輸入物販やADOLOGIで失敗?その真相とは

昨今では、副業として輸入物販をはじめとした「物販ビジネス」を始める人が増えています。

物販は商品を安く仕入れて、仕入れ値に利益を上乗せして販売することで収入を得る方法ですが、その物販の方法によっては在庫余りや商品の選定を間違えてしまうなどによって、上手くいかずに失敗してしまう人も多いようです。

ADOLOGIが独自開発し提供しているシステムにおいても、物販を利用したビジネスであることから「失敗してしまうのではないか」「怪しい」など、システムのことがよく分からないという方の不安や疑問は付き物かと思います。

そこで今回は「輸入物販やADOLOGIの物販は失敗する」という噂の真相について調査をしてみました。

現代の輸入物販ではインターネットの利用が主流

輸入物販はインターネットでの販売が当たり前だとイメージされている方が多いかもしれませんが、輸入雑貨店やセレクトショップなども輸入物販のひとつです。

しかし、やはりインターネットが普及し、新たに副業を始める人が増えている現代においては、パソコンひとつでできるインターネットを利用した販売が主流となっています。

さらにインターネットのショッピングモールであれば、輸入で仕入れた商品を自宅に置かずショッピングモール内に留めておくことで、自宅の在庫保管場所を確保せずに済みます。

ショッピングモール内に仕入れた商品が売れると、仕入れた代金とその他手数料を差し引いた金額が手元に残る形となり、商品が売れるごとに少しずつ利益が出る仕組みとなっているわけですね。

物販は在庫の調整が難しい

インターネットを利用した輸入物販を始めること自体は、シンプルで簡単です。

しかし、このインターネット上のショッピングモールを利用する方法においては、ショッピングモールのルールなどを把握していないことによって、思わぬ落とし穴に嵌ってしまうことがあります。

その理由のひとつが「在庫の最低数量」です。

一般的に、ショッピングモールでは最低限確保しておく必要のある在庫数が決められていることが多く、在庫がなくなった場合にペナルティが発生してしまいます。

「商品が売れてから輸入すれば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、在庫を確保せずに販売を行うことをルールとして認めていないショッピングモールがほとんどです。

商品が売れてから輸入で仕入れるという販売方法は「輸入代行」となり、輸入物販とはビジネスモデルが異なります。

このショッピングモールごとに定められたルールをしっかり把握していないと、思わぬ損失が発生する可能性があるのです。

輸入物販で失敗してしまう例

輸入物販で失敗してしまう例としては、先述した「落とし穴」をはじめとして以下のようなものが挙げられます。

  1. 出店先のルールを把握していないことによって発生するペナルティ
  2. 適切な商品選定ができず、売れずに在庫が余る
  3. 価格設定を誤り、売れても赤字になる
  4. 偽物やコピー商品など輸入禁止のものを仕入れる
  5. シーズン商品の売れ残り

商品の選定や価格設定が上手くできずに赤字になったり、シーズン商品が売れ残ったり(いわゆる在庫調整)するということは、実践しながら学んでいくこともできるでしょう。

しかし出店先の「ルール」や輸入禁止商品などの「規制」を把握していないとなると、ペナルティを受けるまで気がつけない可能性があります。

ペナルティを受けると、今後の販売活動に影響する可能性もあるため非常に不便です。

そうならないためにもまずは出店先のルールや、輸入しても問題のない商品、輸入に関する規制などは事前に知っておいた方がよいでしょう。

ADOLOGIの物販システムで失敗してしまう理由

輸入物販の自動・効率化システムとして、株式会社ADOLOGIが独自に開発した「NASシステム」をご存じでしょうか。

  1. 商品のリサーチ、登録
  2. 販売管理
  3. 在庫管理
  4. 顧客対応
  5. 発送

これらの作業をひとつのシステムで一括管理できる画期的なもので、初心者の方や本業以外に時間を割くことが難しい方でも、輸入物販に挑戦できるようになっています。

しかし「初心者でも」「時間のない方でも」挑戦できるはずなのに、なぜ「失敗」という言葉が付きまとってしまうのでしょうか。

この項目では「失敗」という言葉が付きまとってしまう理由について考えてみたいと思います。

1.認識の相違

NASシステムでは、商品のリサーチから発送までをひとつのシステムで管理できるものですが、商品のリサーチを自動で行うわけではありません。

はじめにご自身で、商品のリストをシステムへ登録する必要があります。

そのため「すべて自動で行ってくれる」と考えてはじめてしまうと、全く収入が得られない状況に陥ってしまうのです。

もちろん、システム導入時のサポートをはじめとして、システムを使って収入を得るための勉強会や、チャット・メールを通じた質疑応答などサポート体制は万全に整えています。

しかし、もしもNASシステムを利用して失敗したと思われている方がいて、各サポートも利用いただいていないとすれば、こうした認識の相違によって「失敗だった」という結果に陥っている可能性が考えられます。

2.インターネット上の情報がひとり歩きしている

ADOLOGIに限らずインターネットを利用したビジネスにおいては、有名な商品であるほど、ポジティブな口コミと同様にネガティブな口コミも投稿されてしまうことが多いです。

情報商材などのノウハウやマニュアルを例にすると分かりやすいですが、人によって「この情報は役に立つ」「この情報は役に立たなかった」「この商材で稼げた」「この商材で稼げなかった」という基準が全く異なるためです。

なかには本当に悪質な商品も存在していることは確かですが、インターネット上の書き込みはあくまで参考程度にしておかなければ、自身が損をしてしまうことがあるのも事実といえます。

そのためADOLOGIの物販システムにおいても、「本当に稼げるのか」「情報が少なくて怪しい」という疑問や心配から、そういった噂がひとり歩きしている可能性も考えられるでしょう。

ADOLOGIの物販システムで失敗を避けるポイント

ADOROGIの物販システム「NASシステム」を利用して、失敗を避けるためにはどうすべきなのかというポイントが2点あります。

  1. 商品のリサーチを怠らない
  2. サポートを利用してシステムの機能を最大限に活かす

上記2点の簡単なポイントについてお伝えします。

商品のリサーチを怠らない

先述したように、NASシステムでは商品のリサーチや登録をご自身で行っていただく必要があります。

適当に商品のリストを登録してしまうと、売れる商品も売れない商品も販売することになるため、結果として失敗してしまう可能性があるのです。

初心者でもできる物販とはいえ、ビジネスのひとつであるため、少なくとも1日30分~1時間程度の時間は確保いただき、作業に取り組んでいただければと思います。

サポートを活用しシステムの機能を最大限に活かす

ADOLOGIでは、これまで培ってきた物販のノウハウを活かして、NASシステム利用者の方たちを徹底的にサポートします。

サポートサイトや相談窓口の設置、勉強会の実施などをしていますので、そうしたサポートも活用していただき、システムを最大限の力で稼働できるようにしていきましょう。

輸入物販・ADOLOGI失敗の真相まとめ

今回は輸入物販やADOLOGIの物販システムにおける「失敗」の真相についてお伝えしました。

今後も物販やADOLOGIに関する、皆さんの気になることについて記事にしていきますので、ぜひ注目してみてください。