフォロー

説明会や個別相談会へ参加し、契約をご決断いただいた場合には担当者へご連絡ください。

契約の締結や費用のお振込み、開業手続きへ移ります。

システムの導入後も5つのサポート体制を軸に手厚くアフターフォローを行いますので、遠慮なく頼っていただき担当スタッフと二人三脚で成果へと繋げていきましょう。

アドロジのNASシステムに関するよくあるQ&A

質問する人と答える人

アドロジのNASに関する疑問をQ&A形式でまとめました。

  1. NASは稼げますか?
  2. 費用の分割払いはできますか?
  3. NASは解約したい時に解約できますか?
  4. NASの導入費用で助成金・補助金は使えますか?
  5. 製品名はアドロジ?NASシステム?

今回は上記5つの疑問に当社が回答しています。なお、以下の記事でもアドロジに関するよくある質問をまとめていますので、気になる方は併せて参考にしてみてください。

「アドロジのNASの解約方法は?」よくあるご質問

Q.NASは稼げますか?

A.「稼げる」の感じ方は人によって異なるため、一概に断言することはできません。しかし根気強くやるべきことを継続いただいた方は、しっかりと利益を上げられている印象です。

Q.費用の分割払いはできますか?

A.分割払いへの対応は可能です。ニーズに合わせて複数のプランをご用意しています。

Q.NASは解約したい時に解約できますか?

A.はい、ビジネスが合わなければご解約いただけます。申し込み後にお伝えするお問い合わせ窓口、もしくはサポートセンターへご連絡ください。

Q.NASの導入費用で助成金・補助金は使えますか?

A.株式会社アドロジのNASは、IT導入補助金「2021」「2022」「2023」で導入支援事業者として採択されており、補助金の対象です。

IT導入補助金の詳細は下記ページをご確認ください。

Q.製品名はアドロジ?NASシステム?

A.「NAS(Netshop Automation Shipping)」がシステムの名称となります。アドロジは会社名(株式会社アドロジ)です。

NASシステムの評判まとめ

今回はアドロジが開発する輸入物販システムの「NAS」について、独自インタビューの内容を分析し、評判やメリット・デメリットなどについて詳しくお伝えしました。

インタビューの内容からも分かるように、実際にシステムを導入し利益を上げられている方はたくさんいらっしゃいます。

また、NASではすでにお金を支払ってご利用いただいている方が多いことを踏まえ、サービスの詳しい情報は公にしないようお願いしているのが現状です。

無料の合同説明会にてビジネスモデルからシステムの内容、費用まで詳しくお伝えしていますので、ご興味のある方はぜひお気軽に説明会へご参加ください!

NASオンライン説明会の予約フォームはこちら

アドロジ直伝!返金してもらう方法【Amazon編】

「Amazonで購入したら商品で傷がついていた」「商品届いたら違うものだった」

という経験はないでしょうか?Amazonで購入したはいいけど、返金対応ってどうやるの?という多いのに意外と分かりにくい、Amazonの返金方法について本日はご紹介します。

Amazonの返金について

Amazonの返金方法についての詳細なガイドが公式では以下に示されてます。このガイドは、Amazonでの返金プロセスを理解し、スムーズに返金を受け取るための手順を提供することを目的としています。

返品・返金の基本

Amazonでは、商品に欠陥がある場合や誤って注文した商品を返品することができます。返品を受け付けられる期間や条件は、商品や販売者によって異なる場合があります。

返品の条件

  • 商品到着後30日以内に返品手続きを開始する必要があります。
  • 商品は未使用の状態で、オリジナルの包装に入れて返送する必要があります。
  • 一部の商品(食品、化粧品、下着など)は衛生上の理由から返品が受け付けられない場合があります。

 返品手続きの開始

  1. Amazonの「注文履歴」ページにアクセスします。
  2. 返品したい商品の隣にある「返品または交換する」ボタンをクリックします。
  3. 返品の理由を選択し、必要に応じて詳細を入力します。
  4. 返品の方法を選択します。Amazonが提供する返品ラベルを使用するか、自分で返送するかを選べます。
  5. 返品ラベルを印刷し、商品と一緒に箱に入れます。

 商品の返送

  • Amazonが提供する返品ラベルを使用する場合、指定された方法で商品を返送します。
  • 自分で返送する場合、追跡番号を取得することをおすすめします。

 返金の受け取り

商品がAmazonに到着し、返品が受け付けられると、返金が開始されます。返金は、元の支払い方法に戻されます。クレジットカードの場合、返金には数日から数週間かかる場合があります。

注意点

  • 一部の商品は、返品手数料がかかる場合があります。
  • 返品の際に商品が損傷していた場合、返金額が減額されることがあります。
  • Amazonマーケットプレイスの販売者から購入した商品の返品には、販売者の返品ポリシーが適用されます。

アドロジ流、Amazonの返金テクニック

Amazonの返金方法をうまく利用するためのヒントやアドバイスを以下に示します。これらのヒントは、返品・返金プロセスをスムーズに進めるためのものです。

1. 商品の状態を確認する

  • 商品が届いたらすぐに内容物を確認し、欠陥や破損がないかをチェックします。
  • 商品の状態や梱包を写真に撮っておくと、返品の際の証拠として役立ちます。

2. 返品期限を確認する

  • Amazonの標準的な返品期限は商品到着後30日以内ですが、販売者や商品によって異なる場合があります。
  • 期限内に返品手続きを開始することが重要です。

3. 返品理由を明確にする

  • 返品理由を正確に選択することで、返品手数料が免除される場合があります。
  • 商品に欠陥がある場合や誤送された場合は、その旨を明記します。

4. Amazonカスタマーサポートと連絡を取る

  • 不明点や問題が発生した場合、Amazonのカスタマーサポートに連絡することで解決のサポートを受けられます。
  • チャットや電話でのサポートが利用できるので、迅速に対応してもらえます。

5. 返品ラベルを正確に使用する

  • Amazonが提供する返品ラベルを使用することで、返送時の送料が免除される場合があります。
  • ラベルを正確に印刷し、指定された方法で商品を返送します。

6. 追跡番号を取得する

  • 商品を返送する際は、追跡番号を取得することをおすすめします。
  • 追跡番号があると、商品の配送状況を確認でき、返品の進行状況を把握することができます。

7. 返金の確認

  • 商品がAmazonに到着した後、返金が正確に行われるかを確認します。
  • 返金が遅延している場合や、正確な金額が返金されない場合は、カスタマーサポートに連絡します。

 

Amazonの返金方法をうまく利用するためには、商品の状態の確認や返品期限の確認など、いくつかのポイントに注意する必要があります。上記のヒントを参考にして、返品・返金プロセスをスムーズに進めることができます。

Amazon返金するためのまとめ

Amazonでの返品・返金は、上記の手順に従って進めることで、スムーズに返金を受け取ることができます。商品の状態や返品の理由によっては、返金が受け付けられない場合や返金額が減額される場合があるため、返品の際は注意が必要です。

このガイドは、Amazonの返金方法に関する基本的な情報を提供することを目的としています。具体的な返品・返金の条件や手順は、Amazonの公式サイトや販売者の情報を参照してください。

低コストで開業できる業種ランキングTOP5!資金0円で開業も!?

低コストで開業できる仕事であれば、すぐに開業できるだけでなく費用面における失敗のリスクを軽減できるのも大きなメリットです。

本記事では、低コストで開業できる業種をランキング形式で5種類ピックアップしました。

低コストで開業できる業種を選ぶメリット

「開業」と聞くと高額な初期費用が必要なイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし実際にはお金をほとんどかけずに起業できる業種もたくさんあるのです。

  1. すぐに開業しやすい
  2. 初期投資の早期回収が実現しやすい
  3. 費用面でのリスクを軽減できる

さらに、低コストで開業できる仕事にはこれらの大きなメリットがあります。

すぐに開業しやすい

開業に莫大な資金が必要な業種の場合は、それだけ貯蓄をしなければならないため開業に至るまで時間がかかります。

しかし低コストで開業できる業種であれば必要なお金を貯めるまでの時間を短縮でき、結果として開業までの時間も早められるのがメリットのうちのひとつです。

初期投資の早期回収が実現しやすい

開業時にかけた費用が高額であるほど開業後の利益で回収するまでに時間を要したり、時には困難になってしまったりすることもあるでしょう。

一方で開業時にかけた費用が少なければ、少ない利益でも費用の回収が容易となります。

費用面でのリスクを軽減できる

万が一事業に失敗してしまった場合、借り入れがあると莫大な損失を被ってしまいます。借り入れが無かった場合でも、時間をかけて貯めた自己資金がすべて無くなってしまうのはかなりの痛手です。

しかし低コストで開業すれば、万が一事業に失敗しても費用面におけるリスクは最小限に抑えられます。

低コストで開業できる業種おすすめランキングTOP5

それでは低コストで開業できるおすすめの業種をランキング形式で5つご紹介します。

各業種の始め方も簡単にお伝えしているので、気になるものがあればぜひ挑戦してみてください。

1位:WEBライター

WEBライターはパソコンさえ持っていればすぐに仕事を見つけて業務に取り組めます。

また、未経験でも単価の低い案件であれば比較的仕事を獲得しやすい傾向にあるため、最初は実績作りから進めて徐々に単価アップに挑戦していくのがよいでしょう。

報酬や依頼内容は依頼主によって大きく異なるため、希望の働き方ができる、希望のテーマで執筆できる募集を探すと業務の進行がスムーズです。

WEBライターはタイピングが得意な方、文章を考えることが得意な方におすすめできます。

  • WEBライターの始めるには
  1. スキルシェアマーケットへのサービス出品(ココナラなど)
  2. クラウドソーシングからの案件応募(クラウドワークスなど)
  3. 求人サイトからの応募

WEBライターはこれらのサイトを利用して自分からサービスを出品するか、案件の募集を探すことで仕事を獲得できます。

求人サイトやクラウドソーシングサイトでは、テストライティングを実施したうえで採用された場合に仕事獲得となることが多いです。

2位:無店舗で開業できるフランチャイズ

フランチャイズというと「店舗を設置して内装工事をして…」とイメージされる方も多いでしょう。

しかしなかにはキッチンカーでの販売や小物の修理、ハウスクリーニング、出張買取など、店舗を持たずに開業できるフランチャイズも実は意外とたくさんあります。

1位でご紹介したWEBライターよりはコストがかかりますが、その分大きなリターンが期待できるのがメリットです。

「多少の資金であれば捻出できる」という方におすすめできるでしょう。

  • フランチャイズを始めるには
  1. フランチャイズの窓口
  2. マイナビ独立
  3. フランチャイズ比較.net
    など

フランチャイズは、上記のようなフランチャイズ加盟店の募集サイトを利用して希望の業種を見つけましょう。

同じ業種でも企業によって内容が異なるため、より自分のスタイルに合いそうな募集を見つけてください。

気になるフランチャイズの募集を見つけたら本部とコンタクトをとって説明会に参加する流れになるのが一般的です。

3位:デリバリーサービスの配達員

料理などのデリバリーサービスの配達員は、配達用のバッグや制服さえあれば開業できます。場合によってはスマホが必須となることもあるでしょう。

なお、ICT総研の発表によれば2021年の時点でフードデリバリーの市場規模は5,678億円となっており、今後もさらに市場規模の拡大が予想されているそうです。(参照元:ICT総研「2021年 フードデリバリーサービス利用動向調査」)

体を動かす仕事で開業したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

  • デリバリーサービスの配達員を始めるには

デリバリーサービスの配達員を始めたい方は、気になるデリバリーサービスの公式サイトや公式アプリから配達パートナーの登録を行いましょう。

スマホの専用アプリを使って業務を管理するケースも多いため、スマホは必須といっても過言ではありません。

また、多くの場合は指定の配達用バッグや帽子の購入が必要となりますが、おおよそ1万円前後で揃うようです。

4位:ブログ運営

ブログ運営は作成したブログのトップページや記事の中に広告を掲載し、広告経由で商品やサービスが購入されることで報酬が得られます。また、広告が視聴されたりクリックされるだけで報酬が得られるものもあります。

ブログ運営はパソコンさえあれば場所や時間を問わずに始められますが、開業するほどの利益が得られるようになるまでには数ヶ月もしくは年単位の期間を要することもあるでしょう。

とくにやりがいを求める方、汎用的な知識やスキルを身につけたい方におすすめです。

  • ブログ運営を始めるには
  1. レンタルサーバーとWordPressでブログを作成する
  2. ASPサイトで広告リンクを取得する(ASPサイトの例:a8.net、アクセストレード、Amazonアソシエイトなど)
  3. Googleアドセンスに申請し広告掲載の審査に通過する

ブログ運営は主に上記のうち「1+2」「1+3」「1+2+3」いずれかの手段を使って開始することになるでしょう。

もちろんレンタルサーバーやWordPressなどを使わず、無料ブログで始めても良いですが、サービス終了のリスクや広告掲載に関する決まりがあることも多いため、自身でブログを作ることをおすすめします。

5位:オンライン講師

人に何かを教えられるほどの知識を持っている方は、オンライン講師で開業することもできます。

たとえば英会話、ビジネススキル、メイクアップ、健康維持、楽器、ボーカルレッスン、学習塾、絵画、囲碁、将棋などです。

資格を持っていなくても正しい知識や得意なスキルがあれば自宅にいながら活かせる業種なので、人に何かを教えることが好きな方にはとくにおすすめできます。

  • オンライン講師を始めるには
  1. 専用のマッチングサイトを利用する
    例:ストアカ、LESSSON、カフェトーク、Udemyなど
  2. スキルシェアマーケットにサービス出品する

オンライン講師は主に講師と受講希望者を繋ぐ専用のマッチングサイトを利用したり、スキルシェアマーケットにサービスを出品したりすることで始められます。

ジャンルによって適したサイトが異なるため、たとえば英会話のオンライン講師であれば「英会話 オンライン講師」などと検索をしてみるとよいでしょう。

まとめ

低コストで開業ができる業種であれば開業までの期間を短縮できるほか、リスクも軽減可能です。

なかにはパソコン1台で開業できる業種もあるので、気になるお仕事があればぜひ気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

女性が活躍できる副業のおすすめランキングTOP10!

女性活躍推進法という国の施策により、女性が活躍しやすい環境を整える企業が増えてきました。また働き方改革の施策も相まって、女性に限らず副業を許可する企業も増えつつあります。

そこで今回は女性が活躍できる業種に着目し、おすすめの副業ランキングTOP10を厳選しました。

副業は金銭面の安定だけでなく自分の可能性を拡げる手段にもなりますので、ぜひこの機会に新たな副業を見つけて挑戦してみてください。

女性が活躍できる副業のおすすめランキングTOP10

さっそく女性が活躍できるおすすめの副業10選をランキング形式でご紹介します。

  1. 家事代行
  2. 覆面調査
  3. ハンドメイド販売
  4. イラスト製作
  5. WEBライター
  6. WEBデザイン
  7. カウンセリング
  8. データ入力
  9. 英会話教室
  10. アルバイト

今回ピックアップしたのは上記10種類です。それでは各業種を詳しく見ていきましょう。

1位:家事代行

家事代行は、依頼主の自宅へ訪問し本人に代わって家事をこなす仕事です。

内容は依頼主によって様々ですが、掃除、洗濯、料理の作り置き、部屋の整理整頓などがメインとなるでしょう。

家事代行サービスに登録をすると、依頼に応じて時給制で働けるようになります。

日頃から家事をよくされる方は挑戦してみてください。

2位:覆面調査

覆面調査とは一般客を装って店を利用し、利用した感想をメッセージ形式やアンケート形式などで伝える仕事です。

対象の店舗には飲食店のほかエステや脱毛の体験などもあり、女性であれば女性限定サロンの案件も受けられます。

覆面調査は企業による競合他社の調査や、自社のサービス改善のために行われるため、協力することでもらえる謝礼は1件あたり1,500円~3,000円前後と比較的高単価です。

空き時間を使って楽しみながら稼ぎたい女性におすすめできます。

3位:ハンドメイド販売

アクセサリーやマスコットキーホルダー、アパレル雑貨などハンドメイドで何かを作る趣味を持っていれば、作った作品を販売して副業にできます。

メルカリ、ラクマといったフリマサイトで販売するのも良いですし、minnneなどのハンドメイド専用プラットフォームで販売するのもおすすめです。

販売する際は自分で自由に価格設定ができるので、競合を調べてみたり需要を探ってみたりと物販の知識をつけられるのもメリットと言えます。

4位:イラスト製作

イラストを描くことが好きな方は、イラスト販売を副業にするという選択肢もあります。

とくにSNSやブログなどに利用する似顔絵アイコンは実用性が高く人気です。

気になる方はココナラなどスキルシェアマーケットでイラスト製作の出品を見てみてください。

相場感など参考にできることがたくさんあります。

5位:WEBライター

文章を考えるのが得意な方はWEBライターを副業にするのもよいでしょう。

WEBライターは求人サイトやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトから募集が探せます。

女性ならではの目線や経験が活きることもあるので、パソコンでのタイピングや文章執筆が好きな方はチェックしてみてください。

6位:WEBデザイン

WEBデザインは主にウェブページやウェブサイトを作成する仕事です。

「デザイン」と聞くと見た目のイメージが強いかもしれませんが、理想的なレイアウトを叶えるために内部にコードを記述したり、デザインを仕上げる最適な画像素材を用意したりと、幅広い作業に関わっていきます。

集客用のホームページを作成したり、ココナラなどのスキルシェアマーケットを利用したりすることで仕事を獲得できます。

WEBデザインの知識が全くない方は独学で学ぶか、スクールを受講するなどして知識を身につけることから始めましょう。

7位:カウンセリング

仕事や私生活などの愚痴や悩みを聞いてあげるだけであれば、資格がなくても仕事にできます。

通話機能を備えたスキルシェアマーケットでサービスを出品するのがおすすめです。

また、メンタル心理カウンセラーなどの資格を持っている場合はより専門的な仕事内容で単価を上げられるでしょう。

カウンセリングを利用する方の中には「女性に対応してもらいたい」という方もいるので、話を聞くことが得意な女性は挑戦してみてはいかがでしょうか。

8位:データ入力

データ入力は特別なスキルは一切不要なため、スキル不要で始められる副業を探している方や、コツコツとした作業が得意な方におすすめです。

ただし比較的誰でもできる仕事内容であることから、単価は低めな傾向にあります。

また、データ入力は主にパソコンを使って行うため、タイピングなどのパソコン操作が得意であれば、より効率良く作業を進められるでしょう。

9位:英会話教室

英語が話せる方は英会話の講師を副業にするのもよいでしょう。

スキルシェアマーケットや求人サイト、企業が用意した自社サイトなどから仕事が探せるほか、オンラインで完結できるサービスもたくさんあります。

英会話のほか韓国語や中国語などで話せる言語があれば、より仕事の幅が広がりますよ。

10位:アルバイト

「働いた分だけ確実に収入を得たい」という方におすすめなのがアルバイトです。

アルバイトは雇用関係を結ぶため、最低賃金の保障が受けられます。

確実な収入が得られる反面、アルバイトは出社しなければならないスタイルが多く体力を消耗してしまいやすいため今回は10位としました。

女性が活躍する副業の選び方

ここまで女性が活躍できる副業をいくつか紹介しましたが、当然ながら人によって向き不向きは存在します。

そこでこの項目では女性が活躍できる副業の中でも、自分にぴったりな仕事を選ぶ考え方についてまとめました。

好きなことや得意なことが活かせる副業

知識なし、経験なしの状態から始めるのももちろん良いですが、やはり自分の好きなこと、得意なことが活かせる副業の方が単価を上げやすい傾向にあります。

家事、料理、パソコン、英会話、イラスト、ハンドメイドなど好きなこと、得意なことは人によって様々なのでぜひ自分の「好き」「得意」をいま一度見直して整理してみてください。

無理せず働ける副業

副業を行う際は本業に支障をきたさない範囲で働ける仕事を選ぶようにしましょう。

求人サイトやクラウドソーシングサイトなどから仕事を探してみると、副業や兼業をしたい方向けに仕事量を調整してくれる企業もあります。

また、希望の働き方と合致する仕事を探すのが大変だと感じる方はスキルシェアマーケットを活用するのもおすすめです。

自分のタイミングで出品を停止したり再開したりできるため、より自由なスタイルで副業に取り組めます。

副業を行う際は確定申告も知っておこう

副業による収入が経費を差し引いて20万円を超える場合は、本業の年末調整とは別で確定申告を行う必要があります。

また、副業による収入が経費を差し引いて20万円に満たない場合でも、副業収入がある場合には住民税の申告を自分で行わなければならないため注意しましょう。

まとめ

昨今の日本では女性が働きやすい環境をつくる取り組みや、副業や兼業を推進する取り組みが進んでいます。

また、女性が活躍できる副業といっても様々な業種があるため、自分の好きなことや得意なことが活かせるような仕事を選ぶとスムーズに始められるでしょう。

今回は10種類の副業を紹介しましたので、気になる業種を見つけた方はぜひ挑戦してみてください。

未経験スタートOK!おすすめの副業ランキングTOP10

収入の安定や年収の増加を目指して副業を始めたいと考える方は多いですよね。

副業には未経験スタートが可能な業種もたくさんありますので、資格や経験、知識が無い方でもゼロから始めて稼いでいくことは十分に可能です。

今回は未経験スタートでも稼げる副業をランキング形式で10選ご紹介します。

「これから副業を始めたいけど、活かせそうな経験がない」という方はぜひ参考にしてみてください。

未経験スタートOKなおすすめの副業ランキングTOP10

さっそくですが、未経験スタートでも稼げるおすすめの副業ランキングTOP10をご紹介します。

  1. アルバイト
  2. 文字起こし
  3. アンケートモニター
  4. WEBライティング
  5. ネットショップ運営
  6. 動画編集
  7. ハンドメイド販売
  8. オンライン講師
  9. アフィリエイト
  10. イラスト販売

今回は上記10種類をピックアップしました。

1位:アルバイト

意外に思われる方がいるかもしれませんが、この記事ではアルバイトを1位に選びました。

理由はアルバイトであれば出勤した分だけ確実に稼ぐことができて、最低賃金の保証があるためです。

また、アルバイトはコンビニや飲食店など未経験で働ける業種も多く、ほとんどの企業で研修制度やマニュアルが用意されています。

「在宅にこだわらない」「働いた分だけ確実に稼ぎたい」という方、体力的に問題がない方にはとてもおすすめできる副業です。

2位:文字起こし(テープ起こし)

文字起こし(テープ起こし)はインタビューや講義などの音声ファイルを聞き取り、文字に起こしていく仕事です。

自分で文章を考える必要がないため、「ライティングの仕事はハードルが高い」とお考えの方でも挑戦しやすい副業と言えます。

未経験の場合の時給を換算をすると時給1,000円~1,500円程度が一般的と言われていることもありますので、仕事内容をしっかりと見極めればアルバイトと同程度の報酬は得られるでしょう。

3位:アンケートモニター

スマホ1台で手軽に稼げるような副業をお探しの方におすすめなのが、「アンケートモニター」です。

よくあるアンケートの形式の一例 内容 報酬の相場
選択式アンケート 簡単な選択式アンケートに回答する。
例:「最近コンビニで〇〇を購入したのはいつですか?」など
1案件あたり1円~数十円程度
商品モニター 商品の提供を受ける、もしくは特別価格で購入して実際に一定期間使用し、感想を送る 1案件あたり数百円/商品の無料提供
など案件による
覆面調査 客として店舗を利用し、感想を送る 1案件あたり1,500円~3,000円程度

アンケートモニターは上記のようにいくつかのアンケート形式があり、報酬の内容も異なります。

基本的に単価は低いものの、未経験スタートはもちろんのこと、場所や時間を問わず誰でも気軽に取り組めるのが大きな魅力です。

なお、覆面調査のようにある程度時間の拘束や場所の指定がある場合には、比較的高単価な報酬が受け取れます。

4位:WEBライティング

WEBライティングも副業としてはとても人気な業種の1つです。

タイピングができる、文章を考えるのが得意ということであれば、未経験でもスタートできますし、実際に未経験からWEBライティングの仕事に挑戦する人はたくさんいます。

未経験の場合はどうしても低い報酬からのスタートとなりやすいですが、経験や知識などを活かしたライティングであれば報酬アップを狙うことも可能です。

未経験者の相場は1文字1円、もしくはそれ以下となることが多く、経験やスキル、納品数などに応じて昇給してくれるところもありますよ。

5位:ネットショップ運営

ネットショップ運営も未経験スタートの副業としてはとてもおすすめです。

自分で一からサイトを作成しなくても、Amazonなどの大手ECモールに出店したり、BASEなどの専用サービスを使って簡単にお洒落なECサイトを作成したりすることで、未経験でもネットショップを運営することができます。

利益の相場は取り扱う商品によってさまざまですが、「安く仕入れて高く売る」「手数料などのコストを極力抑える」ということが利益を積み上げるためのポイントです。

また、未経験であっても商品のリサーチ方法や稼ぐためのプロセスは、実際の経験で積んでいくことで十分に補えるので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

ネットショップやるならNASで決まり!他の自動物販サービスとの違いを解説

6位:動画編集

動画編集にも字幕入れ、テロップ入れ、カット編集、サムネイル作成、プロモーション動画作成など様々な形があるため、自分のできる範囲で仕事を受注できます。

また未経験であっても、サンプルを用意するなどしっかりと提案ができれば仕事を受注することは十分に可能です。

なお、報酬の相場は業務の範囲や動画の長さなどよって大きく異なりますが、個人で仕事を受ける場合は1本あたり5,000円~15,000円程度が目安のようです。もちろん、依頼主によってはそれ以上の報酬が得られることもあります。

7位:ハンドメイド販売

手作業で何かを作るのが好きな方は、ハンドメイド作品の販売を副業にするのも良いでしょう。

ハンドメイド作品の例としては、アクセサリーやバッグ、革小物、編みぐるみなどが挙げられます。

また、ハンドメイド作品は自分で商品を作って自分で値段をつけて販売するので、未経験であっても業務に全く影響がありません。

経験の有無よりも作品のクオリティが重要です。

8位:オンライン講師

オンライン講師は、誰かに教えた経験がなくても、需要のある知識を持っていれば副業としてスタートすることができます。

英会話や音楽教室、ダンス、メイク、営業など人が「教えて欲しい」と思う内容であれば十分な収入を得られるでしょう。

相場は内容やサポートの有無などによって様々ですが、1時間あたり3,000円前後から高いもので10,000円以上となることもあり、価格設定は自分で自由に決定できます。

9位:アフィリエイト

ブログ、SNS、ホームページ、動画など広告リンクの貼り付けが可能な場所さえ用意できれば、経験の有無に関係なくスタートできます。

ビジネスとしてよくあるのはブログに商品リンクを貼り付けて集客し、リンクを経由して商品が購入されることで報酬が得られるといった内容です。

アフィリエイトの利益の相場は案件によって様々ですが、たとえば「1商品の成約で商品価格の数%が報酬としてもらえる」といった形式のものがあります。

またアフィリエイトは十分な利益が得られるようになるまで、早くて数ヶ月~1年以上の期間を要することがありますので、副業として気長に取り組める方におすすめです。

10位:イラスト販売

イラストを描くことが好きな方であれば、イラストの販売を副業とすることもできるでしょう。

また、デザインに興味のある方はロゴなどを制作して販売するのもおすすめです。

イラスト販売でよくあるのは、スキルシェアマーケットなどを利用して似顔絵アイコン製作の依頼を受け、依頼通りに描くというものです。

似顔絵アイコン製作で未経験の場合、1件あたりの相場は1,500円~2,000円程度が目安となっていますが、価格は自分で決定できます。

同業他社のクオリティと販売価格の実績を見て、自分のイラストに自信があれば1枚あたり3,000円~10,000円以上で販売することも十分に可能です。

まとめ

今回ご紹介しただけでも10種類もの副業があり、いずれも未経験スタートOKの業種となっています。

今の時代なら、経験や知識がなくてもゼロからスタートできる仕事はたくさんありますので、気になる業種があればぜひ気軽に挑戦してみてください。

【カテゴリ別11選】自宅で開業できるおすすめ業種ランキング!

皆さんは自宅で開業できるお仕事をどれほど知っているでしょうか。自宅で開業できる多くの業種は、ほとんどコストをかけずに始められます。

自宅で開業し成功させるには、自分に適した業種を選択しできるだけ無理なく長く継続できる業種を選ぶことがポイントです。

この記事では自宅で開業できるおすすめの業種をカテゴリごとに分け、ランキング形式でご紹介します。

資格不要」「知識・資格が活かせる」「フランチャイズ」3つのカテゴリでそれぞれ選出しているので、ご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

資格不要の自宅で開業できるおすすめ業種TOP5

まずは資格がなくても自宅で開業できる、おすすめの業種を5つピックアップしました。

未経験から挑戦する人も多く、参入ハードルが比較的低い業種が多いため、開業するのが初めての方や資格などをとくに持っていない方におすすめです。

1位:ライター

ライターは依頼主が提示した企画や執筆のルールに沿って文章を執筆します。

パソコン1台とインターネットの環境さえあれば始められてコストがほとんどかからないため、0円で開業することも十分に可能です。

完全に未経験でスキルや知識がなくても参入できますが、専門性の高い知識があればより高単価な案件を獲得できる可能性が高まります。

未経験の場合は1文字1円~1円以下からのスタートとなることが多いので、始めたての頃は思うように稼げないことがあるかもしれません。

しかし業務の中で経験や知識を積み上げていけば、月に15万円~20万円以上をコンスタントに稼げるようになるでしょう。

2位:ネットショップ運営

商品を販売することに興味がある方はネットショップ運営がおすすめです。

資格や特別なスキルが不要で、経験を積むことで知識が増え、次第に稼げるようになっていきます。

ネットショップ運営には自分でECサイトを作成して一から始める方法がありますが、大手ショッピングサイトのAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECモールに出店する形であれば、サイト作成が不要ですぐに始められますよ。

とくにAmazonでの出店であれば在庫保管や発送をおこなってくれる有料オプションがあるので、自宅に商品在庫を置きたくない方にもおすすめです。

ネットショップやるならNASで決まり!他の自動物販サービスとの違いを解説

3位:動画編集

動画編集に興味がある方は動画編集を仕事にしてしまうのも良いでしょう。

よくあるYouTube動画のようなコンテンツ素材の編集では、「テロップ入れだけ」「カット編集だけ」「字幕入れだけ」といった部分的な依頼から、全ての編集を任されるケースもあります。

そのため、自分のスキル状況に応じてできそうな仕事を受けるのがおすすめです。

基本的にはパソコン1台で始められますが、動画編集ソフトが問題なく動く性能であることは最低限必要な条件と言えます。

また、高度な編集ができたほうが需要は高まりますから、場合によっては有料の動画編集ソフトを導入するのも良いかもしれません。

4位:アフィリエイト

アフィリエイトは専用の商品リンクをブログ、ホームページ、SNS投稿の中で掲載し、そのリンクを経由して商品やサービスが購入されることで報酬が得られる仕事です。中にはクリックされるだけで数円の報酬が得られる案件もあります。

自分でブログ、ホームページ、SNSを運用することに興味がある方におすすめです。

アフィリエイトで継続的な利益を上げるには、商品リンクを掲載したブログやホームページなどへ集客する必要があり、集客だけでなく商品リンクから購入してもらえるよう文章にも工夫を凝らす必要があります。

このように聞くと難しそうに思われがちですが、コストをかけずに資格不要で始められて、やりがいも感じられるおすすめの業種です。

5位:転売

転売は「商品を定価もしくはそれ以下で仕入れて高く売る」というとてもシンプルな構造なので、初心者の方にもおすすめです。

人気ブランドのスニーカーや、人気ブランド同士がコラボしたスニーカーはプレミア価格がつくことが度々あり、1商品あたりの単価は高くなる傾向にあります。

スキルや資格不要ではじめられて、取り扱う商品によっては高い利益率を確保できるのが魅力ですが、商品のリサーチや競合の調査などある程度の忍耐力は必要となるでしょう。

知識・資格が活かして自宅で開業できるおすすめ業種TOP3

次に知識や資格を活かして自宅で開業できる、おすすめの業種を3つご紹介します。

今は知識や資格を持っていないという場合でも、興味があれば今から学んで開業することも十分に可能です。

1位:オンライン講師

オンライン講師はスキルシェアマーケットなどに出品をして、サービスを購入してくれた方に対してオンライン上で知識やノウハウを共有します。

たとえばオンライン講師には以下のようなジャンルがあります。

  • メイク
  • 健康管理(例:ヨガ・食事管理)
  • IT(例:プログラミング)
  • ダンス
  • 外国語(例:英会話)
  • ビジネス(例:集客・営業)
    など

資格を持っている方はもちろんのこと、何か詳しい知識や得意なことがあれば資格がなくても始められるので、何か教えられることがある方は活かしてみてはいかがでしょうか。

2位:プログラマー

プログラマーはコンピューターを動かす言語を使ってプログラムを組み、ソフトウェアやアプリケーション、システムを作る人のことです。

完全在宅で開業できる仕事として人気ですが、専門的な知識や実務経験が必要なため、全くの未経験者からすると少々ハードルが高く感じるかもしれません。

専門的な知識が必要な分、自宅で開業できる業種の中では年収が高めな傾向にありますので、高年収を目指したい方におすすめです。

3位:税理士

税理士は、税理士試験の合格や租税・会計における2年以上の実務経験、公認会計士の資格取得者など、税理士を名乗るための要件が定められており、全くの未経験者からするとハードルの高い業種です。

ただし、ハードルが高いだけにここまででご紹介した業種に比べるとライバルの母数は少なく、専門性が高い業種のため高年収が目指せます。

すでに税理士の資格がある方や、税理士になるだけの準備期間を捻出できる方は検討してみてはいかがでしょうか。

フランチャイズなのに自宅で開業できるおすすめ業種TOP3

最後にフランチャイズでありながら自宅で開業できる業種3選をご紹介します。

フランチャイズは基本的に初期費用が必要ですが、自宅で開業できる業種であればコストを抑えてフランチャイズに加盟することが可能です。

1位:買取業

貴金属やブランド品などを買い取り、オークションや自社サイトなどの販路を利用することで利益を得る仕事です。

店舗を持つタイプの会社もありますが、出張や宅配買取型の会社であれば自宅でも開業できます。

フランチャイズで始めればノウハウや集客、ブランド力を利用できるので、自分一人での開業では不安な方におすすめです。

2位:修理業

自宅に修理スペースさえあれば開業できるのが修理業のフランチャイズです。

修理業には自動車や物件の内外装などもありますが、革製品やスマホなど小物の修理であれば自宅で開業ができます。

修理業は基本的にマニュアルが用意されているので、未経験でも挑戦しやすいビジネスとなっています。

3位:クリーニング業

ハウスクリーニングやエアコンクリーニングは依頼先へ訪問して業務を行うため、店舗を構える必要がありません。

また、一度清掃方法を習得すれば、あとはアポイントに従って業務を進めていくだけなのでとてもシンプルです。

掃除が好きな方やシンプルな業務で働きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「自宅で開業できる」業種をカテゴリ別に合計11種ご紹介しました。

自宅で開業できる仕事は店舗を構える必要がない分、低コストで開業ができ1人でも始められる仕事がほとんどです。

やってみたい業種があればぜひ挑戦してみてください。

空き時間(好きな時間)に稼ぐおすすめの仕事7選と安全に効率良く稼ぐコツ!

副業・兼業には興味があっても、「まとまった時間がとれないからできない」「体力的にもう一つ仕事を追加するのは厳しい」と諦めていませんか?

インターネットを利用すれば、自宅や通勤電車の移動中など場所を問わず、空いている好きな時間にお金を稼ぐことができます。

この記事では空き時間に稼ぐおすすめの仕事や、安全に効率よく稼ぐコツ、注意点などについて詳しくまとめました。

中にはスマホ1つでもできるような仕事もあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

空き時間(好きな時間)に稼ぐおすすめの仕事7選

さっそくですが、まずは空き時間に取り組めるおすすめの仕事7選をご紹介します。

  1. ポイ活・アンケートモニター
  2. データ入力
  3. ライティング
  4. 単発のバイト
  5. せどりや転売
  6. 不用品の販売
  7. 資産運用

今回ご紹介するのは上記の7つです。1日数分から取り組めてお小遣いの足しになるようなものから、稼働量次第でしっかりと稼げるものまで様々なのでぜひ自分の理想に適した仕事を探してみてくださいね。

ポイ活・アンケートモニターで好きな時間に稼ぐ

ポイ活やアンケートモニターは単価自体は低いものの、完全に好きな時間・タイミングで取り組めるためちょっとしたお小遣い稼ぎにおすすめです。

いずれの方法も、溜まったポイントは銀行振込での換金や共通ポイントへの交換、ギフト券への交換をするなどしてお得にお買い物ができます。

とくにポイントサイトやアンケートモニターサイトは1件あたり数分で完了してしまうような案件もあるので、忙しい方でも挑戦しやすいですよ。

データ入力の仕事で好きな時間に稼ぐ

データ入力はオフィスに出社して働くタイプもありますが、自宅でもパソコンがあれば働けます。

自宅で仕事をしたい方はクラウドソーシングサイトなどを利用して、データ入力の募集を探してみましょう。

また、データ入力は特別なスキルを必要とせず、パソコンのタイピングさえできれば稼げます。

比較的誰にでもできるため単価は低めですが、こちらも空き時間や暇な時間を使って取り組めるのが魅力です。

ライティングの仕事で好きな時間に稼ぐ

ライティングの仕事も基本的にはフルリモートで働けます。求人サイトやクラウドソーシングサイトでライティングの募集を探してみてください。

ライティングは依頼主の意図を的確に汲むこと、わかりやすい文章で執筆することが重要です。

仕事の内容によっては納期の設定をライター側に任せてくれるケースもありますので、募集の概要をしっかりと読んで自分に合ったライティングの仕事を探しましょう。

単発のバイトで暇な日に稼ぐ

働いた分だけ確実にお金が欲しいという方は、休日などの暇な日を使って単発のバイトをするのも良いでしょう。

単発のバイトは出社することがほとんどなので「自宅で好きな時間に稼ぐ」とはいきませんが、単発なので自分の都合の良い日に働ける募集を探すことで、ある程度スケジュールのコントロールはできます。

また、単発のバイトは面接なしで参加できることも多いので急いでいる方にもおすすめです。

せどりや転売で好きな時間に稼ぐ

物販に興味のある方は「せどり」や「転売」でモノを販売してみるのも良いでしょう。完全に個人事業となるので、時間や場所に関係なく好きな時間に活動できます。

せどりや転売は、安く仕入れた商品に利益を上乗せして販売するのが基本です。商品の仕入れ費用は必要となりますが、仕入れる商品によっては高額収入も十分に目指せるでしょう。

不用品の販売で好きな時間に稼ぐ

自宅にある不要品をフリマサイトやオークションサイトで販売することで、仕入れコストを抑えて稼ぐことができます。

もしも自宅に不要になったコレクションや、しばらく使っていないメーカ物、ブランド物などがあれば自分で好きな価格を設定して販売してみるのも良いでしょう。

こちらも空き時間や好きな時間に活動できますし、スマホ1台で出品できるのでとても手軽です。

資産運用で働かずに稼ぐ

初期費用に余裕がある方は、投資による資産運用で利益を狙うのも良いでしょう。

不動産やFX、仮想通貨、株など様々な形の資産運用がありますから、興味のある分野挑戦してみてください。

ただし株や仮想通貨、FXなどの投資は経済状況によって損失が発生してしまうことも十分にあり得ます。分散投資や投資信託などでリスクを軽減するか、知識を蓄えてから挑戦されることをおすすめします。

空き時間(好きな時間)に稼ぐ仕事を探す際の注意点

インターネット上では、ときに悪質な業者に騙されるなどしてトラブルに発展してしまう人もいます。

空き時間で稼ぐ仕事を探す際は、トラブルに巻き込まれることなくスムーズに仕事を進められるよう、注意点を把握しておきましょう。

お金を請求されたらすぐに中断する

基本的には、仕事を始めるうえで事前にお金を請求されるということはありません。

どれほど正当な理由を提示されたとしても、インターネット上でお金を請求された際に信頼できる企業であるかを判断することは非常に難しいです。

そのため空き時間にできる仕事を探すうえでお金を請求された場合は、それ以上関わらないようにすることをおすすめします。

仕事内容をしっかりと理解する

空き時間にできる仕事を探す際は、仕事内容が明確に記載されていることが大前提です。

そのうえでどのような仕事内容なのかを理解し、自分にできる仕事であること、法律に触れない内容であることなど様々な観点で問題ないことを確認しましょう。

また、転売や輸入を行う際は規制されている商品に該当していないかも確認が必要です。

信頼性のある企業か確認する

気になる仕事を見つけたら、運営会社や依頼主の企業が信頼性の高い会社であることを事前に確認しましょう。

口コミなどをチェックしてみると、過去にトラブルや問題を起こしているかが判明することがあります。

たとえ対応が良かったとしても企業の情報は事前に調べておくのがおすすめです。

空き時間(好きな時間)に効率良く稼ぐコツ

空き時間を使って効率よく稼ぐポイントは以下の通りです。

  1. 仕事の特性を理解する
  2. 自分が得意なことを活かす

仕事の特性を理解する

・納期の有無
・損失は発生する可能性(主に投資)
・仕事1件あたりをこなすのに必要な作業時間
・単価と仕事内容のバランス
など

上記のように、取り組む仕事によって特性が異なります。

また、同じ業種でもライターのように明確に納期が言い渡されるケースと、とくに納期を決めていないケースがあったりと依頼主によっても仕事のスタイルが変わりますので、各仕事の特性を理解して自分に合った働きができることを目指しましょう。

自分が得意なことを活かす

できるだけ時間や負担をかけずに効率よく稼ぐには、得意が活かせる仕事を選ぶことが近道となります。

さらに、過去の経験や知識が活かせるような仕事を選べば、はじめから優遇を受けて仕事を開始できることがあるかもしれません。

経験のある内容であれば作業に慣れるのも早いはずなので、ぜひご自身の経験を活かして稼いでみてください。

まとめ

現代には空き時間を使って稼げる仕事がたくさんあり、副業や兼業をはじめやすい環境にあります。

主にクラウドソーシングサイトやスキルシェアサイト、求人サイトなどから仕事を探すことができるので、ぜひ「やってみたい」と思える仕事を見つけてみてください。

独立開業で儲かる仕事とは?物販システムのNASでネットショップを自動化!?

独立開業で儲かる仕事というと、医師や弁護士など難易度の高い資格が必要なイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

しかしインターネットが普及した現在では資格を持たなくても独立開業し、儲かるようにすることは十分に可能なのです。

この記事では独立開業で儲かる仕事のポイントや、職種などについて分かりやすく解説していますので、今後独立したいとお考えの方は参考にしてみてくださいね。

独立開業で儲かる仕事のポイント

独立開業で儲かるにはいくつかのポイントがあります。

まずは資格の要否も含めて1つずつお伝えしますので、なんとなくイメージを膨らませてみましょう。

1.利益率が高いビジネスモデル

売上金額から仕入れ費用や経費などを差し引いて残った金額が「利益」となり、その利益額が売上金額の何パーセントを占めるのか表した数字が「利益率」です。

利益率が低いと、たとえ商品やサービスがたくさん売れたとしても、思ったより手元に残ったお金が少ないという事態が起こります。

利益率が高いビジネスモデルなら商品やサービスが売れた分に比例してたくさん儲けることが可能です。

2.労働収入ではない収入源を確保する

「労働収入」とは働いたぶんだけもらえるお金のことなので、働くことをやめた途端に収入が途絶えてしまいます。

そのため、独立開業で稼ぐのであれば労働収入ではない収入源も確保できるのが理想です。

たとえば不動産や株式投資、自宅や駐車場の空きスペースを貸し出すなど、自分が働いていない間にもお金がもらえるような収入源を確保すると良いでしょう。

なお、この記事ではインターネット物販を自動化し、空き時間での作業でも稼げるシステムをご紹介しています。ご興味のある方は記事の後半もぜひご覧ください。

3.自分の得意を最大限に活かせること

スキルや知識が無い状態から独立開業するのももちろん良いですが、自分自身で得意なことや何かスキルを持っていれば活かすに越したことはありません。

たとえば営業の経験やスキルを持っている方であれば営業力を活かした職種、文章を考えることが得意であればライターなど、自分の得意なことを最大限に活かせる仕事に就けば、収入アップの近道になりますよ。

4.参入障壁が高い職種

参入障壁が低い職種や業界は初心者でも挑戦しやすい反面、競合が増えやすかったり、すでに競合が多かったりといったデメリットがあります。

一方で専門性の高いスキルや知識、高度な資格などが必要な職種は誰にでもできることではないため報酬が高い傾向にあるのが特徴です。

医師や弁護士などがわかりやすい例ですが、就ける人が限られているような職種は独立開業をして儲かる可能性があります。

5.常にアンテナを張っていること

有益な情報や人との繋がり、仕事へ繋がりそうなことには常にアンテナを張り、チャンスを掴めるようにしておきましょう。

チャンスが巡っていることに気がつけなかったり、行動に移すエネルギーがないとせっかくのチャンスも逃してしまいます。

独立開業で儲かる仕事5選

この項目では独立開業で儲かる仕事を5つピックアップしました。もちろんこれらの仕事を始めたからといって全員が儲かるわけではありませんが、スキルや知識がない状態からでも始めやすいものを厳選しています。

インターネット物販

インターネット物販はすでに競合も多いですが、市場規模が非常に大きく利用者も多いのがメリットです。

販売する商品、ターゲット、それらに適した販売場所を見極めることで今からの参入でも稼げる可能性は十分にありますよ。

また後述しますが、とくに大手ショッピングサイトを利用した販売であれば、作業を効率化する様々なツールが販売されているため、ある程度作業時間や手間を短縮することも可能です。

商品を仕入れて売るというシンプルなビジネスである点も初心者にはおすすめのポイントと言えます。

ライブ・動画配信者

ライブ配信や動画配信は、動画の中で流れる広告の視聴や投げ銭の仕組みを利用して収入を得るビジネスです。

そのほかには商品の専用リンクを紹介し、リンクを経由してサービスや商品が購入されることで報酬を得る方法もあります。

とくに動画広告や商品紹介を利用したビジネスモデルであれば、自分が稼働していない間でも広告が再生されたり、商品やサービスが購入されることで収入が得られるので、不労所得のようにして稼ぐこともできるでしょう。

フランチャイズビジネス

「フランチャイズ」と聞くと高額な初期費用が必要なイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、現在では店舗を持たずに開業ができるフランチャイズもたくさんあります。

フランチャイズは加盟することで毎月「ロイヤリティ」の支払いが発生する代わりに、すでに確立されたビジネスモデルやブランド力、ノウハウなどを利用して開業ができるビジネスです。

店舗を持たないということは、それだけ低コストで開業ができるということになりますので、ご興味のある方はフランチャイズ加盟店の募集を探してみるのも良いでしょう。

アフィリエイト

ブログの記事やトップページに広告を貼り付け、広告がクリックされたり、広告を経由して商品・サービスが購入されることで報酬が得られるビジネスです。

アフィリエイトはインターネット上における集客スキルや、商品を魅力的に紹介する文章力、ブログ運営の知識などが必要となりますが、現在では必要な知識の多くをインターネット検索で得ることができます。

また、一度経験を積んでしまえば集客スキルや文章力、ブログ運営の知識は他のインターネットビジネスでも通用するためとても便利です。

一人で黙々と作業をするのが好きな方にはおすすめできます。

不動産オーナー

アパートやマンション、一軒家、土地のオーナーとなり、借主と契約することにより定期収入が得られるビジネスとなります。

借り手さえ見つけることができれば、働くことなく収入を得ることが可能です。

ただし不動産オーナーになるには物件や土地を用意しなければならないため、場合によっては修繕費やリフォーム、整地費用などが必要なほか、固定資産税を支払わなければならないなど、それなりの初期費用がかかる可能性があります。

インターネット物販を効率化するなら「NAS」

記事の中でもお伝えしたように、インターネット物販であれば専用のツールを活用して販売に必要な作業の一部を自動化したり、効率化したりすることができます。

なかでも「NAS」はインターネット物販において大きなネックとも言える在庫を抱えるリスクが一切ありません。

NASは世界的に有名な大手ショッピングサイトを利用した物販を効率化、自動化できる画期的なシステムとなっています。

一般的なツールは、お金を支払うことでツールの利用権が得られるだけのことが多いですが、株式会社アドロジが提供するNASはシステムだけでなく、在庫を抱えないビジネスモデルまでも1つのパッケージになっているのが特徴です。

また、システムの導入後も手厚いアフターフォローでしっかりとサポートさせていただきますので、ご興味のある方はぜひ無料の合同WEB説明会へご参加ください。

「NAS」の合同WEB説明会の申込ページはこちら

まとめ

昨今では独立開業に興味を持ち、大きく儲けたいと考える人も多い印象です。

活かせるスキルや資格があるに越したことはないですが、スキルや知識、初期費用がなくても独立開業できる職種は意外とたくさんあります。

ぜひ記事でご紹介したポイントや職種などを参考に、独立開業の一歩を踏み出してみてください。

なお株式会社アドロジではインターネット物販を効率化するシステム「NAS」の開発、提供を行っています。

とくに物販にご興味がある方からの説明会のご参加を心よりお待ちしています。

「NAS」の合同WEB説明会の申込ページはこちら

無店舗販売と店舗販売の違いは?メリットデメリットやNASを使った低資金開業を簡単解説!

無店舗販売は実店舗を持たずにお店を運営するため店舗販売よりもコストを抑えた経営ができます。

また、無店舗販売で有名なのは「通信販売」や「ネット販売」ですが、そのほかにも様々な事業があることをご存じでしょうか。

この記事では無店舗販売とはどのような事業なのか、メリットデメリットやおすすめの無店舗販売事業、店舗販売との違いなどについて解説しています。ご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

無店舗販売とは?

無店舗販売はその名の通り実店舗を持たずに商品を販売する形態のビジネスを指します。

大きな違いとしてはコスト面が挙げられます。たとえば実店舗を持った場合の経費は、賃料や設備の維持費だけでも年間にすると数百万円にものぼることも珍しくありません。

一方で無店舗販売は実店舗を持たないぶん、かなりのコスト削減が可能です。

また無店舗販売には立地や地域が関係ないため販売できる商品の幅が広がり、より自由な発想で商品販売ができるのも特徴です。

無店舗販売と店舗販売の違い

無店舗販売と店舗販売の違いというと「実店舗があるかどうか」「事業の維持に必要なコスト」などが挙げられるかと思います。

この項目では無店舗販売と店舗販売の特徴をもう少し深掘りし、両者の詳しいメリット・デメリットから違いを見ていきましょう。

無店舗販売・店舗販売のメリット

無店舗販売 店舗販売
  • 毎月の賃料が不要
  • 低資金で開業ができる
  • すぐに開店できる
  • 地域や立地が関係なく顧客との接点を拡げられる
  • 顧客を気軽に招きやすい
  • ディスプレイの工夫によって「ついで買い」が狙える
  • 顧客は商品を購入したらその場で持ち帰ることができる
  • 看板や内装、制服、接客などによってブランドイメージの訴求がしやすい
  • 顧客や取引先からの信頼を得やすい

まずは無店舗販売と店舗販売、それぞれの「メリット」から違いを比較します。

無店舗販売は主に「低コスト」や「手軽さ」といったところに大きなメリットがあり、初心者やあまり予算をかけられない個人事業主・中小企業でも事業を拡大できる点が特徴です。

一方で、店舗販売は実店舗ならではの「アピール力」や「信頼度の高さ」がメリットと言えます。昨今ではオンラインで完結できるサービスが馴染みつつあり、自宅から出る必要がないため便利ではありますが、やはり実在するスタッフや商品、店舗を目で見て確認できる方が信頼はしやすいですよね。

無店舗販売・店舗販売のデメリット

無店舗販売 店舗販売
  • 参入障壁が低いだけに競争が起こりやすい
  • 詐欺サイトなどと見分けがつかないことがあるため、信頼度を高める工夫が必要
  • 顧客が商品を手に取れないため、ギャップが生じるとトラブルに発展する
  • 店舗や設備の用意、準備で開業までに多額の費用と時間がかかる
  • 年間の維持費も高額になりがち
  • 店舗の位置が固定であることを考慮したターゲティングが必要
  • 人件費がかかる
  • 顧客からすると実店舗まで足を運ばなければならない

無店舗販売と店舗販売の「デメリット」をまとめました。

無店舗販売のデメリットとしてまず挙げられるのは「競争が起こりやすい」ということです。無店舗販売は手段次第で仕入れ以外のコストをかけずに開業ができるため、良くも悪くも店舗販売よりも参入障壁はかなり低くなっています。

また、無店舗販売は店舗内やスタッフの様子を目で見てもらうことがないため、信頼度を高める工夫も必要です。

一方で店舗販売はやはり「高コスト」が大きなデメリットと言えます。実店舗を持つ場合は開業までに入念に計画を立て、慎重に進めなければなりません。開店してからミスが発覚すると、取り返しのつかない損失となってしまう可能性もあります。

無店舗販売の種類

冒頭でもお伝えしたように、無店舗販売にはいくつかの種類があります。

この項目では様々な無店舗販売の種類について理解を深めましょう。

通信販売

通信販売はインターネットやハガキ、チラシ、電話、新聞などを利用して商品を販売するビジネスです。

従来では「通信販売」といえばテレビ番組やハガキ、チラシ、新聞、電話などアナログな手段を用いた販売が主流でしたが、昨今ではSNSやインターネットが普及していることもあり、インターネットを使った販売形式が増えています。

そのため、現代においては通信販売とネット販売が同じ意味で使われることも多いようです。

ネット販売

ECサイトやホームページ、プラットフォーム、フリマなどのインターネット上にあるシステムを駆使して商品やサービスを販売するビジネスです。

「通信販売」では主にモノが扱われているのに対し、ネット販売ではモノだけでなく「スキル」や「知識」などのサービス、ノウハウなど多彩な商品が販売されています。

工夫とアイデア次第で様々な形式のビジネスを展開できるのがネット販売の魅力とも言えるでしょう。

訪問販売

顧客の自宅に足を運んで商品を販売するビジネスです。

昨今ではインターネットの普及もあり話題性は低いですが、地域の特性や年齢層、ユーザー層などに特化した営業がしやすいメリットがあります。

一方で現代では一部の悪徳業者による被害も問題視されており、まだまだ市場規模が大きいとはいえ減少傾向にあるのも事実です。

自動販売機

自動販売機は飲み物以外にもカップ麺、お菓子、惣菜や日用品など様々な種類の機械が登場しています。

電源のある場所さえ確保できればあとは自販機を設置し定期的に補充をするだけなので、昨今注目されているビジネスのうちの1つです。

自動販売機一台あたりから大きな利益は期待できないものの、気軽に導入できるメリットがあります。

移動販売

路上などにキッチンカーなどの車を停めて商品を販売するビジネスで、パンやお弁当、ドリンク、惣菜など様々な商品があります。

車で自由に移動ができるため、販売場所の融通を利かせやすいことがメリットのうちの1つです。

無店舗販売のNASは初心者や副業・兼業におすすめ!

ここまで無店舗販売事業の種類をご紹介しましたが、中でもおすすめしたいのが「ネット販売(ネットショップ運営)」です。

ネット販売と聞くと、仕入れ資金や知識、ノウハウが必要であったり、在庫を抱えるリスクをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

しかし自社でも物販事業を行っている株式会社アドロジでは、初心者の方や忙しい主婦、副業を目指す方でも挑戦しやすいネット販売のビジネスモデルと、画期的なシステムを開発することに成功しました。

「NAS」はネット販売に必要な以下の作業を自動化します。

  1. 商品情報の抽出と出品
  2. 競合製品の価格リサーチ・調整
  3. 在庫状況の監視
  4. 出店するECサイトで設定されている禁止キーワードの抽出
    など

また、ビジネスモデル上、商品を仕入れるのは注文を受けてからとなるため、在庫を抱えるリスクもありません。1日30分~2時間程度の短時間でも取り組めるので、日頃から忙しくしている方でも新たな収入源の確保を目指すことができます。

申し込みに応じて合同WEB説明会を随時開催しているため、気になる方はぜひ一度説明会にご参加ください。

NASの合同WEB説明会申込ページはこちら

まとめ

無店舗販売はSNSやインターネットが普及した現代ととてもマッチしたビジネス形態であると言えます。

コストを大幅に抑えた開業ができますので、資金に余裕がない方でも店舗販売に比べて開業がしやすいでしょう。

また、無店舗販売にご興味のある方はネット販売を検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社アドロジが開発した「NAS」は累計10億円を超える販売実績から得たノウハウを詰め込んだビジネスモデルとなっています。